「サイドカーに犬」のネタバレあらすじ結末

サイドカーに犬の紹介:2007年公開の日本映画。長嶋有の同名のデビュー作(短編小説)を原作とする。母親が家出した家庭に突如入り込んできた主人公・ヨーコと、10歳の少女・薫の心の交流を描いた作品。

予告動画

サイドカーに犬の主な出演者

ヨーコ(竹内結子)、近藤薫〔幼少時〕(松本花奈)、近藤薫〔20年後〕(ミムラ)、近藤透〔幼少時〕(谷山毅)、近藤透〔20年後〕(川村陽介)、近藤良子(鈴木砂羽)、渡辺寿男(山本浩司)、増田治五郎(温水洋一)、増田トメノ(樹木希林)、吉村(椎名桔平)、近藤誠(古田新太)

サイドカーに犬のネタバレあらすじ

【起】- サイドカーに犬のあらすじ1

今年30歳を迎える薫は、不動産会社の営業ウーマンとして働いています。久しぶりに再会した弟・透から結婚披露宴の招待状を受け取った薫は、透と暮らしていた時代-20年前-のことに想いを馳せました。20年前、薫は小学4年生でした。夏休みの初めに、父・誠と諍いの絶えなかった母・良子が家出します。数日後、薫の家に突然やってきた誠の愛人・ヨーコさん(洋子さん)が、その日から薫の家のことを面倒みてくれました。万事において神経質で細やかな母・良子とは対照的に、ヨーコさんはおおらかでおおざっぱな人でした。 この映画を無料で観る

【承】- サイドカーに犬のあらすじ2

たばこをふかしマウンテンバイクの自転車にさっそうとまたがるヨーコさんは、自転車に乗れない薫に、乗り方をレクチャーしてくれます。ヨーコさんは、薫を決して子ども扱いすることなく、一人前の人間として扱ってくれました。子どもにとっての禁断の味・コカコーラを飲ませてくれたり、流行りの音楽・忌野清志郎を教えてくれたのもヨーコさんです。そんなヨーコさんに、長女らしく物事をつきつめて考える、生真面目な生き方をする薫は強烈に惹かれていきました。

【転】- サイドカーに犬のあらすじ3

いつしか薫は、ヨーコさんと共に行動することが多くなります。河原で飼い主に散歩させてもらっている犬を見たヨーコさんは、薫に犬がいいのか飼い主がいいのか(人の下で働く身分がいいか、人の上で指示する身分がいいか)という問いを発しました。少し前に大型バイクのサイドカーに犬が座っているのを見た薫は、そのどちらでもなく、「サイドカーに座る犬になりたい(飼い主と友人関係のような、対等な立場にある犬になりたい)」と答えます。 この映画を無料で観る

【結】- サイドカーに犬のあらすじ4

「ヨーコさんの夏休み」と称した伊豆旅行に薫もついていき、ヨーコさんと薫は2人きりで旅行を楽しみます。突然、家に母・良子が戻ってきました。ヨーコさんが家にいるのを見た良子は、平手打ちします。去っていくヨーコさんは、薫に感謝の言葉をくれました。薫は知らず知らずのうちにヨーコさんに影響され、自分自身を解放することを覚えたのでした。結局誠と良子は離婚し、薫はその後良子に引き取られて育ちます。…20年前のことを思い出した薫は、さっそうと自転車に乗って走っていきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「サイドカーに犬」の商品はこちら

サイドカーに犬 [DVD]