「ホタル」のネタバレあらすじ結末

ホタルの紹介:2001年公開の日本映画。『鉄道員(ぽっぽや)』の降旗康男監督と高倉健が再タッグを組んだ作品。特攻隊の生き残りの漁師が昭和の終焉に直面し、不治の病に侵された妻とともにある〝旅〟に出ることを決意するさまを描く。

ホタルの主な出演者

山岡秀治(高倉健)、山岡知子(田中裕子)、藤枝真実(水橋貴己)、山本富子(奈良岡朋子)、藤枝洋二(井川比佐志)、金山文隆〔キム・ソンジェ〕(小澤征悦)、緒形成文(小林稔侍)、竹本(夏八木勲)、鉄男(原田龍二)、山崎(石橋蓮司)、中嶋(中井貴一)

ホタルのネタバレあらすじ

【起】- ホタルのあらすじ1

鹿児島県の桜島を望む知覧(ちらん)町で、カンパチの養殖業をしている山岡は、肝臓を患って人工透析を続ける妻・知子とふたりで暮らしています。
山岡と知子には子どもがいません。その代わり山岡たちは漁船〝とも丸〟をわが子同然に大事にしていました。
元号が昭和から平成に変わったある日、山岡のところに知らせが届きます。それは、青森で暮らす戦友・藤枝が雪山で自殺したというものでした。
山岡と藤枝は共に「特攻隊(戦死を前提とする必死の攻撃隊)」の生き残りで、藤枝は山岡に毎年りんごを送っていました。山岡はショックを受けます。
後日、山岡を訪れた藤枝の孫・真実は、藤枝のノートを山岡に見せました。

【承】- ホタルのあらすじ2

そこには手紙の下書きと思われる文章が綴られています。
りんごがうまいと書かれた山岡の手紙を読むたびに「生きろ」と言われているように感じて心強かったこと、しかし昭和も終わり自分が生きている意味はなくなったこと…。
山岡は特攻隊の頃を思い出しました。
ある日、山岡は特攻隊員たちに〝知覧の母〟と呼ばれた富屋食堂の女主人・富子から、おりいっての頼みを受けます。
富子は特攻に出てそのまま亡くなった金山少尉…本名キム・ソンジェの遺品を、体の弱った自分の代わりに韓国へ行って遺族に届けてほしいと言いました。
ためらう山岡でしたが、知子の主治医・中嶋から、知子の余命が長くて一年半だと聞き、富子の依頼を受けます。

【転】- ホタルのあらすじ3

…というのも。金山は実は知子の初恋の相手であり、結婚を約束した許嫁(いいなずけ)だったのでした。
山岡は、金山が死んで自分もあとを追おうとした知子を止め、いっしょになったのです。
山岡と知子はふたりで海を渡り、韓国へ行きました。
しかし当然のことながら、金山の生家の人たちは、山岡たちを歓待しません。むしろ「なぜ自分たちの子どもが死に、日本人のお前が生き残っているのだ」と山岡を罵ります。
山岡は金山が残した遺言――自分は大日本帝国のために出撃するのではない。恋人や朝鮮民族、朝鮮にいる家族のために出撃するのだ――ということを伝えました。

【結】- ホタルのあらすじ4

罵倒は消え、金山の母らしき人物が進み出ます。その女性は、山岡から遺品を受け取りました。
そのあと、山岡と知子は朝鮮民謡・アリランの歌を聞きます。それは、だれが歌っているか分からないものでしたが、金山を追悼する意味をこめたもののようでした。
山岡は知子に、それまでその遺言を伝えなかったことを詫びます。知子は「ありがとう」と言って泣きながら山岡に寄り添いました。
その場所にホタルが飛んできます。それはちょうど、死んだ金山がホタルとなって戻ってきたようでした。
歳月は流れ、21世紀になります。
山岡も年を取りました。役目を終えたとも丸を燃やしながら、山岡はいつまでもたたずんでいました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ホタル」の商品はこちら