「ボヴァリー夫人とパン屋」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ボヴァリー夫人とパン屋の紹介:文学好きのパン屋初老のマルタン。愛読書は『ボヴァリー夫人』という彼の隣に、ボヴァリーという名前の夫妻が引っ越してくる。やがて誰しもが予測しなかった出来事が起きる…。
ポージー・シモンズのコミックを2014年に映像化。監督は『ココ・アヴァン・シャネル』などのアンヌ・フォンテーヌ。ユーモアたっぷりだけど、官能的でファンタジー要素も強い人間ドラマ。

予告動画

ボヴァリー夫人とパン屋の主な出演者

マルタン・ジュベール(ファブリス・ルキーニ)、ジェマ・ボヴァリー(ジェマ・アータントン)、チャーリー・ボヴァリー(ジェイソン・フレミング)、バレリー・ジュベール(イザベル・カンディエ)、エルヴェ(ニールス・シュナイダー)

ボヴァリー夫人とパン屋のネタバレあらすじ

【起】- ボヴァリー夫人とパン屋のあらすじ1

パリの出版社勤めだった初老のマルタン・ジュベールは読書好きで、愛読書は仏の田舎で不倫と借金の末自殺する女性を描いた『ボヴァリー夫人』。マルタンは安らぎを求め7年前ノルマンディーに帰郷し、父のパン屋を継ぎました。
ある時ジュベール家の隣に、英国人のチャーリーとジェマ夫妻が越してきます。夫妻の苗字が“ボヴァリー”と聞いたマルタンは妙に興奮しました。また、マルタンはジェマの色っぽい仕草で、10年ぶりに性欲が湧きます。
ある夜ボヴァリー家が停電し、手伝ったマルタンはお礼に夫婦で家に招かれます。田舎の古い家にはネズミが出没し、ジェマは殺鼠剤が必要だと喚きました。それに対しマルタンは、ヒ素で自殺したボヴァリー夫人とジェマを勝手に重ね、殺鼠剤は絶対にダメだと語気を荒げます。ジェマは田舎での不便な暮らしに苛立ちを感じ始めていました。
ボヴァリー夫妻はマルタンの店で仏人の妻ウィジーと英国人の夫マークに出会い、チャーリーが美術品の修復士、ジェマも塗装の仕事をしているため家のリフォームを依頼されました。

【承】- ボヴァリー夫人とパン屋のあらすじ2

スリムなウィジーに、体に肉が付いていると言われたジェマはダイエットを始め、マルタンの店に来なくなりました。
マルタンは久しぶりに道でジェマに会いますが、彼女は背中をハチに刺され気絶してしまいます。マルタンは丁度通りかかった司法試験の勉強のため古い空き屋敷に帰省していたエルヴァと共に、病院へ向かいました。ジェマはアレルギー反応を起こしていましたが無事に回復します。
ある日ウィジーがリフォーム用に持っていた雑誌に、ジェマを捨てた元恋人パトリックが掲載されていて、ジェマは彼が結婚したことを知ります。ムッとして買い物に出かけたジェマはエルヴェと再会します。その様子をマルタンがじっと眺め、ボヴァリー夫人が不倫を始めた時を重ねていました。実際、エルヴェはジェマに魅かれていました。
チャーリーがマルタンらを夕食に誘ったため、ジェマは買い出しに出かけると再びエルヴェに遭遇します。彼は14世紀に建てられた自分の屋敷の見学に来ればよいとジェマを誘いました。

【転】- ボヴァリー夫人とパン屋のあらすじ3

マルタンは移動中にジェマの車を見かけ追いかけていくと、彼女がエルヴェの屋敷に入っていくのを目撃します。滞在時間は78分。何をしていたのか気になって仕方がなく、夕食会の最中もマルタンはそのことで頭がいっぱいでした。しかしジェマの首にキスマークを発見し、マルタンは二人が寝たのだと確信します。
ジェマとエルヴェはその後も逢瀬を重ねました。それを見張っているマルタンは小説と現実を混同させ、不倫の末自殺したボヴァリー夫人に倣わぬよう、ジェマを止めなくてはならないと思い込みます。小説で不倫相手が別れの手紙を書いたように、マルタンはエルヴェのフリをしてジェマに手紙を送りました。
手紙を読んだジェマはエルヴェに電話しますが、堅物な彼の母がパリから屋敷に来ていて、彼は電話に出られずにいました。息子の様子を察した母は彼を引き戻すことにし、エルヴェはジェマにパリへ帰るとメールを送りました。
落込むジェマを余所に、妻の不倫に気づいたチャーリーは一人家を出て行きます。

【結】- ボヴァリー夫人とパン屋のあらすじ4

ジェマは奇遇にもパトリックに再会します。離婚した彼はジェマに復縁を迫りますが、彼女はそれを受入れずチャーリーに愛していると留守電を入れました。
ジェマは引越しの準備を始めます。それを知ったマルタンは更に小説に準え、彼女が自殺するつもりだと勘違いし、話の流れで自分が手紙を送ったことがばれてしまいます。ジェマは怒らず、妄想はやめてとマルタンに優しくキスしました。マルタンはお詫びに“ジェマ”と名前を入れたパンを玄関先に置きました。
パトリックが家に来て、復縁に粘ります。ジェマは拒みながらマルタンのパンを食べると喉に詰まらせました。そこへ留守電を聞いたチャーリーが戻ってきますが、パンを吐き出させるためにジェマを抱えていたパトリックを見て誤解し、彼に殴りかかります。その間にジェマは窒息死しました。ジェマに翻弄された三人の男たちは、自分のせいだと嘆きました。
冬。隣にロシア人のカリーニンという人が越して来たと息子から聞いたマルタンは、早速挨拶に出掛けます。今度は『アンナ・カレーニナ』を思い浮かべたマルタンは、目を爛々とさせますが、会話が噛みあいません。ロシア人というのは息子の冗談で、相手は仏人だったのです。それでも、マルタンの妄想の暴走が再び始まりました。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

映画を観る際はどうしても主役の味方になりがちですが、冷静に考えるとこんなおじさんが隣に住んでいたら、ちょっと気持ち悪いですね(苦笑)

ジェマ役のジェマが違う作品では色気皆無という役柄だったので、この作品でのセクシーさに驚き、ドキドキしました。女性は多少ふっくらした体の方がいいという男性の意見を耳にしますが、ジェマを見て本当にそう感じました。
と、筆者は女性ですが、男性目線になってしまう作品でした。

映画の感想を投稿する

映画「ボヴァリー夫人とパン屋」の商品はこちら