「トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便の紹介:1979年公開の日本映画。トラック野郎シリーズの10作目にしてシリーズ最終作にあたる。石川さゆりと森川愛子という唯一のダブルマドンナ作品で、土佐(高知)を舞台にストーリーが繰り広げられる。

この映画を無料で観る

予告動画

トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便の主な出演者

星桃次郎(菅原文太)、松下金造(愛川欽也)、松下君江(春川ますみ)、小野川結花(石川さゆり)、西尾風美子(森下愛子)、西尾サワ(小畠絹子)、垣内竜次(原田大二郎)、垣内清馬(大坂志郎)、タミー(セリー・ハーケン)、奥村(山城新伍)

トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便のネタバレあらすじ

【起】- トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便のあらすじ1

星桃次郎は日本全国を走り回る長距離トラックの運転手で、トラックの名前は『一番星号』です。気の合う相棒に、10人の子を持つ子沢山の「やもめのジョナサン」こと松下金造がいます。ジョナサンの愛車の名前は『ジョナサン号』です。
桃次郎はいつものように出先のトラック野郎とカーチェイスをしました。相手は土佐犬を連れた竜次です。
桃次郎と金造は、千葉県銚子市場から高知県に向かうために、フェリー「さんふらわあ号」に乗りました。
フェリーの中で歌う女性・結花と出会った桃次郎は、結花にひとめぼれします。歌手志望の結花の落とした楽譜を集めるため、桃次郎は海に飛び込んでかき集めました。 この映画を無料で観る

【承】- トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便のあらすじ2

船は高知港に着き、市場までトラックを運転している最中、金造は目の前が二重に見える状態におちいります。
運ばれた病院で脳血栓の疑いを受けた金造は足摺岬で自殺を図ろうとしますが、桃次郎たちはそれを止めません。
止めてくれると思った金造はおろおろし、目の前がくらんで落ちそうになったところを助けたのは、ドライブインの店員・風美子でした。桃次郎は風美子にもひとめぼれします。
金造を救ってくれたお礼に風美子にバラの花束を送り、家まで送った桃次郎は、風美子の母・サワが病気だと知ります。隣家の老人・垣内清馬は6年前に行方不明になった息子の嫁に、風美子を考えていました。

【転】- トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便のあらすじ3

清馬の息子がカーチェイスをした相手・竜次だと知った桃次郎は、竜次を迎えに行き連れて帰ります。
竜次を連れて風美子の家に行くと、風美子の母・サワが危篤状態でした。サワは『南国土佐を後にして』のレコードを聞きたがりますが、そのレコードは桃次郎と清馬が乱闘した際に壊してしまっていました。
桃次郎はキャバレーで歌う結花を連れ出し、サワの前で歌ってもらいます。サワは安らかに亡くなりました。
結花のホテルまで送った桃次郎は、結花が今のままキャバレーで歌い続けるか、夢をあきらめるか悩んでいることを聞きます。
金造の病気がよくなり、自宅のある川崎市に戻ります。

【結】- トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便のあらすじ4

高知で闘犬大会が開かれ、竜次の「竜馬号」とキャバレーの経営者・岩瀬の犬が決勝で戦いました。
竜馬号は不利な状況から逆転勝ちをし、竜次と風美子は幸福そうに寄り添います。
そのどさくさで桃次郎も、結花にプロポーズしました。
桃次郎がトラックに乗せたことのある外国人のヒッチハイカー・タミーが来ます。桃次郎はタミーを四国霊場第二十八番札所・大日寺に案内し、その時、結花の歌を聞かせたのです。
タミーはアメリカのレコード会社のディレクターで、結花をぜひ大阪梅田コマ劇場に出演させたいと言いました。
しかし結花はそれを断り、桃次郎のプロポーズを受けます。
桃次郎は結花をトラックに乗せ、走り去りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便」の商品はこちら