「ボックス!」のネタバレあらすじ結末

ボックス!の紹介:2010年公開の日本映画。『永遠の0』などで知られる百田尚樹の同名小説を、映画化。ボクシングに情熱を賭ける2人の高校生の友情を描いた作品。

ボックス!の主な出演者

鏑矢義平〔カブ〕(市原隼人)、木樽優紀〔ユウキ〕(高良健吾)、丸野智子(谷村美月)、丸野祥子(清水美沙)、鏑矢こと美(宝生舞)、鏑矢昌美(山崎真実)、高津耀子(香椎由宇)、沢木一至(筧利夫)、稲村和明(諏訪雅士)、レフリー(平良あきら)

ボックス!のネタバレあらすじ

【起】- ボックス!のあらすじ1

ユウキこと木樽優紀は小4まで大阪で暮らし、その後東京へ引っ越しましたが、高校からまた大阪に戻ってきました。恵比須高等学校の特進クラスに入る、優秀な生徒です。
ある日ユウキは英語教師の高津耀子と電車に乗っていて、不良にからまれました。それを救ってくれたのは、同級生のカブこと鏑矢義平です。
ユウキとカブは久しぶりの再会に心から喜びます。カブは体育科で、科が異なるためその日まで同じ学校に通うことに気づきませんでしたが、カブとユウキは小4まで超仲良しの親友だったのです。
母子家庭同士ということもあり、小学生の頃のユウキはほぼ毎日、カブの自宅であるお好み焼屋さんで過ごしていました。

【承】- ボックス!のあらすじ2

カブは拳闘部、つまりボクシング部に所属し、日々練習に明け暮れていました。そんなカブの姿に触発され、ユウキもボクシング部への入部を決意します。
またカブにひとめぼれして押しかけマネージャーとなった丸野智子も入部しました。
カブは天才的なボクシングのセンスを持っており、鍛錬によりさらに強さに磨きがかかります。
ユウキはまずは体力づくりとガード(防御)の練習が課されました。来る日も来る日もカブとユウキはトレーニングします。
そのボクシング部の顧問となったのは、英語教師の高津耀子でした。顧問兼コーチの沢木の指導の下、部員たちは努力します。

【転】- ボックス!のあらすじ3

沢木の的確な指導により、ユウキは徐々に力をつけてきました。
迎えた大会の日、高校生活で1度も勝てたことのない先輩が稲村という対戦相手に惨敗し、カブとユウキはリベンジに燃えます。
そんな頃、カブを好きな智子が亡くなりました。智子はもともと病弱で、何度も入退院を繰り返す体でした。
カブは智子が作ってくれた「練習ノート」を持ち歩き、日々鍛錬に励みます。
高校3年の国民体育大会の日が近づきます。
大阪玉造高校には、超高校級の無敗のモンスターと恐れられる、稲村和明という存在がいました。

【結】- ボックス!のあらすじ4

彼はすでにプロ入りも噂されています。
フェザー級で稲村と当たったユウキは、こてんぱんにやられて負けました。
その後、カブが稲村と対戦します。カブは稲村と接戦の末、最後の最後で勝利しました。
その後…。
社会人になったユウキがスーツ姿でカブの母のお好み焼屋「ことみ」に挨拶に来ます。
カブはというと、ハワイに移住して、「お好み焼屋ことみ ホノルル支店」を作っていました。
(エンドロール)そのホノルル支店で働くカブの様子と、お客さんとの交流が流れます…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ボックス!」の商品はこちら