「シークレットサンシャイン」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

シークレット・サンシャインの紹介:2007年製作の韓国のヒューマンドラマ。主演のチョン・ドヨンは、本作で韓国人初のカンヌ映画祭主演女優賞を受賞した。日本公開は2008年。

この映画を無料で観る

予告動画

シークレットサンシャインの主な出演者

イ・シネ(チョン・ドヨン)、キム・ジョンチャン(ソン・ガンホ)、パク・トソプ(チョ・ヨンジン)、パク・チョンア(ソン・ミリム)、イ・ミンギ(キム・ヨンジェ)、ジュン(ソン・ジョンヨ)

シークレットサンシャインのネタバレあらすじ

【起】- シークレットサンシャインのあらすじ1

39歳のシングルマザーのシネは、幼い息子のジュンを連れて、死んだ夫の故郷であるミリャンへと引っ越してきました。
車の故障で立ち往生してしまったシネは、地元で小さな自動車修理工場を経営するジョンチャンという38歳の独身男に助けてもらいます。シネはジョンチャンに「ミリャン(密陽)は秘密の陽差しという意味を持つ」と語ります。
商店街にピアノ教室を開いたシネは、近所で薬局を営むキム夫妻、ジュンが通う弁論教室の先生であるパク・ドソプ、洋品店の女主人に出会います。シネに心惹かれたジョンチャンは、ピアノ教室に偽のコンテストの賞状を勝手に設置したりなど、仕事そっちのけで世話を焼きます。しかし、シネは全く相手にしませんでした。
シネは街の人々から同情されたくない一心で、食事会で自分が裕福であるかのように装い、「今度土地に投資しようと思っている」と嘘をつきます。 この映画を無料で観る

【承】- シークレットサンシャインのあらすじ2

シネとジュンの新しい生活が始まった矢先に、悲劇は起こりました。
ある夜、シネが帰宅するとジュンの姿がありません。その後、シネに多額の身代金の要求電話があり、ジュンが何者かに誘拐されたことを知ります。判断に苦しんだシネはジョンチャンの事務所へと向かうも、一人カラオケに興じる彼の姿を見て引き返します。
シネは要求通り全財産を下ろして犯人に届けます。しかし、ジュンは水辺で変わり果てた姿となって発見されます。逮捕された犯人は弁論教室の先生であるパク・トソプで、彼は資産家であるように振る舞っていたシネの嘘を真に受けて、犯行に及んだのでした。
抜け殻同然となったシネは、キリスト教の布教活動に熱心な薬局の奥さんから入信を勧められます。神を信じていなかったシネでしたが、教会で神父の説教を聞いて慟哭し、悲しみを吐き出します。それ以来、シネは宗教にのめりこんでいきます。

【転】- シークレットサンシャインのあらすじ3

シネは教会の集会や布教活動に参加することで、徐々に元気を取り戻していきました。ジョンチャンも友人に冷やかされながら、シネのすることを手伝うようになります。
ある日、シネは「敵を赦し、敵を愛せ」という神の教えに則って、ジュンを誘拐し殺害した犯人に赦しを与える決意を固めます。刑務所でパク・トソプと面会したシネは、「あなたに神の恩寵と愛を伝える」と語りかけます。それを聞いたパク・トソプは、穏やかな顔つきで「ここに入所した後、神は罪人の自分にも手を差しのべ、罪を赦された」と言います。
シネは自分が犯人を赦す前に、神が犯人を赦したことを受け入れられず、激しく動揺します。そして、刑務所を出た途端シネは気を失います。

【結】- シークレットサンシャインのあらすじ4

シネはその日を境に自暴自棄となり、常軌を逸した行動を取るようになります。あるときは「盗むなかれ」という戒律を破り、CDを万引きして教会の集会に忍び込み、スピーカーから不適切な歌を流します。
またあるときは、薬局の旦那を車で連れ出し誘惑します。シネを抱こうとする旦那でしたが、キリスト教信者の彼は寸前で思い留まります。耐えきれなくなったシネはジョンチャンの元へと向かい、一方的に言葉を投げかけ彼を激怒させます。シネはその後自殺を図り、精神病院に収容されます。
退院の日、シネはジョンチャンに美容院へ連れて行ってもらいます。そこではパク・トソプの娘が働いており、シネは思わず店を飛び出します。
帰宅したシネが自宅の庭先で髪を整えていると、そこにジョンチャンがやって来て、髪を切るのを手伝います。密やかな陽差しが庭先に差し込む場面で、物語は幕を閉じます。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「シークレットサンシャイン」の商品はこちら