「ボクは坊さん。」のネタバレあらすじ結末

ボクは坊さん。の紹介:2015年10月24日に公開された伊藤淳史主演、真壁幸紀監督の映画作品。山本三月・溝端順平・浜田岳など豪華キャストが共演。24歳で四国八十八箇所の栄福寺住職になった白川密成氏のエッセイをもとに映画化された。主人公が足を踏み入れた知られざるお坊さんの世界、様々な体験や人々との交流をとおして成長していくヒューマンドラマ。

映画「ボクは坊さん。」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「ボクは坊さん。」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

ボクは坊さん。の主な出演者

Array

ボクは坊さん。のネタバレあらすじ

【起】- ボクは坊さん。のあらすじ1

愛媛県にある四国八十八箇所の栄福寺の朝の風景。主人公の祖父である住職が日課である本堂での勤行をしています。
母が落ち葉を掃くその実家の寺である境内から、今日も主人公である青年、白方進が出勤します。
主人公は書店員として働いているのです。お坊さんではないのでもちろん有髪。
主人公には仲のよい幼馴染みの会社勤めをしている越智京子とバーテンダーの桧垣真治がいて、書店や実家の寺にも遊びに来たりしていて交流は続いています。
主人公の父も僧侶ではなく違う仕事をしています。
高齢である祖父である住職には跡継ぎはいないのかと檀家である新居田明らに尋ねられもしますが、祖父は「孫(進)がいるが、なにぶんまだ若いもんで・・・」とだけ答えます。

【承】- ボクは坊さん。のあらすじ2

そんななか、祖父が突然の入院そして亡くなってしまいます。
病院に駆けつけた主人公は、祖父の跡を継ぎ、僧侶として生きていく決意をし頭を丸めました。
それから24歳で住職となった主人公ですが、寺に生まれたものの、お寺の世界は独特ではじめてのことばかり。
突然高額の仏具の営業マンが訪れたり、お坊さんグッズの通販パンフレットをみたり、坊さんばかりの野球チームに誘われたり、地域に古くからいる檀家とのつきあいでは若さと経験不足のため何かとダメだしされたり、幼馴染み京子の結婚式をお寺でとり行ったりと、一歩ずつお坊さんとして着実に歩んでいきます。
また同じ仏教系の大学で学んだ同級生栗本はお坊さんにならず会社勤めをしていましたが、突然会社を辞めアパートに引きこもってしまいますが、他の同級生とともに彼を高野山に連れ出し励ましたりしました。

【転】- ボクは坊さん。のあらすじ3

ある日、坊さん野球チームの一員として野球の真っ最中のこと。突然、父が慌てふためいてやってきて主人公に、「京子ちゃんが危ない」と告げます。
主人公はすぐさま京子の病院へ。病室に横たわる京子は酸素マスクをしたまま出産時の事故で植物状態になってしまったのです。
枕元のバックには主人公が贈った安産のお守りがしっかりと結ばれていました。
生まれてきた赤ちゃんは無事でした。
主人公のほかにももう一人の幼馴染み桧垣真治も駆けつけました。
京子の父もいましたが、酒びたりのようでした。
京子の父は、妻と離婚して以来ずっとそんな調子でした。
京子の夫は同じ会社の人でしたが、京子が植物状態になったとわかると、手のひらをかいしたように離婚すると言い出しました。
桧垣は許せずに京子の夫の会社まで行き殴りかかろうとするまでしましたが、京子の夫は結局妻と子の責任を取るつもりはありませんでした。
真言宗の開祖空海に「お大師様、あなたならどうされますか」と祈りながら導き出した答えは、主人公自ら赤ちゃんを自分の寺に引きとり、育てることでした。
なれない育児に奮闘する主人公。
お寺の新しい在り方を模索し寺に新たな施設を地域交流の場として建立するなど、住職として積極的に活動していきます。
その姿に、かつてダメだししていた古株の檀家である新居田は弘法大師空海の姿を重ね、直接本人には言わないまでも、主人公を認めるようになっていました。
そんな中、新居田も死を迎えます。
主人公は幼馴染み桧垣から京子の不幸な状態について話していたときに本当に仏教は人を救うのかそんな世界があると本気で信じているのか等を責めるように追求されるなど、度重なる心労により病院に行くほど寝込んでいた時でしたが、母に励まされ檀家寺の住職としての責任を全うするため立ち上がり、他のお寺に頼むことなく新居田の葬儀を立派に執り行いました。

【結】- ボクは坊さん。のあらすじ4

京子の赤ちゃんもすくすくと成長し、京子の父に合わせるため桧垣のバーであるお店に連れていくなどし、京子の父も笑顔です。
アパートに引きこもっていた大学の同級生栗本は連れ出した高野山で知り合った料理屋の娘とつき合いはじめ、結婚することになりすっかり元気になった様子です。
映画の冒頭で映し出された、愛媛県にある四国八十八箇所の栄福寺の朝の風景が再び登場します。
今まで祖父がしていた日課である朝の勤行を同じ所作で主人公がしています。
その姿からは、住職になりたての頃の戸惑いや若さからくる未熟さなどは感じられません。
信仰とお坊さんとして様々な経験や試練、人々とのふれあいをとおして成長し続ける主人公の姿が映し出され、幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ボクは坊さん。」の商品はこちら