「シングルマン」のネタバレあらすじ結末

シングルマンの紹介:2009年公開。亡くなってしまった愛する者のもとへ旅立とうとする大学教授の姿を描いた作品。クリストファー・イシャーウッドの小説が原作。監督はトム・フォードで初監督作品。主演は「英国王のスピーチ」のコリン・ファース。「アリスのままで」のジュリアン・ムーアや「アバウト・ア・ボーイ」のニコラス・ホルトらも出演。

この映画を無料で観る

予告動画

シングルマンの主な出演者

ジョージ・ファルコナー(コリン・ファース)、シャーロット「チャーリー」(ジュリアン・ムーア)、ケニー・ポッター(ニコラス・ホルト)、ジム(マシュー・グッド)、カルロス(ジョン・コルタジャレナ)、ストランク夫人(ジニファー・グッドウィン)、ストランク氏(テディ・シアーズ)、ジェニファー・ストランク(ライアン・シンプキンス)、グラント(リー・ペイス)、銀行員(エリン・ダニエルズ)、ロイス(アリーン・ウェバー)、電話をかけてくるジムの従兄弟(ジョン・ハム)

シングルマンのネタバレあらすじ

【起】- シングルマンのあらすじ1

ジョージは、16年間一緒だった最愛の恋人のジムを交通事故で亡くします。それから8カ月間は悪夢を見続けていました。
ジムが亡くなった時、彼の両親はジョージに連絡しないつもりでした。従兄弟が独断で教えてくれます。
一匹の犬は事故現場に倒れていて、もう一匹は分からない状態です。葬儀には家族だけとされて、ジョージは行くことができませんでした。
ジョージは、友人のチャーリーの家に今夜訪ねることにします。家事を手伝ってくれてる女性に、お礼を言って彼女は目が点になってしまいます。
大学教授のジョージは、車で大学に到着します。事務の女性から、ジョージの住所を聞きに来た生徒の話しをされます。
熱心で誠実な生徒だったため、教えてあげてしまったそうです。ジョージは女性の美しさを褒めて、講義に向かいます。彼女も目が点になってしまいます。

【承】- シングルマンのあらすじ2

講義は、今日も空振りでした。終わって、生徒のポッターがジョージに話しかけてきます。彼がジョージの家を聞いた人物でした。
ポッターは、ジョージにドラッグをしてたか聞きます。ジョージは、昔使って幻覚を見て、眉毛をそり落としてしまった話しをします。そして、購買までポッターに付き合います。
ジョージは、大学での身の回りの整理をします。車に乗り込んで帰ろうとすると、ポッターが話しかけてきます。一度飲めないかどうかを提案してきます。
その後、ジョージは銀行に行って、貸金庫から現金などを引き出します。そこでお隣さんの娘さんと、奥さんと出会います。
今夜のホームパーティーに誘われますが、ジョージは用があるため断ります。そして、銃の弾を購入しに行きます。
買い物に行って出てきた時に、カルロスという男性とぶつかってしまいます。ジョージが謝罪すると、タバコを一緒に吸うことになります。

【転】- シングルマンのあらすじ3

お互いにスペイン語が使えることから、話し始めます。カルロスの恋人の話しなどをして、ジョージは帰ります。
家に帰って、「ネクタイはウィンザーノットで」と遺書を書き、服や鍵などを並べます。そして自らの口に銃を入れて、自殺しようとします。
思いとどめて、チャーリーの家に向かいます。一緒にお酒を飲みながら、お互いの過去の恋人や夫の話しをします。
酔っぱらったチャーリーは、ジョージとジムの恋愛は偽物だと言います。それに激怒したジョージでしたが、チャーリーが直ぐに謝罪をします。
チャーリーはジョージと一緒になりたいのですが、彼がゲイであることを残念に思います。ジョージは昔は女性を愛していたのです。
ジョージとチャーリーは、一緒に川の字になったり、キスを少ししたりします。その後、ジョージは、ジムと出会った頃のことを思い出します。 この映画を無料で観る

【結】- シングルマンのあらすじ4

ジョージは一人、お酒を持ち帰りで頼みに行きます。すると、そこにポッターが現れて、一緒に飲むことになります。
酒場の次に、二人は夜の海に入って盛り上がります。しかし、ジョージが怪我をしてしまって、二人でジョージの家に帰ることになります。
ポッターは、ジョージの手当をしてあげます。そして引き出しの中から、男性の裸の写真を見つけてしまって、こっそりとしまいます。
服を脱いだポッターは、タオルで大事な所を隠します。ジョージと一緒にビールを飲むことにします。
ジョージは、ポッターの友人の女性のロイスとの関係が気になります。そのことを聞くと、ポッターは彼女は友人だと言います。
ポッターはジョージのことが心配でした。そして、ソファで眠りにつきます。
ジョージは、自殺することを辞めることにします。しかし、発作が起きて死んでしまいます。エンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジョージ役のコリン・ファースの演技です。愛する者を失って、悲しみに明け暮れる男性を見事に演じています。
また、ストーリー展開や映像の一つ一つが芸術的で、監督のトム・フォードの凄さに口が開いてしまいます。
そしてコリン・ファースとポッター役のニコラス・ホルトの衣装は、トム・フォード自身が自ら制作したそうです。
1960年代を表現したセットの数々が魅力の映画でもあります。とてもお洒落で、映像に釘付けになってしまいます。

映画の感想を投稿する

映画「シングルマン」の商品はこちら