「セッション(Whiplash)」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

セッション(Whiplash)の紹介:2014年制作のアメリカ映画。名門音楽学校の生徒と伝説の鬼教師が繰り広げる狂気のレッスンとその行方を描き、第30回サンダンス映画祭でグランプリと観客賞、第87回アカデミー賞で3部門を受賞した人間ドラマ。

この映画を無料で観る

予告動画

セッション(Whiplash)の主な出演者

アンドリュー・ネイマン(マイルズ・テラー)、テレンス・フレッチャー(J・K・シモンズ)、ジム・ネイマン(ポール・ライザー)、ニコル(メリッサ・ブノワ)、ライアン(オースティン・ストウェル)、トラヴィス(ジェイソン・ブレア)、ソフィー(カヴィタ・パティル)

セッション(Whiplash)のネタバレあらすじ

【起】- セッション(Whiplash)のあらすじ1

アンドリュー・ネイマンは偉大なジャズ・ドラマーになるのを夢見て、全米屈指の名門校・シャッファー音楽学校に入学した19歳の青年です。
シャッファー音楽学校に、最高の指揮者テレンス・フレッチャーが招聘されました。
フレッチャーが指揮する「スタジオ・バンド」に入れば、成功の第一歩となると考えたネイマンは、フレッチャーの目に留まろうと必死になります。
ある時、ネイマンが独りで練習する場をフレッチャーが見ますが、数秒で立ち去りました。
しかし数日後、フレッチャーは授業で全員の音をチェックした後、ネイマンをスタジオ・バンドにスカウトします。
同じ頃、ネイマンは片思いの相手・ニコルとも付き合い始めました。 この映画を無料で観る

【承】- セッション(Whiplash)のあらすじ2

1回目の練習でフレッチャーが登場すると、スタジオが異様な緊張感に包まれるのをネイマンは感じました。
音合わせが始まるや否や、ネイマンの目の前でトロンボーン奏者が少しの音程のずれを指摘されてクビになります。ネイマン自身も17小節の4拍目のテンポが違うとフレッチャーに言われ、椅子を投げ付けられました。
フレッチャーはレッスンとなると徹底的な完璧主義者となり、練習には暴力も辞さない人間だったのです。
ハンク・レヴィの『Whiplash』という曲の練習中、フレッチャーはネイマンにビンタでテンポを教えます。
泣いて帰ったネイマンは悔しさをばねにして、翌日から文字通り血の滲む(噴き出す)練習を重ねました。

【転】- セッション(Whiplash)のあらすじ3

ニコルとは別れます。フレッチャーには「どうせ別れる運命だった」と痛罵されました。
必死で練習してもネイマンは補佐のドラマーで、楽譜めくりの仕事しかありません。
しかしスタジオ・バンドの舞台で『Whiplash』のコア・ドラマーのカールの楽譜を紛失したネイマンは、ドラムの演奏を指示され、暗譜で完璧な演奏をしてコア・ドラマーに昇格しました。
フレッチャーは、音楽学校でのライバル・ライアンを主奏者候補に迎えます。食ってかかったネイマンは、数時間の演奏の後、座を取り返しました。
コンテストの当日、交通事故に巻き込まれたネイマンは重傷を負いながらも演奏しますが、怪我で演奏は散々で、音楽学校を退学します。

【結】- セッション(Whiplash)のあらすじ4

ショーン・ケイシーの遺族の弁護士がネイマンを訪問し、ケイシーの自殺が教師・フレッチャーの行きすぎた指導によるもので、フレッチャーを辞職に追いやりたいと告げます。ネイマンは要求を呑み、匿名でフレッチャーの体罰を証言し、結果フレッチャーは解雇されました。
数か月後、店員をしていたネイマンはフレッチャーと再会し、フレッチャーは自分の楽団にネイマンをスカウトします。日常に退屈していたネイマンは喜びました。
演奏の日、本番直前に「密告したのはお前だな」と言ったフレッチャーは、仕返しにネイマンの知らない曲『キャラバン』を指定します。
ネイマンは途中で一度挫けますが、再び舞台に上がり熱い演奏をしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「セッション(Whiplash)」の商品はこちら