「ジュリー&ジュリア」のネタバレあらすじ結末

ジュリー&ジュリアの紹介:2009年公開のアメリカ映画。料理によって人生を豊かなものにしていった、2つの時代に生きる女性の姿を描く、実話がベースの感動作品。

予告動画

ジュリー&ジュリアの主な出演者

ジュリア・チャイルド(メリル・ストリープ)、ジュリー・パウエル(エイミー・アダムス)、ポール・チャイルド(スタンリー・トゥッチ)、エリック・パウエル(クリス・メッシーナ)、シモーヌ・ベック(リンダ・エモンド)、サラ(メアリー・リン・ライスカブ)

ジュリー&ジュリアのネタバレあらすじ

【起】- ジュリー&ジュリアのあらすじ1

1949年。ジュリアは外交官の夫・ポールに同行してパリに住み始めました。
食べることが好きなジュリアは、料理はゆで卵しか作れない程度でしたが、フランス料理教室に通い始めます。
負けず嫌いのジュリアは男性でGI(米兵)しかいないプロ養成講座を受講し、必死で料理を勉強しました。
元来、陽気でほがらかな性格のジュリアはすぐに教室に溶け込み、料理教室のイヤミな女性経営者マダム・ブラッサールの妨害で修了証書こそ貰えませんでしたが、教室を卒業します。
英語で書かれたフランス料理本がないことに気づいたジュリアは執筆を始め、夫・ポールの励ましもあり、やがて『王道のフランス料理』という本を出版しました。

【承】- ジュリー&ジュリアのあらすじ2

好評を博したジュリアは1960年代にテレビの料理番組に出演し、「ボナペティ(めしあがれ)」というフレーズと共に人気者になりました…。
…2002年、NY、クイーンズ。
作家になる夢がかなえられず、もうすぐ30歳になろうとするジュリーは、LMDCという保険会社で派遣社員として働いていました。
1999年NY同時多発テロ以来、毎日保険に関する相談窓口の電話応対に追われる毎日に、ジュリーはうんざりしていました。ついでにいうと、新居がピザ屋の2階だということも不満でした。
快く思っていない女友達・アナベルがブログを始めたことを知ったジュリーは、夫・エリックに自分もブログを開設すると宣言します。

【転】- ジュリー&ジュリアのあらすじ3

ジュリーは料理番組のジュリアの大ファンでした。彼女の著書『王道のフランス料理』には524レシピの料理が載っています。
ジュリーは365日で524レシピを作り、ブログに掲載することを決めました。
開設当初はブログに反応がなく、虚無の空間に書き送っている感じでした。しかし続けているうちにコメントが寄せられ、ジュリーのブログは徐々に話題になっていきます。
(ちなみにブログは文字だけで、作った料理の画像などは掲載されていないようです)
NYタイムズ紙から取材を受けたジュリーは、カメラマンや取材記者に料理を振る舞います。
それが新聞に掲載され、ジュリーのブログは一気に有名になりました。

【結】- ジュリー&ジュリアのあらすじ4

ジュリーにTV局の出演依頼や本の出版依頼、取材依頼が殺到します。
そんな折、サンタ・バーバラ社からジュリーは落胆する電話を貰いました。ジュリーがファンであるジュリア自身は、ジュリーのブログを快く思っていないというのです。
ジュリアに不愉快に思われたことを残念に思いつつも、ジュリーは365日ブログを続け、当初の目標通り524レシピを完成させました。
後日ジュリーは夫・エリックとともに、スミソニアン博物館に展示されているジュリアのキッチンを見学します。ジュリーは作家になり、作品は映画化(この作品)されました。
(ジュリアがジュリーを嫌った理由は明らかにされず。一説には著者ジュリーは性格悪いらしい)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ジュリー&ジュリア」の商品はこちら