「パレードへようこそ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

パレードへようこその紹介:1984年、不景気に苦しむイギリス政府は炭坑閉鎖案を打ち出し、炭坑夫による抗議ストが長期化していた。苦しむ炭坑夫の支援に乗り出したのは、差別に屈しないひたむきなロンドンの同性愛者たちだった。2014年製作のイギリス映画で、監督は、「背信の行方」のM・ウォーチャスが務めた。

予告動画

パレードへようこその主な出演者

ジョー(ジョージ・マッケイ)、マーク(ベン・シュネッツァー)、クリフ(ビル・ナイ)、ジョナサン(ドミニク・ウエスト)、ダイ(パディ・コンシダイン)

パレードへようこそのネタバレあらすじ

【起】- パレードへようこそのあらすじ1

1984年、不況のイギリスではサッチャー首相の指示の下、炭坑閉鎖が進められていました。この政策に炭坑夫は激怒し、連日のストはすでに四か月目に突入。ロンドンに暮らすゲイの若者マークは、このストと連帯することを同性愛者仲間に提案します。炭坑夫たちと同様、同性愛者にとっても政府と警察は敵であることから、支援したいと考えたのです。この提案に集まったのはマークら8人と、新参者で家族に内緒で参加する学生のジョーでした。

マークたちはLGSM(炭坑夫支援レズ&ゲイ会)を結成、市民に差別されながらも募金活動を行いますが、同性愛者への偏見から全国炭坑労働組合は募金を受け取ってくれません。そこでマークは炭坑に直接コンタクト、ウェールズのディライス炭坑から色好い返事を得ます。炭坑の代表としてダイという男性がロンドンのLGSMを訪問、その夜ダイはゲイバーで大勢の客の前でスピーチし、感謝の気持ちを伝えるのでした。そして今度はLGSMがディライスを訪問することが決まります。

【承】- パレードへようこそのあらすじ2

ダイは偏見なくマークらと接していましたが、ディライスの人々はそうではありませんでした。特にその中でも、モーリーンとその息子たちは非常に差別的で、マークたちを受け入れようとはしません。ところが、LGSMの一人、ジョナサンの助言で炭坑夫が不当逮捕から解放されたことがきっかけで、街の人々は態度を軟化させていきます。最終的には、同性愛者であることで悩むLGSMのメンバーに街の人々は寄り添うようになるほど良好な関係を築きます。

しかし、炭坑の存続はさらに危ういものとなっていきます。スト42週目に政府は炭坑夫の家族手当を停止したのです。そのうえ、ディライスではスト最前線へ支援物資を届けるバスが故障してしまいます。炭坑で書記を務めるクリフの「村と炭坑は一心同体」という言葉に心を打たれたマークは、多くの村人を前にさらなる支援を行うことを宣言。村人は労働運動の中で生まれた民謡「パンとともにバラを」を大合唱で歌い、さらに団結を強くしたのでした。

【転】- パレードへようこそのあらすじ3

LGSMの活動がさらに活発になる中、ディライス炭坑を支援するマークたちを差別的に書き立てる記事をある新聞が掲載。モーリーンが新聞社に密告したのです。今後も支援を受けるかどうか、街の委員会で審議される事態に発展します。マークはこの状況を逆手に取り、新聞社への活動アピールで大いにLGSMを宣伝します。その結果、ロンドンのナイトクラブで開催されたLGSMのチャリティパーティーは、同性愛者に限らず多くの人々が参加し、大盛況に終わります。ジョーはパーティーで出会った男性と親密になっていましたが、反対にマークには不愉快な出来事が起こります。LGSMの活動に夢中になり過ぎたために、恋人にフラれてしまったのです。

この裏でモーリーンは暗躍、村人の多くがロンドンに行ったことをいいことに委員会の開催時刻を前倒しするよう仕向けたのです。委員会でクリフは懸命に支援継続を主張しますが、味方がいないことはあまりにも不利な状況でした。委員会はLGSMからの支援停止を採決してしまいます。

【結】- パレードへようこそのあらすじ4

恋人との別れに加え、不本意な採決結果にマークは絶望し、仲間の前から姿を消してしまいます。そして、ずっと学校をさぼって活動に参加していたジョーは、家族にLGSMの一員であることを知られてしまいます。厳格な両親によってジョーは監禁されてしまいますが、1985年にストが終わり炭坑夫の職場復帰が決まるとジョーは自宅から脱出、ディライスへと向かいます。喜ぶ炭坑夫たちが堂々と行進していく中、ジョーはマークと再会を果たします。マークから「プライドを持て」と助言されたジョーは、家を出ていくことを決意。

LGSMは6月に行われる同性愛者によるパレード、ゲイ・プライドに向け準備を開始。マークも再び仲間に加わります。パレード当日、マークたちは炭坑夫が政府に屈したことを知ります。そのとき、パレードにディライスの炭坑夫が現れました。そして、全国から炭坑夫を乗せたバスが次々と到着。全国の炭坑夫たちがマークたちともにパレードの先頭を歩き、LGSMへの連帯の意を表明したのです。ビッグベンを背景に、マークたちは堂々と行進を続けるのでした。

このストライキの翌年、同性愛者の権利を認める議案が労働党大会で可決されました。これまで何度も廃案になってきた議案は、全国炭坑労働組合の尽力で可決されたのです。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「パレードへようこそ」の商品はこちら