「フリーゾーン明日が見える場所」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

フリーゾーン~明日が見える場所~の紹介:恋人と別れて居場所のないレベッカは運転手のハンナの用事についていく。ハンナは夫の代わりにアメリカ人から金を受け取らなければならなかった。受取場所はフリーゾーンと呼ばれる場所で到着に遅れてしまう。着くと事務所にいたレイラからアメリカ人はいないと言われてしまう。アメリカ人のいる村に向かうが、到着すると村は燃えていた。レベッカとハンナ、レイラの3人の行く先々を描いた作品。

この映画を無料で観る

フリーゾーン明日が見える場所の主な出演者

レベッカ(ナタリー・ポートマン)、ハンナ(ハンナ・ラズロ)、レイラ(ヒアム・アッバス)

フリーゾーン明日が見える場所のネタバレあらすじ

【起】- フリーゾーン明日が見える場所のあらすじ1

物語はレベッカが窓の外を見つめながら泣いているシーンから始まります。レベッカは恋人と別れて辛かったのです。どこでも良いからここから去りたいというレベッカでした。
運転手のハンナに車を出してと言います。ハンナは今日ヨルダンで大切な用事があるから無理だと言います。エルサレムに家族はいないため、レベッカは一人だったのです。国境を越える長い旅になりますが、レベッカはハンナとヨルダンに向かいます。
検問所に到着すると最初はうまく通っていけます。しかし段々と厳しくなっていきます。目的などを事細かく聞かれます。荷物が多いために怪しまれ、車を解体されそうになります。荷物は置いていっても良いと言うと何とか突破できます。
検問を過ぎてからの道のりでレベッカは恋人と過ごした日々を思い出します。彼は戦争中に3日間戦って、2日間難民キャンプに居た時の事を話します。残された武器を持ち、たった一人で助けを待っていました。
すると農家の娘が一人生きているのを発見します。助けが来るまでの二晩、彼女と一緒にベッドで過ごした事を言います。その話しの後、レベッカは別れを告げます。 この映画を無料で観る

【承】- フリーゾーン明日が見える場所のあらすじ2

ハンナは道に迷ってしまっていました。助手席にいたレベッカは歴史の戦争話を夢中でします。ハンナはガソリンスタンドを見つけて入ります。
給油中にレベッカはコーヒーに誘われて奥の店に行きます。ハンナは戻るように言いますが、レベッカは入っていってしまいます。
ハンナがヨルダンに行くことになったのは、怪我をした夫の代わりに金を取りにいくためでした。何日か前にハンナが牛の離乳をしていると爆発音が聞こえます。
見に行くとモシェが血だらけになっていました。救急車を急いで呼びます。
モシェには運転手の仕事が入っていたのと、あるアメリカ人から金を受け取らなければなりませんでした。代わりに嫁のハンナが行うことになったのです。
金を取りに行く場所はフリーゾーンと呼ばれていて車を売買できます。道に迷ったのとガソリンスタンドで時間がかかってしまって遅刻気味です。
先方に電話をかけるハンナでした。すでに約束の3時は過ぎていて4時にはフリーゾーンは閉まってしまいます。電話でアメリカ人に待つように頼むハンナでした。

【転】- フリーゾーン明日が見える場所のあらすじ3

フリーゾーンに向かっている間、モシェやハンナの父親の話しなどレベッカは聞きます。住んでいた場所や戦争の体験話なども聞きます。
フリーゾーンに到着してハンナからモシェの仕事の話しを聞きます。装甲した車をアメリカ人に売って、更にそれをイラク人が買うのだと聞きます。
事務所に到着すると、もう閉まったと言われます。言ってきたのはパレスチナ人のレイラという女性でした。
電話で話したハンナだと言うと事務所の中に案内されます。お茶をすすめられますが、ハンナは金を取りに来たからアメリカ人を呼ぶように強く言います。レイラも黙ってはいませんでした。
強く言うのも理由があります。3万ドルもの大金だったからです。アメリカ人はここにはいないとレイラは言います。金の場所を聞くとアメリカ人の息子のワリッドが持っていると言われます。
居場所に案内してもらえることになって、レベッカはレイラの車に乗ります。後ろからハンナが追います。
レベッカとレイラはアラビア語など言語の話しで盛り上がります。バックミラーを見るとハンナがついてきていないのに気づきます。Uターンして見に行くとタイヤがパンクしていたのです。レイラとハンナは協力してタイヤ交換をします。

【結】- フリーゾーン明日が見える場所のあらすじ4

ワリッドのいる村に着くと家が燃えていました。村人達が火をつけたのだとレイラと仲の良いサミットが報告してきます。
ワリッドが過去に固執する父親が憎いのが原因で火はつけられたのだとレイラは言います。ワリッドはレイラの息子だったのです。サミットと協力してアメリカ人を連れてくると言うレイラでした。
レベッカとハンナは車で待ちます。ハンナは昔、花を栽培して生活していた事を話します。戦争で駄目になったと言います。結局イスラエルで確かなのは戦争だと考え、装甲車を売るようになったと語ります。
翌朝レベッカは男と話します。彼の生い立ちや、イスラエル軍によって家を破壊された事を話します。行き場を失って難民キャンプに行くと、アメリカ行きのチケットと金をもらえる話しにのることにしたと言います。実際に行くと嘘で、処分するための口実だったと言います。
アメリカ国籍をもらって帰国した彼は、車業界で働いて長くなると言います。あなたがアメリカ人?とレベッカが聞くとイエスと彼は答えます。しかし、パレスチナ人だよと言います。
レイラはワリッドが金をもって国境に逃げた事を知ります。ハンナに協力を求めて、レベッカと3人で国境に向かいます。途中ラジオで緊急速報が流れます。テロの危険があるため、ヨルダンの国境は閉鎖されているとのことです。
検問所に到着すると通る前に金を出せとハンナが言います。本当は持ってると怪しむハンナとレイラはケンカになります。レベッカは車から飛び出して国境を越えていきます。警備が追いかけていきます。夜になっても車の中でケンカするハンナとレイラをバックにエンディングとなります。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「フリーゾーン明日が見える場所」の商品はこちら