「トラック野郎 天下御免」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 天下御免の紹介:1976年公開の日本映画。トラック野郎シリーズの4作目で、由美かおるをマドンナに据え、四国・中国地方を舞台にストーリーが繰り広げられる。

この映画を無料で観る

予告動画

トラック野郎 天下御免の主な出演者

星桃次郎(菅原文太)、松下金造(愛川欽也)、我妻和歌子(由美かおる)、坂口千津(松原智恵子)、須田雅美(マッハ文朱)、伊沢正和(誠直也)、坂口松男(沢竜二)、亀頭黒光(鳳啓助)、亀頭姫代(京唄子)、須田勘太(杉浦直樹)

トラック野郎 天下御免のネタバレあらすじ

【起】- トラック野郎 天下御免のあらすじ1

星桃次郎は日本全国を走り回る長距離トラックの運転手で、トラックの名前は『一番星号』です。気の合う相棒に、9人の子を持つ子沢山の「やもめのジョナサン」こと松下金造がいます。ジョナサンの愛車の名前は『ジョナサン号』です。
桃次郎とジョナサンはみかんとハマチの運送で四国に渡り、桃次郎は早速ミキサー車『姫だるま』の運転手・雅美と一悶着を起こしました。
桃次郎とジョナサンは、四国八十八か所巡りをする清楚な女性・我妻和歌子と知り合い、2人ともひとめぼれします。
和歌子は美術大学卒で、デザイナーを志望していました。 この映画を無料で観る

【承】- トラック野郎 天下御免のあらすじ2

倉敷の花筵(はなむしろ 絵文様のある筵の敷物)の美に惹かれた和歌子は、ドライブイン「かざぐるま」でバイトをしながら花筵のデザインの勉強を始めました。
桃次郎は「かざぐるま」に入り浸り、和歌子にアタックします。ジョナサンは和歌子と撮ったツーショット写真が、「かあちゃん」こと妻・君江にバレて離婚騒ぎになりました。
ワッパ仲間(トラック仲間)に幻の車と恐れられる宇和島の『愛のコリーダ号』須田勘太が、桃次郎に挑戦をいどみます。一番星とコリーダは勝負しますが、その最中に桃次郎は産気づいた妊婦・千津を救います。千津は一番星の車内で女の子を出産しました。
勝負は、桃次郎が断念したため勘太の勝利です。

【転】- トラック野郎 天下御免のあらすじ3

桃次郎は千津の子供に桃子と名付け、「かざぐるま」の仕事も斡旋しました。
和歌子は一番星号に絵を描き、桃次郎は感激します。
子供のいない「かざぐるま」夫婦・亀頭夫妻にジョナサンは三女・サヤ子を養女に出しました。しかし結局一人でも欠けると淋しいと分かり、サヤ子は家に戻ります。亀頭の妻・姫代もめでたく懐妊しました。
和歌子の父の死後ひとりでみかん山を切り盛りしていた母が病気で倒れ、借金300万円を抱えた知らせが入りました。和歌子は借金返済のために松山に帰り、嫁入りすることにします。
桃次郎は全財産を投じ、宇和島の闘牛場へ行って勘太の牛・勘太山に賭け、大金を手に入れました。

【結】- トラック野郎 天下御免のあらすじ4

賞金を持って和歌子に会いに行った桃次郎ですが、和歌子には染色仲間・伊沢と恋仲で、桃次郎は振られました。
ジョナサンは千津の夫・松男と会います。同じくトラックの運転手をしている松男は、自分のトラックを買うまで千津と会わない決意をしており、ジョナサンは松男のことは伏せていました。
その松男が鳥取の境港から京都に荷を運ぶ途中に事故で重傷を負います。
桃次郎は千津に治療費として300万円を渡すと、一人娘・桃子のためにも復縁しろと言いました。
そして松男の代わりにハンドルを握り、一番星号で岡山から境港を回ってトラックを飛ばし、指定の時間ぎりぎりに京都に荷を運びました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トラック野郎 天下御免」の商品はこちら