「ヘドウィグアンドアングリーインチ」のネタバレあらすじ結末

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチの紹介:2001年公開。男性から性転換したロックシンガーの数奇な人生を描いた作品。オフ・ブロードウェイで大ヒットしたロックミュージカルを映画化。サンダンス映画祭では最優秀監督賞、最優秀観客賞を受賞するなど、海外の賞を多数受賞した作品。監督・脚本・主演は舞台版と同じく、「ラビット・ホール」で監督を務めたジョン・キャメロン・ミッチェル。トミー役には「シルク」のマイケル・ピットが出演。

予告動画

ヘドウィグアンドアングリーインチの主な出演者

ヘドウィグ&ハンセル(ジョン・キャメロン・ミッチェル)、スキシプ(スティーヴン・トラスク)、イツハク(ミリアム・ショア)、トミー・ノーシス(マイケル・ピット)、フィリス・スタイン(アンドレア・マーティン)

ヘドウィグアンドアングリーインチのネタバレあらすじ

【起】- ヘドウィグアンドアングリーインチのあらすじ1

男性から性転換したロック・シンガーのヘドウィグは、二番目の夫のイツハクやバンドメンバー達、マネージャーと全米各地で旅をしながら歌っていました。客受けは悪く、ファンも少ない様子です。
ある店でライヴをしていると、隣では売れに売れまくっているミュージシャンことトミー・ノーシスがライヴをしていました。
ヘドウィグは彼の曲を制作したり、指導をしていたものの現在は犬猿の仲です。裁判で争っている状態です。
マネージャーから作戦を言い渡されます。トミーと仲良くいるところを隠し撮りさせて、裁判を有利にしようとする戦法です。
イツハクはヘドウィグに夜の生活など不満を抱いていました。ヘドウィグは旧東ドイツで生まれたことを思い出します。父はヘドウィグに性的な悪戯をしていて、母が追い出します。
現在に戻って、ヘドウィグはライヴで愛の起源についての歌を歌います。
ヘドウィグは子供時代、ハンセルという名前でした。ベルリンの壁が築かれて、多くの人が西側へと移ります。

【承】- ヘドウィグアンドアングリーインチのあらすじ2

しかし、母は東に行くことを決めます。そこで暮らし始めて、ハンセルはアメリカのラジオを聞きながら、名曲の数々を聞くようになります。
今日のライヴの観客は一人でした。ヘドウィグは観客を隣に座らして、過去を語り始めます。
大学を追われたヘドウィグは母と暮らす日々を送っていました。爆撃の後の場所で、全裸になって日向ぼっこをします。
そこに現れたのはアメリカ人のルーサー軍曹でした。彼はヘドウィグを大層気に入って結婚したいと言います。
母は自分のパスポートを渡して、ヘドウィグとして生きなさいと言います。東ドイツから抜け出して、アメリカに行くためにも、性転換することにします。
手術は失敗に終わり、股間には1インチの肉の塊が残ります。現在に戻って、怒りの1インチの歌を歌います。
その歌を聞いた男性客が、怒りに我を忘れて殴りかかってきます。そこからは乱闘騒ぎに発展します。
ルーサーとヘドウィグは結婚しますが、ユーゴスラビア人の美人を見つけてルーサーは出て行きます。
独りになったヘドウィグは、スーパーのレジ打ちの女王となったことを歌います。バンドメンバーもやってきて、カツラやメイクの歌も歌います。

【転】- ヘドウィグアンドアングリーインチのあらすじ3

現在に戻って、ヘドウィグはマネージャーとトミーのライヴ会場に行きます。入ろうとしますが、SPがやってきて追い出されます。
作戦が失敗して苛立つヘドウィグは、メンバーがブラジャーを乾燥機にかけたことにブチ切れます。
ヘドウィグは数少ないファンを集めて、トミーとの出会いを語ります。スペック将軍の子守りを始めて、もう一人の息子トミーと出会います。
韓国人の妻達をメンバーにして、ヘドウィグは小さなお店で初めて作った歌を歌います。名刺を渡していたので、トミーが見に来ていました。
トミーは父からギターを買ってもらっていました。彼の純粋な目を見たヘドウィグは、ロック講座を開いて教えます。それからトミーは頭角を表してファンが増えて行きます。
ある日、父に怒られたトミーがヘドウィグに泣きついてきます。キスをして男女の関係になろうとした瞬間、トミーはヘドウィグの1インチに気づきます。彼は逃げ出します。
現在に戻って、ライヴ資金は底をつきます。イツハクは一人でミュージカル「レント」のオーディションを受けていて、受かります。
ヘドウィグに別れを告げますが、パスポートを握られていて、怒ったヘドウィグが破り捨てます。マネージャーとイツハクは出て行きます。

【結】- ヘドウィグアンドアングリーインチのあらすじ4

それから3週間が経って、ヘドウィグは体を売っていました。そこにトミーが現れて、曲の製作者としてヘドウィグの名前をつけたことを知らせてきます。
これは裁判の問題にもなっていたことで、二人は仲直りします。運転しながらキスしようとすると、事故を起こしてしまいます。二人は逮捕されて、関係は悪化します。
騒動によってヘドウィグは、全米で面白い人物100人の中に選ばれます。多くのお客さんがライヴを見に来てくれるようになります。イツハクもマネージャーも戻ってきていました。
テンションの上がったヘドウィグは、ライヴ中に楽器を破壊します。カツラもとって、胸に仕込んでいたトマトを取り出して潰します。
そのままトミーのライヴ会場へと入っていきます。トミーの曲に心打たれたヘドウィグでした。
ヘドウィグはトミーと同じトレードマークの十字架を額にかいて、パンツ一枚にカツラ無しでライヴを始めます。
歌いながらカツラをイツハクに渡します。感動したイツハクはカツラを被って泣き始めます。
ライヴが終わって、全裸になったヘドウィグは街路地を歩いて行きます。最後に愛の起源の歌が流れてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の主人公、ヘドウィグは見た目のケバケバしさなどから、この作品を敬遠してしまいそうになります。しかし実際に映画を見てみると、素晴らしい内容で名作だと感じることができます。
ヘドウィグが魂をぶつけて歌うステージの数々は、文句なしにかっこ良く、心を打ちのめされます。特にアングリーインチを歌うヘドウィグの荒々しさには驚かされます。
バラード調の韓国人の妻達をメンバーに迎えて歌った曲も素晴らしく、そして「愛の起源」は何度も聞きたくなる名曲です。一緒に流れるアニメーションも素晴らしいの一言です。
ヘドウィグの性別の設定が、性別や見た目ではなく、人を愛することの大切さをはっきりとさせています。見る側に対して、その大切さを一直線に心に向かって伝えてきます。
内容のみならず、演出もしっかりと丁寧に作られています。そして、それ以上に評価すべきなのは、全編を通して流れる楽曲の素晴らしさです。
その数々の楽曲が、この作品のテーマを根底から支えていて、映像に加えて音楽を通して強く訴えかけてきます。
舞台ではロングヒットを記録して、マドンナが楽曲の権利を手に入れようとしたことは有名です。様々な国でも舞台は上演されていて、日本でも三上博史や山本耕史、森山未來が主演で上演されました。
最後まで見終わって、音楽も映像も素晴らしくて、飽きの来ない作品だと思いました。毎回見るたびに面白い発見ができる映画で、お勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「ヘドウィグアンドアングリーインチ」の商品はこちら