「フレフレ少女」のネタバレあらすじ結末

フレフレ少女の紹介:2008年公開の日本映画。野球部エースに一目ぼれした文学少女が、ひょんなことから応援団長になってしまう青春映画。本来は学校統合や家族の転勤などやむを得ない事情がない限り、転校して1年間は野球試合への出場資格を得られない。

予告動画

フレフレ少女の主な出演者

百山桃子(新垣結衣)、山本龍太郎(永山絢斗)、遠藤譲二(柄本時生)、大坪泰平(斎藤嘉樹)、田村晃(染谷将太)、大門教諭(柳ユーレイ)、大嶋秀樹(本多拓人)、仮屋(モロ師岡)、北村(中沢青六)、海野(鈴木晋介)、玉井(伊藤洋三郎)、柳原源蔵(内藤剛志)

フレフレ少女のネタバレあらすじ

【起】- フレフレ少女のあらすじ1

桃子は文学少女で、小説世界の恋に夢中な櫻木高校2年生です。ある日野球部のボールが直撃し、桃子は気絶します。保健室で目を覚ました桃子に平謝りしているのは、野球部ピッチャーの大嶋でした。運命的な出会いに、桃子は大嶋に一目ぼれしてしまいます。ところが大嶋は学校中の女子のハートを一身に集めるヒーローで、桃子がラブレターを書いても渡せませんし、野球部のマネージャーも定員枠いっぱいでした。ライバルの多さにたじたじとなる桃子の目に、一人で応援練習をしている龍太郎の姿が入ります。龍太郎の言葉「我々は、どんな困難にも諦めず立ち向かわなければならない!」に心を動かされた桃子は、廃部寸前の応援部に入部しました。

【承】- フレフレ少女のあらすじ2

部活動を維持するためには、最低5人の部員が必要と聞いた桃子は、団員を確保するために必死で奔走します。桃子の熱意にほだされて、パンクが好きな元吹奏楽部員・譲二、音痴な元コーラス部員・晃、軟派な元ウエイトリフティング部員・泰平が集まりました。上がり症の龍太郎は桃子を応援団長にすることを提案し、満場一致で決まります。部活動を始めた5人は櫻木高校野球部の応援に出かけますが、最初の応援はさんざんで、野球部は負けてしまいました。対戦相手の強豪・不知火学園の応援部にも、応援部同士がおこなうエール交換の価値がないとけなされます。追い打ちをかけるように、大嶋はその不知火学園に転校してしまいました。

【転】- フレフレ少女のあらすじ3

意気消沈した桃子たちの前に現れたのは、応援団部OBの柳原です。柳原は「山あり海ありコイあり」の合宿を持ちかけ、部員たちは嬉々として参加しました。ところが待ち受けていたのは、柳原と同期の仮屋、北村、海野、玉井たち猛者OBで、部員たちは元OBに猛特訓されます。ついでにいうと、コイは「恋」ではなく「鯉(のぼり)」でした。何のために応援をするのか、応援しても意味がないと思っていた部員たちは、次第に柳原たちの熱意を受け止め、応援に対し真剣に取り組み始めます。合宿最終日に大団旗を掲げて山道を歩く「団旗行軍」をなしとげた部員たちは、生まれ変わったようにいきいきしていました。甲子園の予選が始まります。

【結】- フレフレ少女のあらすじ4

普段の学校生活でも学ランに身を包んだ団長・桃子は、学校中の生徒に応援を仰ぎますが皆は冷たい反応です。エース・大嶋のいない野球部は見込みがないからです。しかし必死で応援を呼び掛ける桃子たち応援団部の熱意を受け、学校中が徐々に応援ムードになります。いよいよ不知火学園との対戦の日がきました。やる気のない野球部を待っていたのは、吹奏楽やチアガール、一般生徒達でした。彼らは応援団の指揮のもと必死で野球部を応援し、やる気を取り戻した野球部は9回裏に逆転し、櫻木高校は不知火を破りました。不知火応援団も櫻木を認め、エール交換をします。卒業式の日、学ランを脱ぎセーラー服に戻った桃子は、龍太郎の胸に飛び込みます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「フレフレ少女」の商品はこちら

フレフレ少女 ナビゲート [DVD]