「プライベート・ライアン」のネタバレあらすじ結末

プライベート・ライアンの紹介:アメリカ製作の戦争映画。第2次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦を舞台に、1人の兵士の救出に向かう兵隊たちの姿を描く。日本公開は1998年。

この映画を無料で観る

予告動画

プライベート・ライアンの主な出演者

ジョン・H・ミラー(トム・ハンクス)、マイケル・ホーヴァス(トム・サイズモア)、リチャード・ライベン(エドワード・バーンズ)、ダニエル・ジャクソン(バリー・ペッパー)、スタンリー・メリッシュ(アダム・ゴールドバーグ)、エイドリアン・カパーゾ(ヴィン・ディーゼル)、アーウィン・ウェイド(ジョバンニ・リビシ)、ティモシー・E・アパム(ジェレミー・デイビス)、ジェームズ・フランシス・ライアン(マット・デイモン)

プライベート・ライアンのネタバレあらすじ

【起】- プライベート・ライアンのあらすじ1

フランス・ノルマンディーのアメリカ人記念墓地を訪れたジェームズ・ライアンは、ある墓の前に行くと、その場で泣き崩れます。ライアンは、1944年のノルマンディ上陸作戦を思い出します。
第2次世界大戦の真っ只中、米英連合軍はオマハビーチでドイツ軍の銃撃を受け、多くの歩兵が命を落としました。どうにか生き長らえた陸軍大尉のジョン・ミラーに、軍の最高首脳から「3人の兄を戦争で失った末っ子のジェームズ・ライアン2等兵を探し出し、故郷の母親の元に帰国させよ」という命令が下ります。
ジョンは古参軍曹のホーヴァス、2等兵のレイベン、カパーゾ、メリッシュ、狙撃手ジャクソン、衛生兵のウェード、ドイツ語が堪能な実践経験ゼロのアパムを選び、行方知らずとなったライアン2等兵を探すために敵地の前線へと向かいます。 この映画を無料で観る

【承】- プライベート・ライアンのあらすじ2

ジョンは兵士たちと共に、フランスの村を進みます。廃墟の街でドイツ軍から攻撃を受けたジョン一行は、次々と銃弾に倒れていきます。
レイベンは何故1人の兵士のために8人の兵士が命をかけなければならないのか、と怒りを爆発させます。ジョンは皆をまとめるため、自分はかつて高校教師で、ライアン2等兵を探し出して妻の元に帰ることが自分の任務だと淡々と語ります。
ジョン一行は空挺団の情報から、ライアン2等兵がヴィアヴィル付近に降下したとわかり、前線に進みます。そこで敵の戦車に見つかるも、間一髪で空挺部隊に救われ、その中に偶然ライアン2等兵を発見します。ライアン2等兵は、ジョンの口から兄たちの死亡と帰国命令を聞かされます。

【転】- プライベート・ライアンのあらすじ3

ライアン2等兵は、仲間を残して自分だけ帰国することはできないと拒否します。ジョンはライアン2等兵に1人の兵士を探すために22名の兵士が死亡したことを告げますが、彼は揺るぎない意志を持っていました。
やがてライアン2等兵の思いはジョン一行の心を捉え、ドイツ軍と一戦を交えるために共に踏みとどまり、帰還することを決意します。彼らは限られた兵器を用いて、極力敵兵の数を減らしてから、河の向こう岸に退却して橋を爆破させるという作戦を立てます。
ジョンが部下と共に配置につき待機していると、戦車の轟音を響かせるドイツ軍部隊が姿を現します。ジョンはドイツ軍を十分に引きつけてから、射撃開始を命令させ、最後の戦闘を開始します。

【結】- プライベート・ライアンのあらすじ4

不十分な兵力と装備で戦う中、ジョンの部下は次々と銃弾に倒れていきます。ライアン2等兵をかばいながら戦うジョンはついに致命傷を負い、ドイツ軍の戦車が橋を渡るのを拳銃で応戦します。
その瞬間、上空に味方の戦闘機が現れ、戦車を爆撃し状況は一転します。ドイツ軍は壊滅するも、瀕死の重傷を負ったジョンは、ライアン2等兵に自分たちの死を無駄にしない生き方をしてほしいと頼み息を引き取ります。
月日が経過して現代。年老いたライアンは、ジョンが眠る墓地に花輪をたむけて涙を流します。自分の子どもや孫たちに見守られる中、ライアンは墓地の前で敬礼します。そしてジョンが最期に残した言葉を噛み締める場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「プライベート・ライアン」の商品はこちら