「ブルックリン」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ブルックリンの紹介:ニューヨーク・ブルックリンに移住したアイルランド出身の若い女性の姿を描いたヒューマンドラマ。主役を演じたシアーシャ・ローナンの演技が高く評価された作品で、ニューヨーク映画批評家協会賞を始め、多数の映画賞で主演女優賞を獲得した他、アカデミー賞主演女優賞にもノミネートされた。

この映画を無料で観る

予告動画

ブルックリンの主な出演者

エイリシュ・レイシー(シアーシャ・ローナン)、ローズ・レイシー(フィオナ・グラスコット)、トニー・フィオレオ(エモリー・コーエン)、ジム・ファレル(ドーナル・グリーソン)、ミス・ケリー(ブリッド・ブレナン)

ブルックリンのネタバレあらすじ

【起】- ブルックリンのあらすじ1

舞台は1950年代。アイルランドの田舎町に暮らすエイリシュは、良い仕事に恵まれず閉塞的な日々を送っていました。そんなエイリシュにとって、姉のローズは美しく簿記係として活躍する憧れの存在でした。そんなある日、エイリシュはニューヨーク・ブルックリンへの移住を決断します。ローズの紹介でブルックリンに住む神父が仕事や寮の手配をしてくれるというのです。

姉と年老いた母を残して故郷を去ったエイリシュは、悲しむ間もなく激しい船酔いで体調不良に。そんなエイリシュを介抱してくれたのは、同室の女性でした。その女性はすでにアメリカに移住したアイルランド人で、一時帰郷の帰りでした。女性は無事に入国できるよう入国管理局でのふるまいもエイリシュに教えます。毅然とした態度で臨むこと、リップとチークをつけ明るい顔色にすること、地味過ぎず派手すぎない服を着ること…これを守ったエイリシュはついにアメリカへの入国を果たします。

しかし、内気な性格が災いしデパートの販売員の仕事はうまくいかず、寮生の下世話な話にもついていけません。そして、ローズからの手紙を読み、エイリシュは深刻なホームシックに罹ってしまったのです。 この映画を無料で観る

【承】- ブルックリンのあらすじ2

そんなエイリシュに転機となる出来事が起きます。一つは、神父が勧めた大学での簿記講義を受け始めたこと。簿記の勉強に目覚めたエイリシュは、ローズと同じように簿記係となる夢を抱くようになります。そしてもう一つの出来事は、イタリア系アメリカ人のトニー・フィオレオとの出会いでした。トニーの陽気さと誠実さにエイリシュは徐々に惹かれ、二人はデートを繰り返すようになります。それと比例するように、エイリシュは販売員の仕事でも見違えるような活躍を見せるようになっていました。

そして、エイリシュは簿記の試験に合格を果たし、トニーとも恋人関係に。まさに順風満帆な日々を送っていました。しかし、その矢先にエイリシュに悲報が届きます。最愛の姉ローズが病死したのです。

激しい悲しみに襲われたエイリシュは、ローズに苦労をかけてアメリカに来たことを後悔し始めていました。そんなエイリシュを慰めようと、トニーはロングアイランドの緑茂る土地に連れて行きました。その土地はトニーたち家族が購入を考えている土地で、トニーはエイリシュにロングアイランドで結婚生活を送ろうと伝えました。エイリシュはこの申し出を快諾します。

【転】- ブルックリンのあらすじ3

エイリシュは姉を弔おうと一時帰国を決めますが、トニーはエイリシュがもうアメリカに帰ってこないのではないか、と嫌な予感を覚えていました。この不安を払しょくするために、トニーはすぐに結婚することを提案、二人はお互いの家族に内緒で籍を入れることを決断します。役所での婚姻手続き中、トニーは近くにいたアイルランドから移住してきた男性と談笑していました。偶然にも、男性の妻はエイリシュと同じ出身地でした。

帰郷したエイリシュは、ローズの墓の前で涙を流しながらトニーとの結婚を報告します。しかし、故郷には吉報もありました。親友のナンシーが結婚するというのです。エイリシュはナンシーの結婚式のため一か月間の滞在を数日延ばすことにしますが、思わぬ形で故郷に後ろ髪を引かれることになります。ナンシーがエイリシュにジムという好青年を紹介し、さらに、ジムの紹介でローズの職場の手伝いをすることになったのです。ジムは教養があり紳士的で、トニーとはまた異なる魅力にエイリシュは惹かれてしまいます。そして、ローズの簿記の仕事を引き継いだエイリシュは、上司から絶大な信頼を寄せられてしまっていました。

【結】- ブルックリンのあらすじ4

トニーから手紙が届いていましたが、罪悪感からエイリシュはなかなか返事を出せないでいました。ナンシーの結婚式は済み、エイリシュはトニーの元に戻れる状態でしたが、ジムから愛の告白を受けてしまいます。

そんなある日、エイリシュはかつて働いていた食料品店の女店主ケリーに呼び出されます。ケリーはひどく意地が悪く、温厚なローズですら嫌悪していた女でした。驚くことに、ケリーはエイリシュが結婚していることを知っていました。ブルックリンに親せきがいる店の常連客から教えてもらったと得意げに話すケリー。役所でトニーが話していたアイルランド人一家がそうだったのです。ケリーはジムとの仲を取り上げてエイリシュを脅そうとしていました。しかし、エイリシュはこれを遮り、自分の本当の名前、エイリシュ・フィオレオをはっきりケリーに名乗り、店を出て行ってしまいます。

忘れてしまっていた街への絶望感を再び思い出したエイリシュは、急いでアメリカに発つ準備をします。ジムとの交際を喜んでいた母に結婚を報告すると、母はエイリシュに別れを告げただ静かに抱きしめるのでした。ジムには会わず別れの手紙だけを送り、エイリシュは再び船旅へ。船には、ブルックリンに向かう垢抜けない少女も乗船していました。エイリシュはかつて船で出会った女性のように、少女に船旅とアメリカでのふるまいを教え始めました。そして、やがて行き着いたその地は故郷になる、と伝えるのでした。

ブルックリンに到着すると、エイリシュはまるで何もなかったかのような表情で仕事終わりのトニーを待ち構えていました。二人は熱い抱擁を交わし、再会を喜ぶのでした。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

故郷を離れて都会で暮らす人にぜひお薦めしたい一本です。きっと何かしら主人公に共感を抱くと思います。また、注目して欲しいのは主人公のファッション。1950年代ファッションもかわいらしいですが、主人公の故郷アイルランドを象徴する緑色が印象的に使われているのがとても素敵です。

映画の感想を投稿する

映画「ブルックリン」の商品はこちら