「トラック野郎 熱風5000キロ」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 熱風5000キロの紹介:1979年公開の日本映画。トラック野郎シリーズの9作目。今作品のマドンナは、当時の化粧品CM〝燃えろ、いい女〟で人気を博した小野みゆき。

予告動画

トラック野郎 熱風5000キロの主な出演者

星桃次郎(菅原文太)、松下金造(愛川欽也)、桶川玉三郎(せんだみつお)、西沢夏(小野みゆき)、黒田勝也〔黒部勝次、ノサップ〕(地井武男)、藤村鯉太郎(山田吾一)、藤村恵子(松本ちえこ)、立城はる恵(二宮さよ子)、小林太一〔安曇野〕(工藤堅太郎)、日疋重蔵(金田龍之介)

トラック野郎 熱風5000キロのネタバレあらすじ

【起】- トラック野郎 熱風5000キロのあらすじ1

星桃次郎は日本全国を走り回る長距離トラックの運転手で、トラックの名前は『一番星号』です。気の合う相棒に、10人の子を持つ子沢山の「やもめのジョナサン」こと松下金造がいます。ジョナサンの愛車の名前は『ジョナサン号』です。
桃次郎が長野県の道を走っていると、パトカーが停車命令を出します。当て逃げの犯人と間違われたのです。
被害者は気性の荒い、ワイルドな美女・西沢夏で、桃次郎はひとめぼれしました。桃次郎は夏に殴られますが、夏に当て逃げした記憶は一切ありません。
実はこれは、腹痛の桃次郎が頼んだ代行業者のしわざでした。誤解は解けます。

【承】- トラック野郎 熱風5000キロのあらすじ2

玉三郎は塩尻の近くにあるドライブイン『藤村食堂』の娘・恵子にアタックしました。
そこへトラック仲間の通称・安曇野こと小林がやってきます。小林は自分の娘・陽子を探しており、桃次郎と金造は陽子を見つけました。
金造が収入のいい木材の仕事に切り替えますが、大怪我をします。桃次郎が代わりに仕事をしに木曽運送に行くと、そこの娘が夏でした。
木曽運送のドライバー・ノサップと仕事をした桃次郎は夏に腕を認められ、ずっと働いてくれと頼まれます。
桃次郎と夏は、どぶろくの飲みくらべをしますが、桃次郎は負けました。

【転】- トラック野郎 熱風5000キロのあらすじ3

安曇野こと小林が材木の下敷きになって死んでしまいます。
桃次郎は小林の娘・陽子を母・はる恵のところへ連れて行きますが、はる恵は引き取りません。やむなく桃次郎は陽子を連れ帰ります。
金造の怪我が治りました。玉三郎は藤村食堂にインベーダーゲーム機を仕入れて持ち込みますが、機械が故障ばかりして、藤村食堂の出入りを禁じられます。
その頃、ノサップの写真を見た夏は、ノサップが自分の命の恩人・黒田と知りました。ノサップは木曽運送の社長・重蔵が自分の北海道の故郷の人たちを追い払った悪い奴と思い、うらんでいます。

【結】- トラック野郎 熱風5000キロのあらすじ4

しかしその話を聞いても、夏は重蔵が悪い人間とは思えません。自分を引き取って育ててくれた恩人だからです。
ノサップは、数日後の木曽運送の山出しの日にダイナマイトを仕掛け、木材を台無しにして復讐しました。桃次郎は、自分のトラックに積んだ荷物だけは死守します。
夏は悩みながらも、そんなノサップについていくことにしました。
はる恵が故郷・石垣島に帰ることになります。はる恵は娘・陽子を引き取らなかったことを悔いていました。
それを知った金造が桃次郎に知らせ、桃次郎は陽子を連れて、はる恵の乗る船に連れていきます。
はる恵は涙を流しながら陽子を抱きしめました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トラック野郎 熱風5000キロ」の商品はこちら