「トラック野郎 爆走一番星」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 爆走一番星の紹介:1975年公開の日本映画。『トラック野郎』シリーズの2作目にあたる。マドンナ・高見沢瑛子としてあべ静江を、ライバル・ボルサリーノ2役として田中邦衛が登場する。

この映画を無料で観る

予告動画

トラック野郎 爆走一番星の主な出演者

星桃次郎(菅原文太)、松下金造(愛川欽也)、松下君江(春川ますみ)、高見沢瑛子(あべ静江)、杉本千秋(加茂さくら)、赤塚周平(なべおさみ)、片岡光二(夏八木勲)、小野松吉(織本順吉)、ボルサリーノ3(佐藤京一)、ボルサリーノ4(小林稔侍)、ボルサリーノ2(田中邦衛)

トラック野郎 爆走一番星のネタバレあらすじ

【起】- トラック野郎 爆走一番星のあらすじ1

星桃次郎は日本全国を走り回る長距離トラックの運転手で、トラックの名前は『一番星号』です。気の合う相棒に、9人の子を持つ子沢山の「やもめのジョナサン」こと松下金造がいます。ジョナサンの愛車の名前は『ジョナサン号』です。
姫路におりたった桃次郎は、姫路近郊のドライブイン『おふくろ』のウェイトレス・高見沢瑛子にひとめぼれしました。
女子大生の瑛子は『おふくろ』に下宿しながら、アルバイトをしています。
見合い写真を用意した桃次郎は、瑛子に渡すよう金造に頼みましたが、金造は勘違いをしてバキュームカーの女運転手・千秋に渡しました。

【承】- トラック野郎 爆走一番星のあらすじ2

瑛子との話題作りに、桃次郎は瑛子の好きな太宰治の作品を読みます。
見合い写真を渡された千秋は、桃次郎を意識し始めました。千秋を好きな巡査・赤塚周平はあせります。
その頃、新婚旅行に行かなかった金造と君江は、9人の子供を連れて長崎旅行をしました。金造と家族同様の付き合いをする桃次郎も、子供の面倒をみるため一緒に行きます。
長崎で桃次郎や金造たちは、薫と雄一の姉弟と出会いました。彼らの母は他界し、父は出稼ぎ中で姉弟はひたすら父の帰りを待っていると知った桃次郎たちは、感動します。

【転】- トラック野郎 爆走一番星のあらすじ3

自分の勘違いを知った金造は、千秋に早とちりを詫び、桃次郎は瑛子が好きだと告げました。千秋は笑ってその言葉を流しながらも、失恋にショックを受けます。
ところで金造はトラック運転手をする前は警官で「花巻の鬼台貫」と呼ばれていました。それを知ったボルサリーノ2が勝負を仕掛け、桃次郎が代わりに受けます。
桃次郎は瑛子にプロポーズしましたが、瑛子には恋人・片岡がいました。
瑛子は片岡とうまくいっていませんでしたが、桃次郎たち運転手との交流を経て、片岡と結婚する気持ちを決めたところでした。桃次郎は失恋します。 この映画を無料で観る

【結】- トラック野郎 爆走一番星のあらすじ4

年末、桃次郎のトラックに「当たり屋」が飛びこみました。その男・小野松吉はなんと、長崎で会った姉弟たちの父でした。
それを知った桃次郎は松吉をトラックに乗せ、長崎の姉弟の元へ急ぎます。
同じ頃、金造は薫と雄一のところで2人をなぐさめていました。
松吉を乗せて長崎へ行く桃次郎は、白バイとパトカーに見つかって追跡されます。しかしボルサリーノ2が桃次郎をかばい、パトカーの追跡の邪魔をしました。
おおみそかの除夜の鐘が鳴る頃、桃次郎は長崎に到着し、松吉と子どもたちを引き合わせました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トラック野郎 爆走一番星」の商品はこちら