「ドンジョン」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ドン・ジョンの紹介:2013年公開。ポルノ鑑賞がやめられないプレイボーイの恋愛模様を描いた作品。「(500)日のサマー」「ザ・ウォーク」のジョゼフ・ゴードン=レヴィットが監督・脚本・主演をした。「ママの遺したラヴソング」のスカーレット・ヨハンソン、「エデンより彼方に」のジュリアン・ムーアが出演。プレイボーイでポルノ鑑賞をやめられないジョンは、ある日極上の美女バーバラと出会う。彼女に告白して付き合うことになるのだが…。

この映画を無料で観る

予告動画

ドンジョンの主な出演者

ドン・ジョン(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)、バーバラ・シュガーマン(スカーレット・ヨハンソン)、エスター(ジュリアン・ムーア)、ボビー(ロブ・ブラウン)、アンジェラ・マテーロ(グレン・ヘドリー)、モニカ・マテーロ(ブリー・ラーソン)、ジョン・マテーロ・Sr(トニー・ダンザ)

ドンジョンのネタバレあらすじ

【起】- ドンジョンのあらすじ1

ジョンはルックスも良く、どんな女性でも落とせるプレイボーイでした。相手に困らないジョンでしたが、彼はポルノ鑑賞をやめられないでいました。現実の女性より、ポルノのほうが素晴らしいと考えていたのです。
ある日、いつものようにナンパしようとしていたジョンは極上の美女のバーバラを見つけます。アタックしますが、焦っているジョンに彼女は振り向きませんでした。
ジョンは他の女性をナンパして一夜を共にします。そしていつも通りポルノ鑑賞をし、ジムに通って体を鍛え上げます。
やはりバーバラでないとダメだと考えます。店の人からバーバラの名前を聞き出します。友人にインターネットのフェイスブックから彼女を見つけ出してもらいます。
早速デートの連絡をして食事に誘います。正直にバーバラのことが美女だと言います。それから映画を見に行きます。 この映画を無料で観る

【承】- ドンジョンのあらすじ2

映画を見終わってベッドインしようとしますが、バーバラは友人や家族に紹介してからとお預けします。それから1か月間ジョンは最後までさせてもらえませんでした。
ジョンはバーバラの家族に紹介されます。そしてバーバラの要望で夜学に通うことになります。家に帰るとバーバラがベッドインを許可してくれます。
行為の後、いつものようにポルノ鑑賞をしていると彼女に見つかります。友人からの悪戯だと誤魔化せます。バーバラはポルノをひどく嫌っている様子です。
バーバラが頻繁に家にくるのでジョンはポルノを見れませんでした。夜学の講義中にスマホでポルノを見始めます。その現場を講義にきている年上女性のエスターに見られます。
ジョンはバーバラを両親に紹介します。両親はとても喜びます。妹はいつも通りスマホをいじっていて一言も喋りません。
夜学の講義が終わるとバーバラがポルノDVDをプレゼントしてきます。ジョンは彼女がいるから、いらないと突き返します。

【転】- ドンジョンのあらすじ3

ある日、ジョンはバーバラと買い物に行きます。ジョンがお掃除道具を見に行こうとすると、バーバラは男がすることではないと怒ります。
ジョンは自分で掃除することが好きで口論になります。その場はおさまって帰ることになります。
夜学の講義が終わるとエスターが話しかけてきます。退屈で寝てしまってノートを写しそびれたのです。ジョンに借りますが、彼を怒らせてしまいます。
ジョンが家に帰るとバーバラがいました。彼女はショックを受けている様子です。なぜならジョンのパソコンの履歴からポルノ動画が大量に出てきて、毎日見ていることが分かったのです。
ジョンは謝罪しますが、バーバラとは別れることになります。独りになって好き放題できるジョンでしたが、次第にイラつき始めます。
車を運転中に前の車に怒り出します。怒りが頂点に達して窓ガラスを殴って割ります。教会に行って懺悔するジョンでした。
ジョンの様子に友人は心配します。夜学がもう少しだから頑張ってみたらと励まします。

【結】- ドンジョンのあらすじ4

ジョンは講義が終わってエスターに話しかけます。盛り上がって車でやってしまいます。その後、エスターに色々と相談をします。一方通行の肉体関係になっていると指摘されます。
エスターは最後にポルノなしでイケるかどうか問います。ジョンが実践するとなぜかダメで一週間溜まりっぱなしになります。
エスターを誘って彼女に自宅に行きます。一緒にお風呂に行くことになりますが、エスターは悲しんでいて来ませんでした。彼女は14カ月前に夫と息子を事故で亡くしていたのです。
ジョンとエスターはお互いを思いやる肉体関係を持つことができます。そしてジョンは両親にバーバラと別れたことを打ち明けます。
落ち込んで騒ぐ両親に妹がずばり言います。バーバラは自分の好きなようにできる男が欲しかっただけだから別れて正解だと言います。
ジョンはバーバラを呼び出して謝罪をもう一度します。バーバラの言い分にジョンは一方通行すぎないかと指摘して、二人は会わなくなります。
ジョンは仲間達と楽しく過ごして、エスターとデートを重ねます。エスターといることで幸せを実感できるジョンでした。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は男女の肉体関係をテーマに生々しく描いている部分だと思います。ポルノ鑑賞が大好きなジョンや、恋愛対象として理想の男性を求めるバーバラは一方通行な関係しか持てないでいます。
そんなジョンにエスターという年上のアドバイザーが現れて、男女の関係で大切なことは何かを的確にアドバイスしていきます。ふむふむなるほどと感心させられる場面があります。
車の中でジョンがエスターに相談する場面で、一方通行になっていると指摘します。ポルノ鑑賞によって非現実化していて、現実の肉体関係に満足できなくなっていると言います。その話を聞いていてなるほどと納得してしまいました。エスターは詳しいなぁと感心してしまいます。
とても面白い場面があります。それはずっとスマホばかりいじっているジョンの妹がずばり言うシーンです。両親が騒ぐ中、妹だけが冷静にバーバラは自分の思い通りになる男が欲しかっただけと言うシーンは笑いと驚きの両方を与えてくれます。
ジョンが教会で懺悔するシーンがあります。ポルノ鑑賞をしたことなど謝るのですが、最後の懺悔で嘘をついていたことを報告しに行きます。神父さんが交代制なのか聞いたりする場面はシュールで面白いです。
最後まで見終わって、生々しくて楽しめる作品でした。学べる事もありましたし、満足した作品です。

映画の感想を投稿する

映画「ドンジョン」の商品はこちら