「ツレがうつになりまして。」のネタバレあらすじ結末

ツレがうつになりまして。の紹介:2011年公開の日本映画。うつ病を患った夫との生活を淡々と描き、30万部を超えるベストセラーとなった細川貂々の同名エッセー漫画を映画化。

この映画を無料で観る

予告動画

ツレがうつになりまして。の主な出演者

髙崎晴子〔ハルさん〕(宮﨑あおい)、髙崎幹男〔ツレ〕(堺雅人)、髙崎和夫(津田寛治)、栗田保男(大杉漣)、栗田里子(余貴美子)、津田部長(田村三郎)、小畑(中野裕太)、三上隆(梅沢富美男)、加茂院長(田山涼成)、杉浦(吹越満)、川路(犬塚弘)、君塚(山本浩司)、次男坊(伊嵜充則)

ツレがうつになりまして。のネタバレあらすじ

【起】- ツレがうつになりまして。のあらすじ1

漫画家・晴子の家族は、結婚5年目の夫・幹男とイグアナのイグです。幹男は曜日ごとに同じネクタイと締め弁当に同じチーズを入れる決めごとをする、几帳面な性格でした。仕事先ではサポートセンターで電話対応をしています。
ある朝、幹男が「お弁当が作れない」と言い、ナイフを片手に真顔で「死にたい」と呟きました。晴子の勧めで病院に行った幹男は、鬱病と診断されます。「心の風邪」と医者・加茂は言いました。激務とストレスが原因です。
幹男が鬱病だと聞いて自分の日記を見直した晴子は、少し前から既に症状が始まっていたことに気づき、変化を見落としていたことを謝ります。そして「会社を辞めないなら離婚する」と言いました。 この映画を無料で観る

【承】- ツレがうつになりまして。のあらすじ2

会社を辞めた幹男は、不眠症から嗜眠症に陥ります。一日寝てばかりいる自分を「世間様に申し訳がない」と責める幹男に「がんばらない」よう、晴子はアドバイスしました。
加茂院長の元に通う同じ鬱病の先輩患者・杉浦から、幹男はいろんなアドバイスを受けます。
理解がない幹男の兄・和夫は弟に「がんばれ」「みんながんばっているぞ」と、幹男を追いこむ言葉をかけ、晴子はうんざりしました。
収入源がなくなった晴子は、連載を打ち切られたコミック雑誌『バーズ』の担当・君塚に、つい大胆発言「ツレがうつになりまして、仕事をください」をしました。その時、幹男が鬱であることを恥じる自分がいたことに気づき、告白できて喜びます。

【転】- ツレがうつになりまして。のあらすじ3

実用書のイラストの仕事を回してもらった晴子は、幹男の代わりにがんばりました。
家ではイグのほかにカメ「チビ」も加わります。晴子の父・保男と母・里子も理解を示し、幹男を見守りました。
晴子の両親の店・栗田理髪店に出入りしていた書店の次男坊が自殺します。書店の次男坊は鬱病が治りかけた矢先でした。治りかけでも気が抜けないと、晴子の両親は身にしみて感じます。
そんな折、仕事で忙しい晴子がつい冷たく当たり、幹男が風呂場で自殺未遂を図りました。晴子は幹男に謝ります。2人は風呂場で号泣しました。
「描きたいものを描いてみれば」と言われた晴子は、身近にいるイグのことを漫画にします。晴子の連載が決まりました。

【結】- ツレがうつになりまして。のあらすじ4

幹男の病状は少しずつ快方に向かいます。
同じ教会で結婚式を挙げた人たちの同窓会に2年振りに参加した幹男と晴子は、自分たち夫婦を襲った鬱病について話しました。
それをきっかけに、晴子は「ツレがうつになりまして。」の漫画を考えつきます。幹男は自分がつけていた日記を晴子に見せました。
薬を服用しなくてもよくなった幹男は、家に会社「ハシゴ髙プロダクション」を立ち上げ、晴子の漫画が本になります。漫画は反響を呼び、幹男に講演依頼が舞い込みました。
講演で幹男は、会社勤めの頃に電話応対したクレーム主・三上に「この本を出してくれてありがとう」と言われ、万感の思いを味わいました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ツレがうつになりまして。」の商品はこちら