「フライ,ダディ,フライ」のネタバレあらすじ結末

フライ,ダディ,フライの紹介:2005年制作の日本映画。金城一紀の小説を原作とする。岡田准一と堤真一が共演する青春劇で、平凡な中年男が娘を暴行した男に復讐するため、ブルース・リー顔負けの高校生に鍛えられ、涙ぐましい奮闘を繰り広げる作品。

この映画を無料で観る

予告動画

フライ,ダディ,フライの主な出演者

朴舜臣(岡田准一)、鈴木一(堤真一)、南方(松尾敏伸)、石原勇輔(須藤元気)、鈴木遥(星井七瀬)、鈴木夕子(愛華みれ)、平沢章吾(塩見三省)

フライ,ダディ,フライのネタバレあらすじ

【起】- フライ,ダディ,フライのあらすじ1

鈴木一は都会で働くサラリーマンです。仕事も順調で次期部長の座が近いと言われ、家庭も円満で妻・夕子が娘・遥を連れてマイカーでいつも最寄駅まで迎えにきます。鈴木は幸せな生活を送っていました。
ところがある日鈴木は、遥が怪我をして病院に運び込まれたという電話を受けます。急ぎ駆け付けた鈴木の目に入ったのは、顔を包帯でぐるぐる巻きにした遥の姿でした。
遥は友人とカラオケに行った際に、才英館高校のボクシング部に所属する石原勇輔に殴られたのです。石原の父は有名な衆議院議員の息子でした。
学校の教頭・平沢は鈴木に大金を渡して内々に済ませようとし、加害者・石原はへらへら笑っていて反省の念がありません。 この映画を無料で観る

【承】- フライ,ダディ,フライのあらすじ2

事件がきっかけで遥は心を閉ざし、またトラウマで病室の外に出られなくなります。
憤りを感じた鈴木は、石原に復讐すべく包丁を持って高校に行きます。ところが鈴木が乗り込んだ先は、石原の高校の隣の学校でした。鈴木はそこで、喧嘩に強い在日三世の高校生・朴舜臣と出会います。
鈴木から事情を聞いた舜臣は、凶器で挑もうとした鈴木を弱虫呼ばわりします。素手で相手を倒してこそ復讐になると言われた鈴木は、舜臣とその仲間・ゾンビーズに戦い方を乞いました。
折しも舜臣の高校が夏休みの長期休暇に入ることから、鈴木も出世をあきらめ会社に長期休暇願を出しました。そして夕子と遥には内緒で40日間の特訓に励むことにします。

【転】- フライ,ダディ,フライのあらすじ3

鈴木は毎日出社するふりをして、舜臣の元へ通いました。病院に通う夕子はマイカーでの迎えをやめ、鈴木は終バスで帰ります。
公園のランニング5周、砂を詰めたリュックを背負い石段を爪先立ちで上る、舜臣が投げたボールを避ける、腹筋や背筋20回、大木に吊るしたロープを上る…など、なまった体には過酷な練習でしたが、鈴木は必死で取り組みました。
徐々に鈴木の体力がアップしていき、ランニングも公園5周(5km)から徐々に8周まで増えていきます。鈴木は帰りのバスに乗るのをやめ、その代わりバスと並走し始めました。当然バスには歯が立ちません。
鈴木のやる気に感化された舜臣は、体力がついた鈴木に戦い方を教え始めました。

【結】- フライ,ダディ,フライのあらすじ4

終始相手から目を離すな、立って戦うボクサー相手には、相手を寝かせて戦うのが有利だ…鈴木と舜臣は練習を通じ心をかよわせます。
10歳の時、リストラされた会社員に刺された過去が舜臣にはあり、離婚して家を出ていた父と鈴木を重ねて見るようになります。
ゾンビーズは陰で、夕子に事情を話して体力アップの献立レシピを渡し、遥の病室に鈴木のトレーニング姿を写した写真を持参しました。
鈴木は練習最終日、終バスとの競走に勝ちます。
9月1日、ゾンビーズが才英館の始業式をジャックし、鈴木は石原に戦いを挑みます。全校生徒の見守る中、鈴木は石原に勝ちました。舜臣と視線を交わした鈴木は、遥の待つ病室まで走っていきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「フライ,ダディ,フライ」の商品はこちら