「ソラニン」のネタバレあらすじ結末

ソラニンの紹介:主人公芽衣子と種田の恋や、音楽に青春を捧げた若者たちが葛藤する姿を描いた物語。
『週刊ヤングサンデー』に掲載された浅野いにおの同名漫画を映像化し、2010年に公開。三木孝浩の初監督作である。タイトルのソラニンとは、じゃがいもの芽などに含まれる毒の一種のこと。

この映画を無料で観る

ソラニンの主な出演者

井上芽衣子(宮崎あおい)、種田成男(高良健吾)、山田二郎〈ビリー〉(桐谷健太)、加藤賢一(近藤洋一)、小谷アイ(伊藤歩)、冴木隆太郎(ARATA)、種田の父(財津和夫)

ソラニンのネタバレあらすじ

【起】- ソラニンのあらすじ1

OLになって2年目の芽衣子は、くすぶった気持ちのまま毎日を過ごしていました。大学時代に軽音サークルで出会った恋人の種田は、デザインのバイトだけでは暮らしていけず、芽衣子の部屋に居候するかの如く、二人は同棲しています。
芽衣子は好きでもない仕事には前向きになれず、種田の「俺がどうにかする」という一言に勢いがつき、会社を辞めました。しかしいざ失職すると種田は困り果て、サークル仲間のアイからも叱咤されてしまいます。それでも芽衣子は、仕事探しすることもなく日々を過ごしていました。

種田は学生時代から「ロッチ」というバンドを組んでいます。ライブ活動をすることはなくなったものの、メンバーの加藤やビリーと月に2回の練習は続けていました。しかし種田は自分の才能には自信が持てず、本気で音楽に取り組むことができません。そんな種田に芽衣子は、もう一度バンド活動してほしいと強く語りかけました。 この映画を無料で観る

【承】- ソラニンのあらすじ2

芽衣子の言葉で種田は、バイトを辞めバンド活動に本腰を入れます。加藤もビリーも種田の復活を待っていました。そしてロッチは『ソラニン』という曲を完成させ、デモCDをレコード会社に送り、祈るような気持ちで連絡を待っていました。
早速大手レーベルの営業マン冴木から声をかけられます。しかしロッチが依頼されたのは、新人アイドルのためのバッグバンドでした。種田らが戸惑う中、同席した芽衣子は啖呵を切るように誘いを断りました。
冴木は、種田が音楽を始めるきっかけとなったバンドの元メンバーでした。種田がそのことを冴木に難じると、「大切なものが変わった、そのうち君にも解る。君の音楽を誰が聞きたい」と彼は吐き捨てました。
冴木の言葉を体現したかのように、その後レコード会社からは反応がありません。種田はやるせなくなり、芽衣子との別れや、実家に帰ることを考えるようになりました。

【転】- ソラニンのあらすじ3

ある日種田は「ちょっと出かけてくる」と言ったまま、5日間も連絡が途絶えました。捨てられたと思い込んだ芽衣子は食事もとれずに寝込みますが、種田は元のバイト先に泊りこみで仕事に行っていたのでした。
種田と連絡がとれて安堵し、元気を取り戻した芽衣子ですが、種田は帰り道にバイク事故に遭い、芽衣子の元へ戻ってくることはありませんでした。

種田の死から2か月が経ち、芽衣子は花屋に再就職しますが、自暴自棄になっていました。そして仲間たちもまだ悲しみの淵にいたのです。
種田の父親が荷物を引き取りに来ます。「あまり自分を責めるな」と芽衣子に言葉をかけ、芽衣子の負担にはしまいとギターを処分しようとしましたが、芽衣子は思わずギターに飛びつきました。
そして芽衣子は、自分がロッチのギターボーカルを務めると決意します。音楽を続けたかった加藤やビリーも芽衣子を受け入れました。

【結】- ソラニンのあらすじ4

加藤は後輩の鮎川から、ライブに対バンで出演しないかと誘われます。芽衣子の技術ではライブはまだ難しい状況ですが、彼女は『ソラニン』を歌いたくて猛練習を重ねます。
ライブ当日になり、満員の会場はほとんど学生ばかりです。ロッチはおじさんバンド扱いで、完全にアウェー状態でした。ステージ経験のない芽衣子は極度に緊張しますが、上手とは言えずとも魂をこめて歌い、ギターを弾きました。
ラストナンバーは『ソラニン』でした。アイや鮎川、そしてライブを観に来た冴木たちの心を打ちました。

ライブからあっという間に3か月が経ち、季節は春になっていました。芽衣子は二人で暮らした部屋を出て、新たな生活を始めることにします。
いつかこの景色が見られなくなっても、その時までみんなで一緒にいられればそれでいい、と思った芽衣子の周りには、変わらずいつもの仲間たちがいました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ソラニン」の商品はこちら