「トラック野郎 突撃一番星」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 突撃一番星の紹介:1978年公開の日本映画。トラック野郎シリーズの7作目。原田美枝子をマドンナに据え、またライバル役(川谷拓三演ずる矢野駿介)が唯一トラック乗りではない作品でもある。

予告動画

トラック野郎 突撃一番星の主な出演者

星桃次郎(菅原文太)、松下金造(愛川欽也)、桶川玉三郎〔三番星〕(せんだみつお)、月田えり子(原田美枝子)、矢野駿介(川谷拓三)、月田絹枝(中村玉緒)、桶川半兵衛(辰巳柳太郎)、石部スミ(樹木希林)、マリー(亜湖)

トラック野郎 突撃一番星のネタバレあらすじ

【起】- トラック野郎 突撃一番星のあらすじ1

星桃次郎は日本全国を走り回る長距離トラックの運転手で、トラックの名前は『一番星号』です。気の合う相棒に、10人の子を持つ子沢山の「やもめのジョナサン」こと松下金造がいます。ジョナサンの愛車の名前は『ジョナサン号』です。
1978年は映画『スター・ウォーズ』『未知との遭遇』の公開で、世間はSF熱に浮かされていました。桃次郎も例外ではありません。
愛車の一番星号にパラボラアンテナを装着して宇宙人との交信を図り、UFOの飾り付けをした桃次郎は、夜の国道で鳥羽のイルカ島のイルカ調教師・えり子と出会いました。美女のえり子に、桃次郎はひとめぼれします。

【承】- トラック野郎 突撃一番星のあらすじ2

えり子の幼馴染みの元トラック野郎・玉三郎を助手に雇った桃次郎ですが、玉三郎は実家の人たちに「運送会社の社長になった」と嘘をつきました。出世した玉三郎を見るため、高山で弁当売りをする父・半兵衛がやってくることになり、玉三郎はあせります。
事情を聞いた桃次郎は、玉三郎の父親をがっくりさせまいと思い、仲間のトラック野郎と芝居を打つことに決めました。
当日、玉三郎のためにみんなが芝居をします。玉三郎は調子に乗ってえらそうな態度を取り、桃次郎は腹を立てますが、金造に諭されて我慢しました。

【転】- トラック野郎 突撃一番星のあらすじ3

それを物陰から聞いた半兵衛は、玉三郎が社長というのは嘘だと知りつつも、みんなのはからいに涙します。
金造が仲間を裏切り、運賃を低く言ってまで仕事を取りました。それを知った桃次郎は金造と絶交します。
金造は出会ったストリッパーのマリーに惹かれ、マリーの公演先の下呂温泉についていきました。
同じ頃、えり子に結婚話が持ち上がって故郷・下呂に戻ったと聞いてあとを追います。
結婚話はえり子の母のことと知った桃次郎はほっとしました。

【結】- トラック野郎 突撃一番星のあらすじ4

下呂で玉三郎の父・半兵衛が桃次郎やトラック仲間をもてなします。
金造はマリーを追いながらも、妻子のことが気がかりでした。それを知ったマリーは置き手紙を残して消えます。
イルカ島で1頭のイルカが逃げました。必死で探すえり子を見て、真珠の研究者・駿介と桃次郎は2人で海に乗り出し、イルカを連れ戻します。
その駿介がけがをしました。桃次郎が病院に担ぎ込み、桃次郎とえり子と金造の必死の尽力で、駿介は一命を取り留めます。
駿介がえり子の恋人だと気づいた桃次郎は、2人の幸福を祈りながらイルカ島を去りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トラック野郎 突撃一番星」の商品はこちら