「ネコナデ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ネコナデの紹介:2008年公開の日本映画。亀井亨が手がけた動物TVドラマ『ネコナデ』を再構成して映画化し、以後『幼獣マメシバ』『猫侍』などの動物シリーズの映画が作られる。仕事人間の中年男が、子猫との出会いを通じて変化する姿をコミカルに描く。

ネコナデの主な出演者

鬼塚太郎(大杉漣)、君島凛子(青山倫子)、田中亜里沙(黒川芽以)、鴻池真(もたいまさこ)、間島新次(螢雪次朗)、鬼塚静子(原日出子)、辰美孝四郎(鶴見辰吾)、久我珠代(入山法子)、長島道子(立花彩野)、西条康友(海東健)

ネコナデのネタバレあらすじ

【起】- ネコナデのあらすじ1

鬼塚太郎は、IT企業・デジタルドラゴンの人事部長です。
デジタルドラゴンの社長・辰美の命令を受け、鬼塚はリストラ対象の社員に通告する仕事をしていました。
表情に乏しい鬼塚は無表情でリストラを告げるので、解雇を告げられた社員には冷酷無比な人間だと罵られますが、実は内心では鬼塚自身リストラに心を痛め、ついでに胃も痛めておりました。
人事部ではリストラと並行して第二新卒の研修もしています。いっぽうで人を切り、いっぽうで人を採用するという矛盾に鬼塚は気づいていましたが、言い出せません。せいぜい帰宅途中にベンチで胃薬を服用するくらいです。 この映画を無料で観る

【承】- ネコナデのあらすじ2

第二新卒の研修が始まり、鬼塚はその職務に就き、鬼塚の部下・凛子がサポートにつきます。新人の社員には田中亜里沙の姿もありました。
その夜、鬼塚はいつものベンチの横に捨て猫を見つけます。
見かねた鬼塚は猫を拾いますが、家に連れて帰れず、新人研修の社員用に借りたウィークリーマンションの一室にかくまいました。
名前をトラと名付け、鬼塚は猫の世話を始めます。
今まで猫を飼った経験がないので、鬼塚は子猫・トラの世話に四苦八苦しました。
ある日、ウィークリーマンションの部屋の清掃の知らせが入り、鬼塚はあせります。ペット禁止の部屋だからです。

【転】- ネコナデのあらすじ3

鬼塚は慌ててマンションに行き、トラを隠しました。その様子を見て凛子は不審に思います。
研修の指導もしつつ、社員にリストラを告げる役目もしつつ、鬼塚は身をすりへらしていました。
リストラは佳境を迎え、自分の同期の間島にリストラを告げた鬼塚は、身を切られる思いです。
そんな鬼塚にとって、トラは癒しの存在になり、鬼塚は人間らしい感情を取り戻しました。
野外での新人研修の際、トラのほかにいた猫を拾ったカップルの男性に気づいた鬼塚は、男性がその後自分の都合で猫を捨てたと知り、思わず殴りかかりました。
事情を知らない周囲の人物は、普段は無表情の鬼塚の変化に戸惑います。 この映画を無料で観る

【結】- ネコナデのあらすじ4

殴りかかったものの途中から殴られまくった鬼塚は、トラの部屋で凛子を見つけ、吃驚仰天しました。
実は凛子は鬼塚がこっそりトラを飼っていることを合鍵で知り、裏でサポートしていました。
新人・田中亜里沙には姉がいました。亜里沙の姉はデジタルドラゴンの社員でしたが、鬼塚にリストラを告げられて以降、部屋に引きこもりになっていました。
亜里沙はそれを鬼塚のせいだと思い込んでいました。
研修最終日、亜里沙は自分の誤解を告げ、鬼塚に詫びます。
すべてのリストラを終えた鬼塚は、社長・辰美に辞表を出しました。そしてトラを抱いて、自宅に帰ります。妻・静子はトラをあたたかく迎え入れました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ネコナデ」の商品はこちら