「ゴッドファーザー PART Ⅱ」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザー PART Ⅱの紹介:1974年公開のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督の3部作の2作品目。初代ドン・コルレオーネの若かりし頃の話と、その息子マイクのその後の活躍の話が交互に描かれる。

予告動画

ゴッドファーザー PART Ⅱの主な出演者

ドン・マイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)、トム・ヘイゲン(ロバート・デュヴァル)、ケイ・アダムス・コルレオーネ(ダイアン・キートン)、ヴィトー・コルレオーネ(ロバート・デ・ニーロ)、フレド・コルレオーネ(ジョン・カザール)、コニー・コルレオーネ(タリア・シャイア)

ゴッドファーザー PART Ⅱのネタバレあらすじ

【起】- ゴッドファーザー PART Ⅱのあらすじ1

ヴィトー(初代ドン・コルレオーネで『PART Ⅰ』のドン)はイタリア・シシリー島で生まれました。
9歳の時、両親と兄がマフィアに殺されたヴィトーは、1901年にアメリカ大陸に渡ります。渡米の際に入国管理官がヴィトーに名前を尋ねますが、英語が理解できないヴィトーは答えず、ヴィトーの名札を見た管理官が村の名「コルレオーネ」を名前だと思い記入しました。本当の名前はヴィトー・アンドリーニでしたが、ヴィトーは気に入ってコルレオーネと名乗るようになります。ヴィトーは天然痘疑いで3か月病院に隔離されました。
1917年、NYのリトル・イタリーに住みついたヴィトーは青年に成長します。

【承】- ゴッドファーザー PART Ⅱのあらすじ2

いつしか結婚もして長男・フレドももうけたヴィトーは、その地域のボス・フィカッチにみかじめ料(上納金)を払うことを嫌がり、ファヌッチを殺害しました。
ファヌッチの死後、地元の相談事を受けるヴィトーは少しずつ周囲の信頼を集め、力を蓄え始めました。これがドン・コルレオーネのファミリーのはじまりです。
みなし児のトムを拾ったヴィトーは育て、のちに成長したトムはヴィトーの相談役として活躍しました。
1925年、故郷シシリー島に戻ったヴィトーは、両親と兄を殺した相手・チッチオを殺し復讐を果たします。
1941年、ヴィトーには4人の子どもが育ち、地元の有力者「ドン」として名を馳せました。

【転】- ゴッドファーザー PART Ⅱのあらすじ3

…1958年。ヴィトーの三男・マイケルは父の跡を継ぎ、ドンとして活躍しています。本拠地をNYから西部ネバダ州のレイク・タホに移しました。近くに大きな収入源ラスベガスがあるからです。
しかしマイケルには問題が山積していました。妹・コニーはマイケルの気に入らない相手と再婚したがり、州の上院議員・ギアリーとの話し合いも上手くいきません。しかもマイケルは命を狙われます。
自分を狙う黒幕をマイケルは調べました。自分を襲ったロサト兄弟と、内通者ペンタンジェリを油断させます。彼らの黒幕にユダヤ系ギャングのボスのハイマン・ロスがいると知ったマイケルは、自分の兄・フレドも裏切り者だと知りました。

【結】- ゴッドファーザー PART Ⅱのあらすじ4

マイケルは自分の敵を次々に殺していきます。
ギアリー議員の弱みを握ったマイケルは、脅して味方につけました。
妻・ケイがマイケルに離婚話を切り出します。すっかり変貌したマイケルを恐れたケイは、マフィアから遠ざかりたく思い、中絶したこともマイケルに告げました。マイケルは怒り、いまいる子供は渡さないと言います。
1959年。マイケルの母が亡くなり、NYに隠れていた兄・フレドが戻ってきました。フレドはマイケルに許されたと思いますが、マイケルの命令でフレドは殺されます。
マフィアのドンとして君臨しながら孤独のマイケルは、父・ヴィトーのことを思い出しました。
(『ゴッドファーザー PART Ⅲ』につづく)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ゴッドファーザー PART Ⅱ」の商品はこちら