「チョコリエッタ」のネタバレあらすじ結末

チョコリエッタの紹介:犬になりたい女の子と、人を殺したいと思ったことのある青年。人生にくすぶる思いを抱えた二人のほろ苦き青春ストーリー。
フェデリコ・フェリーニ監督の『道』にオマージュを捧げた作品であり、劇中でも『道』がキーポイントとなっている。2014年に公開、本編は158分。

この映画を無料で観る

予告動画

チョコリエッタの主な出演者

宮永知世子(森川葵)、正岡正宗(菅田将暉)、宮永香世子(市川実和子)、宮永周一(村上淳)、宮永霧湖(須藤温子)、岡見(宮川一朗太)、爺さま(中村敦夫)

チョコリエッタのネタバレあらすじ

【起】- チョコリエッタのあらすじ1

高2の知世子は、生きる希望を失った女の子です。5歳の時に母が事故死してから、自分も死んだと感じていました。母の死後から、知世子を不憫に思った叔母の霧湖と、父と3人で暮らしていました。
知世子は母にチョコリエッタと呼ばれ、愛犬のジュリエッタと姉妹のように育てられました。知世子はジュリエッタだけが心の拠り所でしたが、そのジュリエッタも半年前に亡くなってしまいます。それ以来知世子は自分が犬だと思い込むようになり、進路希望書に「犬になりたい」と書きました。
映研に所属する知世子は、フェデリコ・フェリーニの『道』を観たくなり久しぶりに部室を訪れます。DVDは昨年卒業した先輩正宗の私物だったと知り、知世子は彼の家へ向かいました。
正宗はかなりの変り者で、アジトのような部屋で映画を製作しています。大学受験に落ちましたが、〝永久浪人″を目指していました。
二人は『道』を鑑賞します。ふいに知世子は「死にたいと思ったことはあるか」と正宗に問うと、彼は「殺したいと思ったことはある」と告白しました。

【承】- チョコリエッタのあらすじ2

知世子は進路希望について担任の岡見に呼び出されます。その際、岡見が知世子の母と同級生で、映研に所属していたという過去を知ります。知世子はジュリエッタの名前の由来が、『道』の主演ジュリエッタ・マシーナから来ていると確信しました。

ジュリエッタの犬小屋を処分しようと霧湖に言われた知世子は激高し、家を飛び出しました。再び正宗の部屋を訪れた知世子は、正宗の祖父の話聞きます。両親に捨てられた正宗を引取り、彼が荒れていた時に救ってくれたのは爺さまだというのです。正宗をバイクの後ろに乗せ、いろんな所へ連れて行き、映画を教えてくれたのも爺さまでしたが、3年前に亡くなりました。
知世子は正宗から映画を撮影しようと誘われます。「私はチョコリエッタ。知世子はもう死んだ」という知世子の言葉に、正宗は“チョコリエッタ”の映画を撮りたいと思ったのです。
夏休みになり、撮影が始まりました。知世子は鬱屈とした気持ちをカメラの前で呟きます。『道』に登場するジェルソミーナは、生まれ変わって犬になり、ジュリエッタと名付けられたと言ったり、いきなり撮影を投げ出したり…。正宗は勝手な知世子の振る舞いを面白がって撮りました。

【転】- チョコリエッタのあらすじ3

知世子は『道』のジェルソミーナとザンパノのように旅をしようと、正宗に提案します。海と山のどちらかと聞かれた知世子は、「山は嫌い」と言いました。母と共に事故に遭ったのが山だったのです。二人は爺さまのバイクで遠くに出掛けました。
夕暮れ時になり帰ろうとした正宗に、「もっと遠くに行く」と知世子が言い出し、二人はホテルに泊まりました。正宗が爺さまと来た事のある場所でした。
知世子が海に行きたいと言うのですが、山を通らずに向かうのにはかなりの遠回りが必要でした。途中道に迷った正宗は、徐々に山道に差し掛かってしまいます。知世子が発狂し喧嘩になったので、正宗は来た道を独りで戻り始めました。知世子は幻想を見て我に返り、道を下ると、ゆっくりとバイクを引いている正宗に再会します。正宗はザンパノのように知世子を置いていくことはできませんでした。
夜遅くに二人はようやく埠頭に辿り着きます。知世子が求める海岸ではありませんでしたが、海に向かって二人は叫びました。そこで正宗は気付きます。「世の中のクソみたい奴らに自分を合わせる必要はない。自分は奴らに抵抗する奴隷で、誰も殺さない」と。正宗は出直してやると心に決めました。
この映画を無料で観る

【結】- チョコリエッタのあらすじ4

二人は知世子の家に戻りましたが、知世子は「まだラストシーンを撮っていない」と、帰ろうとする正宗を呼び止めます。そして二人はジュリエッタの犬小屋を焼くシーンを撮影しました。知世子は一歩を踏み出したのです。
夏休みが終わり、知世子は映画を撮り始めます。正宗は撮影データを編集し、初めて作品を完成させ映研の三橋に送りました。三橋は今年の文化祭で正宗の作品と、岡見が撮影した知世子の母が出演している古いフィルムと、自分の反戦アニメを上映しようと提案しました。前向きな三橋に知世子が理由を問うと、「だって映画は不滅だから」と彼は断言しました。
知世子はその後も撮影を続け、誰もいない海岸に来ました。カメラのファインダーから海を見つめると、5歳の知世子とジュリエッタを連れた母の姿が映りました。まるで『道』のラストシーンのザンパノのように、知世子は海岸で叫びました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「チョコリエッタ」の商品はこちら