「ハダカの美奈子」のネタバレあらすじ結末

ハダカの美奈子の紹介:2013年公開の日本映画。テレビ朝日系列の番組『痛快!ビッグダディ』で注目された美奈子の自叙伝「ハダカの美奈子」を原作品にしたフィクション映画。ビッグダディとの離婚から10年後の美奈子と6名の子供たちを描く。

この映画を無料で観る

予告動画

ハダカの美奈子の主な出演者

林田美奈子(中島知子)、林田美奈子〔15~28歳〕(階戸瑠李)、林田キヨシ〔ビッグダディ〕(重松隆志)、シオン(菅谷哲也)、ノエル(平嶋夏海)、キララ(冨手麻妙)、ライム(栗栖なつみ)、ヒスイ(三好杏依)、レント(永島のん)、松岡由香里(美奈子)、森山作次郎(螢雪次朗)

ハダカの美奈子のネタバレあらすじ

【起】- ハダカの美奈子のあらすじ1

2013年、春…。
美奈子はキヨシと離婚した後、6人の子どもたちを引き取って小豆島を出ます。
美奈子は介護施設主任として、介護施設(ホーム)「のぞみの苑」で働いていました。
長男・シオンは5年前に家を出た後、独りで働いています。時々美奈子にシオンからメールが届きます。
また長女・ノエルは東京でアルバイトをしながらグラビアアイドルをしていました。
美奈子の家を切り盛りするのは、主に高校3年になる次女・キララです。高校1年になる三女・ライム、中学3年の四女・ヒスイ、小学5年の五女・レントの面倒はキララが見ていました。 この映画を無料で観る

【承】- ハダカの美奈子のあらすじ2

美奈子は幼い頃、実の父・忠治から虐待を受けます。忠治は会社で溜めたストレスを、美奈子に暴力を振るうことで解消していました。母・光代は見て見ぬふりです。
そんな家にいるのが嫌で、美奈子は15歳で元夫・竜と出会いました。赤ちゃんが出来たら家を出られると思った美奈子は15歳で妊娠、出産をし、その後も子どもを産み続けます。
しかし竜は稼いだ金を次第にギャンブルにつぎ込むようになり、それが原因で美奈子は離婚し、家を出ました。
子どもを独りで育てることを決意した美奈子は、背中にタトゥーを入れます。5つの命を背負うと決めた証を残したのでした。
その後、美奈子は飲み会で林田キヨシと出会い、結ばれます。

【転】- ハダカの美奈子のあらすじ3

美奈子に暴力を振るった父・忠治は、光代と離婚して孤独に暮らし、ミイラ化した死体で発見されました。
…ライムは学校でいじめに遭っており、でも逃げたくないと思っています。
長女・ノエルはDVDを出すも、恋愛がばれて活動自粛となり美奈子のもとへ戻りました。ノエルは妊娠3カ月でした。
美奈子に長男・シオンから「今度の日曜、結婚式を挙げる」というメールが届きます。みんなはサプライズでシオンのところに行くことにしました。
ノエルを東京から運んでくれた森山作次郎の車に乗り込み、出発します。
森山は東京でモデルガン屋を経営していました。妻を亡くした森山は、娘・花子が離婚して出戻ってきたので幸福に暮らしました。

【結】- ハダカの美奈子のあらすじ4

ところがある日森山は火薬の調合をミスし、店が爆発し花子は死にます。森山は自殺を考えていました。
美奈子たちと接することで心の落ち着きを得られた森山は、警察に連れていかれます。
美奈子たちはシオンの勤務する牧場へ行きました。シオンの婚約者・松岡由香里は6人の子持ち女性で、シオンとの子になる7人目を妊娠しています。
シオンと由香里は結婚式を挙げました。ノエルは子供を生む決意をします。
美奈子はキララを大学進学させることにして、弟・シンゴのマンションの鍵を渡し家から出します。シンゴはマンションを買ったものの離婚し単身赴任で、部屋は現在空き家です。
ライムもいじめと立ち向かう決意をしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハダカの美奈子」の商品はこちら