「スタンドバイミー」のネタバレあらすじ結末

スタンド・バイ・ミーの紹介:1986年制作のアメリカ映画。1950年代末のオレゴン州の小さな町キャッスルロックを舞台に、それぞれ心に傷を持った4人の少年たちが好奇心から、線路づたいに“死体探し”の旅に出るという、ひと夏の冒険を描く。

この映画を無料で観る

スタンドバイミーの主な出演者

ゴードン・ラチャンス(ウィル・ウィトン)、ゴードン〔大人〕(リチャード・ドレイファス)、クリストファー・チェンバーズ〔クリス〕(リヴァー・フェニックス)、セオドア・ドチャンプ〔テディ〕(コリー・フェルドマン)、バーン・テシオ(ジェリー・オコンネル)

スタンドバイミーのネタバレあらすじ

【起】- スタンドバイミーのあらすじ1

ゴードン・ラチャンスは作家として活動しています。
ある日ゴードンは「弁護士クリストファー・チェンパーズ刺殺される」という新聞記事を見て、幼い頃を思い出しました。クリストファーことクリスは、ゴードンことゴーディのかつて親友だった人物です。
…オレゴン州、キャッスルロック。
当時からすでに文章を綴ることが好きだった12歳のゴーディには、いつも行動を共にする友人が3人いました。
リーダーとして人を率いる力のあるクリス、大きな眼鏡をかけたセオドアことテディ、のんびり者のバーンです。
4人はいつも、木の上に建てた小屋に集まっては、タバコを隠れて吸ってみたり、下ネタの話をしたりしていました。 この映画を無料で観る

【承】- スタンドバイミーのあらすじ2

ゴーディたちは4人で楽しく過ごしていましたが、それぞれ家庭に問題を抱えていました。
ゴーディの家は、優秀で将来を嘱望されていた兄・デニーが事故で死んで以来、両親がゴーディそっちのけで悲しんでいます。
クリスの家はアルコール中毒の父や、素行の悪い兄・アイボールがいて、家はいつもごたついていました。
テディの父は第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦で英雄だったのですが、現在は心を病んでおり、虐待されるテディは父を尊敬しながらも恐れる複雑な心境を抱えています。
行方不明になった少年が、30km先の森の奥で電車にはねられて、死体が野ざらしになっているという情報を、バーンが不良から聞いてきました。

【転】- スタンドバイミーのあらすじ3

クリスの兄・アイボールが所属する不良グループのリーダー・エースたちの会話です。
死体を発見したら英雄になれると思った4人は、キャッスルロックから出て、初めての冒険をすることにしました。
4人は鉄道の線路に沿って、ひと夏の冒険の旅を始めます。
鉄橋で列車と行きあって事故に遭いそうになったり、沼でヒルにまみれたり…。
12歳の少年たちにとって、この冒険は新鮮で、お互いの度胸試しの意味もありました。
野宿した夜、物書きの才能があるゴーディをクリスは励まして、何とか守ってみせると語りかけます。両親に邪魔にされているゴーディにとっては、クリスの言葉は救いでした。
翌日、とうとう4人は死体を見つけます。

【結】- スタンドバイミーのあらすじ4

エースたち不良グループが現れ、死体を横取りしようとしました。テディとバーンは逃げますが、クリスは不良グループに立ち向かいます。
ナイフで向かってきたエースに対し、クリスは持ってきた拳銃をエースに突き付けて撃退しました。
冒険は終わり、4人は帰途につきます。
その夏以来、4人はなんとなく疎遠になりました。バーンとテディが距離を取るようになり、またお互いに進路が異なったことから、クリスとゴーディの付き合いも絶えてしまいます。
しかしゴーディはクリスの言葉を忘れずに作家となり、クリスは努力して弁護士になりました。
…ゴードンは昔を振り返り、あの時のような親友を二度と持つことはないだろうと思いました。

みんなの感想

ライターの感想

スタンドバイミーは名作と言われ、その曲は今でも色褪せる事なく歌われています。この曲が流れるたびに、この映画が思い出される程、映画と同じ題名の曲が強く結び付いている作品はなかなかありません。
スタンドバイミーでクリス役を演じた「リヴァー・フェニックス」は、甘いマスクで当時若い女性から人気のあった俳優です。もちろん将来も有望でスゴイ役者になるはずだったが、23歳という若でこの世を去ってしまい当時泣いたファンは多かったはずです。

ライターの感想

子供達が線路沿いをずっと歩いていて、もう少しで一人が来た列車に轢かれそうになったシーンは印象深いです。
太っていたということもあって、ドキドキしてしまいました。これは極端な話ですが、多かれ少なかれ子供時代には冒険やちょっと外れたことに興味を持つもので自分とずっと照らし合わせていました。世界共通のことなんだなあ、と思いました。
子供には子供の世界があり、嫌なことも逃げたい事もたくさんあるんだというメッセージを強く感じました。

映画の感想を投稿する

映画「スタンドバイミー」の商品はこちら