「ブロンコ・ビリー」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ブロンコ・ビリーの紹介:1980年公開のアメリカ映画。監督・主演はクリント・イーストウッド。拳銃の曲撃ちや荒馬乗りを披露する“ワイルド・ウェスト・ショー”を催すために、6人の団員と全米各地を巡業するブロンコ・ビリーの姿を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

ブロンコ・ビリーの主な出演者

ブロンコ・ビリー(クリント・イーストウッド)、リリー・アントワネット(ソンドラ・ロック)、ドク・リンチ(スキャットマン・クローザース)、レフティ(ビル・マッキーニー)、レオナード(サム・ボトムス)、ジョン・アーリントン(ジェフリー・ルイス)、アイリーン(ビヴァリー・マッキンゼー)

ブロンコ・ビリーのネタバレあらすじ

【起】- ブロンコ・ビリーのあらすじ1

〝ワイルド・ウエスト・ショー〟という旅回りの一座のリーダーは、ブロンコ・ビリーという男でした。ショーは西部男たちの荒っぽい所業を見せるものです。
曲芸をするビッグ・イーグル、その妻のロレーン、投げ縄の達人・レオナード、左利き2丁拳銃・レフティ、司会者のドク・リンチなどの仲間と、花形のビリーはアメリカ各地を巡業します。
ビリーは有名で子どもたちに人気がありますが、一部の大人たちには「時代遅れの一座」と思われました。
慈善事業もおこなうため、一座は経済的にいつも苦しい状況です。それでも仲間はビリーを慕い、ついていきます。
カンサスに入ったビリーは興行許可証を得るため役所に行きました。 この映画を無料で観る

【承】- ブロンコ・ビリーのあらすじ2

ビリーはそこで、ジョンとリリーのカップルに会います。彼らは結婚許可証をもらいに来ていました。
リリーは父の遺産を相続するために、しぶしぶ結婚します。ジョンとの初夜がいやなリリーは強気な性格も災いし、ジョンを怒らせます。ジョンはリリーの持ち物を全て奪って、ホテルから消えました。
リリーは母・アイリーンに電話したいのですが、通話代金10セントのお金がありません。ビリーに金を借りたリリーですが、話し中で母と会話できませんでした。
着の身着のままで困ったリリーは、ビリーの一座に隣の村まで連れていってもらうことにします。
ビリーはいつも助手の女性に困っていました。危ない仕事をするので、皆逃げるのです。

【転】- ブロンコ・ビリーのあらすじ3

隣の村でリリーはビリーの助手を引き受け、見事こなしました。
リリーの母・アイリーンはリリーが行方不明になり弁護士に相談します。ジョンが妻殺しをした過去があることから、弁護士とアイリーンはジョンがリリーを殺したのではないかと思いました。
新聞に自分が殺されたという記事が載ったのを見たリリーは嘆きます。
ジョンは逮捕され「腹立たしくて殺す気にもなれなかった」と言いますが、弁護士が50万ドルの報酬をちらつかせ、ジョンはリリー殺害を供述しました。
リリーは最初は一座に反発していましたが、行動を共にするうち、みんなやビリーの優しさに触れます。特にビリーは子どもたちの英雄で、リリーはビリーに惹かれました。

【結】- ブロンコ・ビリーのあらすじ4

ある夜リリーが酔っ払い2人組に暴行されそうになり、ビリーとレオナードに助けられますが、レオナードが誤認逮捕されます。ビリーはレオナード釈放のため、有金を保安官に差し出しました。
さらに火事で一座の持ち物をなくしたビリーは、失意に暮れます。
なんとか復帰できた一座が行った保養施設にジョンがいました。ジョンはアイリーンたちの陰謀を話し、リリーは怒ってNYに戻ります。
すっかりビリーの助手として、一座の一員となっていたリリーがいなくなったことで、ビリーは落胆しました。仲間はビリーを心配します。
ある夜、テキサス州アビリーンでショーを開いた一座の前に、リリーが衣装をまとって現れました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ブロンコ・ビリー」の商品はこちら