「ドミノ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ドミノ(2005年)の紹介:2005年公開。名優の父とモデルの母をもち、モデルとして将来を有望視されながらも、賞金稼ぎへの道を歩み始めた実在の女性の姿を描いた作品。監督は「デジャヴ」のトニー・スコット。音楽は「キングダム・オブ・ヘブン」のハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。撮影は「エネミー・オブ・アメリカ」のダニエル・ミンデル。主演は「つぐない」のキーラ・ナイトレイ。

この映画を無料で観る

予告動画

ドミノの主な出演者

ドミノ・ハーヴェイ(キーラ・ナイトレイ)、エド・モズビー(ミッキー・ローク)、チョコ(エドガー・ラミレス)、アルフ(リズワン・アバシ)、マーク・ハイス(クリストファー・ウォーケン)、キミー(ミーナ・スヴァーリ)、タリン・マイルズ(ルーシー・リュー)、ポーリーン・ストーン(ジャクリーン・ビセット)、クレアモント・ウィリアムズ3世(デルロイ・リンドー)、ラティーシャ・ロドリゲス(モニーク)、ラシャンドラ・デイヴィス(メイシー・グレイ)、ラシンドラ・デイヴィス(ションドレラ・エーヴリー)、ラウル(ジョゼフ・ヌネス)、ドレイク・ビショップ(ダブニー・コールマン)、ブライアン・オースティン・グリーン(本人)、イアン・ジーリング(本人)

ドミノのネタバレあらすじ

【起】- ドミノのあらすじ1

ドミノは、幼い頃に俳優の父を亡くします。それから寄宿学校に預けられることになります。
そして、モデルとして将来を有望視されます。しかし、モデルの世界が腐っていると感じて辞めます。
その後、母はテレビの影響でビバリーヒルズに引っ越します。ドミノにとっては、学校は最悪で大学生活はもっと最悪でした。
賞金稼ぎの広告を見たドミノは、セミナーに参加することにします。男性ばかりの中、美人なドミノは目立ちます。
そのセミナーは、参加費用をとって逃げる計画でした。主催者のクレアモントや賞金稼ぎのエド達はずらかります。
その様子に気づいたドミノは、仕事がしたいのだと彼等を呼び止めます。彼女は、12歳の頃から様々な武器の練習をしていました。
チョコは、彼女が仲間になる事に反対します。エドは、クールに見えることから賛成派です。
保釈保証人のクレアモントは、手数料をもらって対象の身柄を確保するビジネスを行っていました。実行するのは賞金稼ぎのエド達です。 この映画を無料で観る

【承】- ドミノのあらすじ2

ドミノの初仕事は、意外な展開になります。標的の居場所を騙されて教えられ、はめられてしまいます。
その場でドミノは、自分の体を使って男性達を誘惑して乗り切ります。その後、見事に標的を確保します。
ドミノ達は、テレビの取材にも応じることになります。仕事の様子をテレビで流すことになります。
運転手としてアルフが登場します。共演者として、ビバリーヒルズ青春白書のブライアンとイアンが参加することになります。
今回の仕事は、現金輸送車からビショップの金を強奪した4人の強盗がターゲットです。
クレアモントの指示通り、強盗を確保して引き渡します。引き渡された人達は、金の在り処を吐かせます。しかし、犯人が彼等でないと分かり、地面に顔だけ出して埋めときます。
実は、この4人は免許証偽造していた人達でした。この偽造を行ったのは、ラティーシャです。
ラティーシャは、FBIに監視されていました。捜査官に脅されて、この4人が金を強奪すると嘘を言っていたのです。

【転】- ドミノのあらすじ3

ラティーシャは、友人達3人と輸送車の強奪をしようとしていました。これはクレアモントからの提案でもありました。
クレアモントは、現金輸送車の会社も経営しています。ビショップの金を強奪して、取り返す費用として30万ドルを請求しようとしたのです。
ビショップは1000万ドルの財産に比べれば、微々たるものとして了承します。そして、クレアモントからドミノ達に4人を確保するように指示が言ったのです。
しかし、手違いが起こります。ラティーシャがFBIに免許証偽造の4人が強奪すると言ったのが原因でした。
クレアモントは、偽造の4人が殺されたと考えます。その4人の中には、マフィアのボスの息子が含まれていました。
ドミノ達は、金を返さなければ殺されると考えます。取材班のテープを爆弾で全て消滅させます。
ラティーシャ達4人は強奪した後、クレアモントの車に乗って逃げていました。実行犯の一人である男は、金だけは残されていて家に持ち帰ります。
母のエドナが冷蔵庫に金をしまっておきます。ドミノ達は、エドナの息子を捕まえて、クレアモントから指示をもらいます。

【結】- ドミノのあらすじ4

エドナの息子の右腕にある暗号が、冷蔵庫を開ける鍵でした。電波が悪くて、ドミノは服の袖を切り取れを、腕を切り取れと聞いたと思います。
チョコが実行して、エドナの息子は悲鳴をあげます。そして、エドナと交渉した後、金を受け取ります。
しかし、エドナは復讐として幻覚剤をコーヒーに入れていました。ドミノ達の車は横転します。車で現れた男性が助けてくれます。
ドミノは30万ドルだけ抜いて、ラティーシャに渡します。この30万ドルで孫娘の手術ができます。
クレアモントから、タワーの最上階で渡すように指示が来ます。その頃、マフィアのボスは息子が死んだと思います。FBIから情報をもらって、部下達と一緒に報復に向かいます。
ドミノ達がビショップと金の引き渡しをしていると、アルフが金は故郷の解放資金として送ったと言います。代わりに爆弾を大量に持ってきていました。
そこにマフィア達が現れて、三つ巴の激しい銃撃戦が始まります。FBIも参加して大変な事になります。
エドとチョコは撃たれ、ドミノと共にエレベーターで逃げます。撃たれたアルフは最後の後始末として残り、爆弾を爆発させます。
ドミノだけが、その場から生還できます。FBI捜査官に事情を説明して手錠が外されます。終わりです。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所はドミノ役のキーラ・ナイトレイのアクションシーンです。落ち着いたヒロイン役の多い印象の彼女がヌンチャクを振り回したり、銃を乱射したりと激しいアクションシーンをこなしています。
また、彼女の髪形やファッションがセクシーでカッコ良くて、いつもとは違うキーラ・ナイトレイの姿が見れるのも見所です。
そして、チョコ役のエドガー・ラミレスのムキムキな体を見ることもできます。ムキムキ好きな女性の方は嬉しいのではと思います。
この作品は、アクションだけでなく、ドラマの要素もあります。手違いが起こった理由が謎めいていて、サスペンスな様子も含んでいます。そして、ざらついた画面と激しい動きのカメラワークが臨場感を引き立てています。
最後まで見終わって、ハードボイルドでクールな印象もある映画だと思いました。様々な要素を含んでいて楽しめる作品でした。

映画の感想を投稿する

映画「ドミノ」の商品はこちら