「バベル」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

バベルの紹介:2006年公開のアメリカ映画。モロッコで起こった銃撃事件が、アメリカ、メキシコ、日本の人々の運命へと連鎖する様を描いた作品。カンヌ国際映画祭では監督賞を受賞。監督は「レヴェナント: 蘇えりし者」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。脚本は「21グラム」のギジェルモ・アリアガ。出演は「マネーボール」のブラッド・ピット、「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェット、「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナルなど。日本からは菊地凛子や役所広司らが出演。

予告動画

バベルの主な出演者

リチャード・ジョーンズ(ブラッド・ピット)、スーザン・ジョーンズ(ケイト・ブランシェット)、サンティアゴ(ガエル・ガルシア・ベルナル)、綿谷安二郎(役所広司)、アメリア(アドリアナ・バラッザ)、綿谷千恵子(菊地凛子)、デビー・ジョーンズ(エル・ファニング)

バベルのネタバレあらすじ

【起】- バベルのあらすじ1

モロッコのある集落で、アブドゥラはライフルを譲ってもらいます。息子のアーメッドとユセフは、ジャッカルから羊を守るためにライフルを持たしてもらいます。
試し撃ちをしますが、遠くまで届かないと残念がります。道路を走っているバスを見つけて、ユセフは撃ってみます。
しばらくしてバスは止まってしまいます。銃弾が届いてしまったのです。二人は慌てて逃げて、ライフルを隠します。
アメリカ人のジョーンズ夫妻は、夫婦関係を修復するためにモロッコに旅行に来ていました。
二人が観光バスに乗っていると、妻のスーザンが眠っている間に銃撃されます。ユセフの銃弾が当たったのです。
夫のリチャードが止血を試みますが、肩と首の間から血が止まりません。近くの村まで急ぎますが、獣医しかいませんでした。
とりあえず傷口を縫って血を止めることにします。アメリカ大使館に連絡しますが、救急車を呼ぶには困難な状況です。
ジョーンズ夫妻は、二人の子供のマイクとデビーをベビーシッターのアメリアに任せていました。

【承】- バベルのあらすじ2

アメリアはリチャードから連絡を受けて、もうしばらく預かって欲しいと言われます。しかし、彼女は息子の結婚式があるため、メキシコに行かなければなりません。
誰も預かってくれる人がいなくて、アメリアは二人をメキシコに連れて行きます。運転してくれるのはサンティアゴです。
結婚式は大盛り上がりでした。マイクとデビーを連れて帰るために、酔っぱらってるサンティアゴが運転します。
国境を超える検問所で、警官から尋問されてしまいます。パスポートは無事に通るのですが、マイクとデビーの委任状が無い事とサンティアゴが酔っぱらってる事で逮捕されそうになります。
サンティアゴは国境を突破して暴走します。追ってくるパトカーから逃げるため、一時的にアメリアとマイク、デビーを降ろします。
荒野に放り出された3人は宛てもなく歩いて行きます。限界に達した時、警官が現れて3人は保護されます。
しかし、アメリアは不法就労者だったので送還されることになってしまいます。ずっと一緒だったマイクとデビーと会えなくなります。

【転】- バベルのあらすじ3

モロッコ警察は、銃撃事件が起こってテロの犯行を疑います。薬莢が見つかって、地元の人間だと判断します。
ライフルの所有者を探していると、アブドゥラにライフルを譲った人物にたどり着きます。尋問した後、アブドゥラの家に向かいます。
アーメッドとユセフは警察から家を聞かれてしまいます。嘘の情報を言って、アブドゥラに報告します。
アブドゥラは二人を連れて逃げることにします。警察がアブドゥラ達を見つけて追いかけてきます。
銃撃戦になって、アーメッドが足を撃たれてしまいます。ユセフがライフルで反撃してしまいます。
更に銃撃が激しくなって、アーメッドは胸を撃たれて息をしなくなります。ユセフがライフルを破壊して、警察に助けを求めます。
日本の女子高生で聾者の千恵子は、友達と楽しく遊んでいました。思春期で男性に興味を持つ年頃です。男性を誘いたいこともあって、ノーパンで誘惑していきます。
ある日、二人の警官が父を訪ねてきます。自殺した母のことと思い、父は不在だったので名刺を受け取ります。
友達と酒や薬物を飲んではしゃぎます。男達と一緒にディスコに遊びに行きます。

【結】- バベルのあらすじ4

夜中に帰ってきた千恵子は、マンションの管理人に頼んで警官に電話してもらいます。タイプだった警官に家にきてもらいます。
母の自殺の事を話しましたが、警官は父のライフルについて聞きたかった事が分かります。
思い違いをした千恵子は、裸になって警官に迫ります。警官は理性を持って接してあげます。
千恵子の父の安二郎が帰ってきて、警官がライフルについて聞きます。アブドゥラが譲ってもらったライフルは安二郎のものだったのです。
モロッコ警察が正規のルートで購入したものか知りたがっていたのです。警官は安二郎に、千恵子の母の自殺についてお悔やみをあげます。
千恵子は飛び降り自殺と言ってましたが、本当は銃弾自殺だった事が分かります。安二郎は家に戻って、千恵子をそっと抱きしめます。
リチャードは観光バスに乗っていた客達が、治安が悪いのを理由に勝手に帰って行くのを見つけて悔しがります。
事件はニュースでも放送されて、やっとこさ救急ヘリがやってきます。スーザンは緊急手術の末、一命をとりとめます。スーザンは退院することができます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、様々な賞を受賞したり、ランキング入りした作品です。一発の銃撃事件が引き起こす悲劇を、連鎖的に描いていて面白いと思います。
この作品の出演者の豪華ぶりに驚かされます。日本からも菊地凛子や役所広司らが出演して、当時話題を呼びました。菊地凛子の熱烈な演技が印象に残った作品です。
ストーリーの展開は、過去と現在、場所がバラバラに描いている手法が取り入れられています。バラバラ過ぎないので理解しやすかったです。
視聴にあたって、一部注意したほうが良い点があります。ディスコの場面になると思うのですが、照明効果による点滅が激しいのです。なので体調が悪くなりそうだと思った時は、その場面を見るのは避けた方が良いです。
最後まで見終わって、マイクとデビーはどこに連れていかれたのかが気になりました。保護されたのは分かったので、無事ではあると思います。
様々な賞で評価された作品ということもあって、面白く仕上がっているのでお勧めします。

映画の感想を投稿する

映画「バベル」の商品はこちら