「フラガール」のネタバレあらすじ結末

フラガールの紹介:2006年公開の日本映画。町興しのためレジャー施設の誕生に向けて奔走する人たちの話を描く感動作。松雪泰子が、東京からフラダンスを教えに来るダンスの先生役で主演。豊川悦司、蒼井優らと競演している。

この映画を無料で観る

予告動画

フラガールの主な出演者

平山まどか(松雪泰子)、谷川洋ニ朗(豊川悦司)、谷川紀美子(蒼井優)、木村早苗(徳永えり)、熊野小百合(山崎静代)、佐々木初子(池津祥子)、神山愛子(浅川稚広)、蔦谷米子(安部魔凛碧)、相馬純子(池永亜美)、木村清二(高橋克実)、谷川千代(富司純子)、吉本紀夫(岸部一徳)

フラガールのネタバレあらすじ

【起】- フラガールのあらすじ1

昭和40年(1965年)、福島県いわき市の炭鉱町は危機に陥っていました。
その常磐町は炭鉱で栄えており、町のほとんどの人が炭鉱で働いていました。
しかし時代は石炭から石油へのエネルギー革命が押し寄せており、常磐炭鉱は、大幅な規模縮小に追いやられます。
苦悩した炭鉱会社の部長・吉本は、生き残りをかけた町興しとして、「常磐ハワイアンセンター」というレジャー施設を作ろうと決意しました(注:常磐ハワイアンセンターは実在し、現在はスパリゾートハワイアンズとして営業しています)。
吉本は本場ハワイでフラダンスを習い賞も受賞した平山まどかを教師として呼び、ハワイアンダンサーを募集します。 この映画を無料で観る

【承】- フラガールのあらすじ2

早苗と紀美子は親友でした。早苗は「求む、ハワイアンダンサー」のポスターを見て、紀美子を誘いました。
応募者は集まりました。しかし吉本がフラダンスの見本としてビデオを流し、腰を振って踊る露出の高い女性の姿を見て、皆帰ってしまいます。残ったのは紀美子、早苗、小百合、初子だけでした。
SKD(松竹歌劇団)で踊っていたまどかが、東京から来ます。若者男性は色めき立ちました。
まどかは二日酔いで現れます。母の作った借金に追われるまどかは、素人の娘に踊りを教える気はなかったのです。紀美子らは落胆しました。
しかし翌日まどかが踊る姿を見た紀美子ら4人は、その美しさに魅了され、真剣に学びたいとまどかに訴えます。

【転】- フラガールのあらすじ3

まどかも紀美子らの熱意に押され、次第に真面目に踊りを教え始めました。まどかと紀美子ら4人は必死でフラダンスの練習をします。
皆が必死で練習している姿を見て、ダンサーを希望する女性が現れ始め、メンバーも増えました。
紀美子がフラダンスを学んでいるのが母・千代にばれました。千代は怒り狂い、紀美子は家を出て教室で寝泊まりします。炭鉱で働く紀美子の兄・洋二朗は、紀美子と千代の和解を願いますが、なかなか叶いません。
衣装合わせをする早苗を見た父・清二が殴り、それを知ったまどかは、銭湯の男湯に突入して清二を殴ります。
早苗一家が北海道・夕張に引っ越すことになり、まどかと紀美子は別れを惜しみました。

【結】- フラガールのあらすじ4

早苗から届いた小包を渡しに行った千代は、紀美子の美しい踊りを見て娘を理解します。
宣伝ツアーが始まりました。最初は笑顔がぎこちないメンバーですが踊りは好評で、新聞はじめマスコミが取り上げます。
いわき市でもレジャー施設の建設が着々と続いていました。
小百合の父が落盤事故で亡くなります。父が亡くなった頃に娘が踊っていたとは何事かと、地元は非難のムードになります。
責任を取ってまどかが先生を辞めて去ろうとしますが、紀美子らが必死で止めました。地元民を説得したのは、紀美子の母・千代でした。
いよいよ常磐ハワイアンセンターが初日を迎えます。フラガールたちはみごとなダンスを披露し、拍手喝采を浴びました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「フラガール」の商品はこちら