「セーラー服と機関銃」のネタバレあらすじ結末

セーラー服と機関銃の紹介:1981年公開の日本映画。赤川次郎の同名小説を映画化。遠い血縁関係にあるヤクザの親分が死に、跡目を継ぐことになった女子高校生が、四人の子分とともに、対立する組織に戦いを挑む。

予告動画

セーラー服と機関銃の主な出演者

星泉(薬師丸ひろ子)、佐久間真(渡瀬恒彦)、三大寺マユミ(風祭ゆき)、政(大門正明)、ヒコ(林家しん平)、明(酒井敏也)、智生(柳沢慎吾)、哲夫(岡竜也)、周平(光石研)、黒木刑事(柄本明)、浜口物産社長・浜口(北村和夫)、萩原(寺田農)、太っちょ・三大寺一(三國連太郎)

セーラー服と機関銃のネタバレあらすじ

【起】- セーラー服と機関銃のあらすじ1

幼い頃に母を亡くした女子高校生・星泉は、父・貴志を交通事故で失いました。火葬場で最後の別れを惜しんだあと、知らない男性が父の遺骨に線香をあげるのを見ます。
泉が自宅マンションに戻ると、マユミという見知らぬ女性がいました。マユミは泉に「もし自分が死んだら泉をよろしく」という内容が記された父からの手紙を持っていました。
マユミは崩れた生活をしている感じの女性で、父・貴志の恋人とも思えないのですが、泉は招き入れて一緒に暮らし始めます。
翌日、下校時の泉の高校に黒いスーツを着た男たちが大勢並んでいました。同級生で泉のファンの智生、哲夫、周平の制止を振りほどき、泉は校門に向かいます。

【承】- セーラー服と機関銃のあらすじ2

父・貴志の火葬場にいた男・佐久間が現れ、泉はボロ車に乗せられて事務所に連れて行かれました。
そこは4人しか子分がいない小さなヤクザの組・目高(めだか)組の事務所でした。目高組の3代目が泉の遠縁にあたること、先代の遺言は「血縁者に組を継いでほしい」だったこと、貴志は故人なので娘の泉に組を継いでほしいこと…。
最初は拒否した泉ですが、佐久間たちの熱意に負け、組長になることを受けます。組員は佐久間のほか、政、ヒコ、明(メイ)でした。
目高組組長になった泉は、組織の組長・浜口に挨拶に行きますがばかにされます。泉がセーラー服を着た女子高校生だからです。

【転】- セーラー服と機関銃のあらすじ3

泉のマンションが荒らされ、マユミが行方不明になります。現れた黒木刑事から、父・貴志の死に麻薬ヘロインの密輸が関係していると聞かされた泉は信じられませんでした。
目高組員のヒロが殺され、マユミから電話を受けて会った泉は、マユミの父が「太っちょ」と呼ばれるヤクザの大親分だと教えられます。
さらに目高組員・明が萩原に殺され、泉は太っちょのところに連行され「麻薬を渡せ」と脅されました。マユミが現れ、泉を救います。さらに黒木刑事も現れました。
実は黒木刑事は警察を隠れ蓑にして、麻薬を密輸していました。それがばれそうになって、黒木刑事は成田空港でとっさに泉の父・貴志のバッグの中に麻薬を入れたのです。

【結】- セーラー服と機関銃のあらすじ4

黒木の愛人・マユミは、麻薬を溶かしローションの瓶に入れました。それを取りに行った黒木刑事は、浜口組に横取りされ殺されます。
組織の組長・浜口の元へ行った泉は、機関銃をぶっ放してローションの瓶を壊し「カ・イ・カ・ン(快感)」と呟きました。政を殺され佐久間と2人になった泉は、目高組を解散します。佐久間は堅気になると言いました。
数か月後警察に呼び出され、泉は佐久間の遺体と対面します。会社員になった佐久間は、ヤクザの喧嘩を止めに入って刺されたのでした。
別れのキスをした泉は佐久間の名刺を破り、セーラー服に赤いハイヒールを履き「中年男にファーストキスを捧げた私は、愚かな女になりそうです」と思いました。

みんなの感想

  • 山本ひろ子さんの感想

    薬師丸ひろ子ちゃんがかわいいですよね。

  • モンソーさんの感想

    渡瀬恒彦さんが本当にカッコよくて、一発でファンになりました。

映画の感想を投稿する

映画「セーラー服と機関銃」の商品はこちら