「トラック野郎 望郷一番星」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 望郷一番星の紹介:1976年公開の日本映画。トラック野郎シリーズの3作目で、自然豊かで海産物も豊富な北海道を舞台に、島田陽子をマドンナに据えて桃次郎が活躍する。

この映画を無料で観る

予告動画

トラック野郎 望郷一番星の主な出演者

星桃次郎(菅原文太)、松下金造(愛川欽也)、三上亜希子(島田陽子)、浜村涼子(土田早苗)、浜村紅夫(小倉一郎)、女主人(上沼恵美子)、女主人(海原万里)、宮城県(吉川団十郎)、都はるみ(都はるみ 本人出演)、大野田太郎左衛門(梅宮辰夫)、ハイセイコー(ハイセイコー 本馬出演)

トラック野郎 望郷一番星のネタバレあらすじ

【起】- トラック野郎 望郷一番星のあらすじ1

星桃次郎は日本全国を走り回る長距離トラックの運転手で、トラックの名前は『一番星号』です。気の合う相棒に、9人の子を持つ子沢山の「やもめのジョナサン」こと松下金造がいます。ジョナサンの愛車の名前は『ジョナサン号』です。
北海道に渡るフェリーを待つ間に神奈川県川崎市のジョナサンの自宅に立ち寄った桃次郎は、子沢山の一家とにぎやかに食卓を囲みます。
母ちゃんこと君江は、ジョナサンに一戸建てを買ってほしいと頼みました。ジョナサンはその願いをかなえるため、カーフェリーの中でも給仕のアルバイトをします。
桃次郎はフェリーの中で美しい女性・三上亜希子に会い、ひとめぼれしました。 この映画を無料で観る

【承】- トラック野郎 望郷一番星のあらすじ2

北海道に渡り釧路に到着した桃次郎は、早速仕事を開始します。
その港の魚市場にいた、女トラック運転手の『はまなすお涼』こと涼子と桃次郎は、口論になりました。
涼子のことを好きな『カムチャッカの熊』こと大野田太郎左衛門がこのことを聞きつけ、桃次郎とつかみあいの喧嘩になります。しかし喧嘩では互角で、トラックでの勝負になりました。
お互いほぼ同じ大きさのトラックでスピードを競い、パトカーを蹴散らしながら目的地まで疾走しますが、その土地に詳しいカムチャッカの熊が大勝利をおさめ、桃次郎に立ち去れと言います。
その帰り道、桃次郎は偶然、亜希子と再会しました。

【転】- トラック野郎 望郷一番星のあらすじ3

亜希子は三上牧場を経営する女性でした。両親を亡くしたあと、今は女手ひとつで牧場を切り盛りしています。
亜希子との再会に舞い上がった桃次郎は、亜希子の気を引こうと必死で馬の勉強を始めました。当然、カムチャッカの熊との約束「北海道を立ち去る」は忘れています。
ある日、桃次郎も立ち会った馬の出産で生まれた子馬が、病気になりました。獣医も駄目だと見放して安楽死を…という話を聞いた桃次郎は、一晩中その子馬を撫で続け、介抱します。
桃次郎の介抱の甲斐があって、翌朝には子馬は元気を取り戻していました。
亜希子はそんな桃次郎の姿に感動します。

【結】- トラック野郎 望郷一番星のあらすじ4

桃次郎は誤解を解くためにカムチャッカの熊に会いに行きました。桃次郎と涼子は口論していたのに、熊は「桃次郎が涼子に惚れた」と勘違いしたようでした。
釧路に行った桃次郎はカムチャッカの熊と再び会い、涼子が熊に告白して涼子と熊は両想いとなりました。
君江が赤ちゃんを出産し、子どもは9人になります。
桃次郎は亜希子にプロポーズしに行きますが、亜希子には獣医・小宮と婚約していることを知り、落胆しました。
ジョナサンのバイト先の運送会社が金を持ち逃げします。一戸建ては夢に消え、借金を背負いそうになったジョナサンのために、桃次郎は荷物を配達先に届けるため爆走しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トラック野郎 望郷一番星」の商品はこちら