「ソウルサーファー」のネタバレあらすじ結末

ソウル・サーファーの紹介:2011年公開の実話に基づいて制作された感動作。片腕を失ってもプロ・サーファーを目指し、不屈の精神で乗り越え再起したべサニー・ハミルトンの姿を描いた作品。監督は「キャスパー:誕生編」のショーン・マクナマラ。出演は「テラビシアにかける橋」のアナソフィア・ロブ、「恋愛小説家」のヘレン・ハント、「インナースペース」のデニス・クエイド。べサニーのサーフィンの場面は本人がスタントをこなしている。

この映画を無料で観る

予告動画

ソウルサーファーの主な出演者

べサニー・ハミルトン(アナソフィア・ロブ)、トム・ハミルトン(デニス・クエイド)、シェリー・ハミルトン(ヘレン・ハント)、アラナ・ブランチャード(ロレイン・ニコルソン)、サラ・ヒル(キャリー・アンダーウッド)

ソウルサーファーのネタバレあらすじ

【起】- ソウルサーファーのあらすじ1

ハワイ生まれのべサニーは、幼い頃から海と共に生きていました。その事から、母のシェリーから人魚だと言われます。
サーフィンの申し子となったべサニーは、マリーナを抑えて大会で優勝します。親友のアラナは3位に入り、二人そろってスポンサーがつき、写真撮影することになります。
べサニーはスポンサーがついて、練習を行うことになります。メキシコの子供達のボランティアに行くことができなくなり、食料などをサラに託します。
べサニーとアラナはコーチと共に、良い波のくるスポットで練習を始めます。パドリングをして波を待っていると、べサニーの左腕をサメが食いちぎります。
急いで浅瀬に戻って、救急車を呼びます。止血を試みますが、欠乏性ショックを起こすべサニーでした。
その頃、べサニーの父トムは膝の手術をしていました。それ所ではないと麻酔が効いているにも関わらず、這いつくばって向かいます。 この映画を無料で観る

【承】- ソウルサーファーのあらすじ2

血液の60%を失ったべサニーでしたが、一命をとりとめます。退院が決まり、サーフボードにメッセージを使って、おかえりの意志を皆が伝えてくれます。
家はマスコミで溢れていました。裏口から家に入ります。べサニーは片腕になって、食事の手伝いなどうまくできませんでした。ウクレレもコードを抑えることができなくなります。
マスコミから取材を条件に義手を無料でくれる話しが来ます。べサニーは受けることにします。
メキシコから帰ってきたサラに、べサニーは胸の中を打ち明けます。サラはこの試練にきっと意味があると励まします。
べサニーの腕を食いちぎったサメが発見されます。アラナはべサニーに頼まれて、一人で写真撮影に臨みます。
少しずつべサニーはサーフィンを再開します。波に乗れるようになって、地区大会に出ることを決心します。
べサニーの義手が届きますが、残った腕の部分があって上手くフィットしません。シェリーがミロのヴィーナスの像の美しさを例えにして励まします。

【転】- ソウルサーファーのあらすじ3

サーフボードを少しずつ短いものに変えて、家族全員でべサニーを応援します。地区大会が始まって、皆がおかえりと言ってくれます。
競技はマリーナやアラナがトップを走ります。マリーナはべサニーをライバル視して波を譲りません。
アラナがそんなマリーナを進路妨害して失格になります。べサニーは大きな波がくると、片腕のため潜って回避ができません。レスキューが来て助けてくれます。
べサニーはサーフィンを諦めて、ファンにボードをあげます。それから彼女はサーフィンをしなくなります。
タイでは大津波によって大きな被害を受けていました。べサニーはサラ達と一緒にボランティアに向かいます。
家族を失った人達の会話で涙を流すべサニーでした。彼女は海に入りたがらず、家族を失って喋ることも、笑うこともしない幼い女の子と出会います。
べサニーは彼女を少しずつ海に誘って、サーフィンを教えてあげます。周りの人達から拍手が起こって、皆で海で遊びます。

【結】- ソウルサーファーのあらすじ4

帰った来たべサニーに多くの国の子供達からファンレターが届きます。彼女の挑戦する姿に、多くの人達が励まされたのです。
サーフィンを再開したべサニーに、トムがボードの中央に紐をつけてくれます。これで潜れるようになります。
筋トレやバランスをとる練習など猛特訓を始めるべサニー。全国大会に出場することを決めたのです。
予選が始まって、べサニー、アラナ、マリーナが決勝に進出します。決勝では、マリーナが圧倒的な高得点を出してトップです。
マリーナはべサニーに波を譲りません。しかし、べサニーはマリーナの下を潜って波に乗ります。そしてマリーナを超える大会最高記録を出します。
2回の得点で勝負するため、べサニーはもう一度波に乗らなければなりません。波がやってくる気配はなく、終了時間が迫ります。
ぎりぎりになってべサニーが何もない沖に行きます。第六感によって波が起こるのを感じたのです。大波に乗って高得点を出したべサニー。しかし、制限時間を過ぎていたと言われて、5位に終わります。
1位になったマリーナが優勝を分かち合いたいとべサニーを隣に連れてきます。その後、数々の記録を出したべサニーはプロサーファーになります。アラナもプロサーファーになります。
実際の映像が流れてThe endのテロップがでます。しかし、それは始まりであると流れてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は何度も涙を流してしまう感動作品です。べサニーが片腕を失い、海に入れるようになって始めてボードに立てた時は涙ものです。
また、地区大会で散々な結果になって、タイへボランティアに行ったべサニーが、家族を失った女性の話しを聞きます。その辛い内容に涙がボロボロ流れてきます。
その後に、家族を失って喋らなくなった幼い女の子に、サーフィンを教えるべサニーの姿に更に涙が出てきます。
最後に実際のべサニーの映像が流れるのですが、初めて波に乗れた時や始球式、賞を受賞した時などの場面を見ていると感動してしまって、涙をせき止めている自分の中のダムが決壊してしまいました。
最後まで見終わって、苦難を乗り越えて挑戦するべサニーの姿にとても励まされました。辛い事が起こった時、強い意志で立ち向かう大切さを教えてくれる映画です。文句なしのベスト映画に殿堂入りです。

映画の感想を投稿する

映画「ソウルサーファー」の商品はこちら