「マイ・ルーム」のネタバレあらすじ結末

マイ・ルームの紹介:1996年制作のアメリカ映画。スコット・マクファーソンの戯曲『マーヴィンの部屋』を映画化した。白血病で余命いくばくもない女性をめぐって、女性と絶縁状態だった妹やその家族との交流を描いた作品。

予告動画

マイ・ルームの主な出演者

リー(メリル・ストリープ)、ベッシー(ダイアン・キートン)、ハンク(レオナルド・ディカプリオ)、ウォーリー医師(ロバート・デニーロ)、マーヴィン(ヒューム・クローニン)、ルース(グウェン・バードン)、チャーリー(ハル・スカルディーノ)、ボブ(ダン・ヘダヤ)

マイ・ルームのネタバレあらすじ

【起】- マイ・ルームのあらすじ1

フロリダに住む中年女性・ベッシーは未婚です。寝たきりで痴呆状態の父・マーヴィンと、明るくて気はよいのですが下半身不随で車椅子生活の叔母・ルースの介護をずっと続けていました。
ある日、ベッシーは体調不良でクリニックを訪問すると、急性骨髄性白血病と診断されます。
その頃、ベッシーの妹・リーは、離婚して2人の子供を養うため、美容師をめざして美容学校に通っていました。
しかし長男・ハンクが家に放火する事件が起こります。ハンクは隣家を巻き込む放火を起こして家出し、すぐに捕まりました。
ハンクは精神病の施設に入所します。

【承】- マイ・ルームのあらすじ2

住む家のなくなったリーと次男・チャーリーは、修道院に行きました。
ある日その修道院に姉のベッシーから電話がかかりました。リーとベッシーは20年間ほぼ絶縁状態にあります。
ベッシーは白血病であることを電話で告げ、親族からの骨髄移植が唯一救われる道だと言いました。
リーはハンクを施設へ迎えに行き、フロリダへ行きました。
未婚を貫きとおして父や叔母の面倒を見続けたベッシーと、家出するように結婚したリーの間にはわだかまりがあります。再会したベッシーとリーはぎこちなく会話をしました。

【転】- マイ・ルームのあらすじ3

しかしハンクは母に対抗するかのように、ベッシーに打ち解けていきます。リーはそんな息子を見て複雑な感情を抱きました。
最初は骨髄移植の検査を受けるのを拒否していたハンクは、リーとチャーリーが不適合だったのを知って、ベッシーの主治医・ウォーリーに検査を受けると言いました。
ベッシーとリーは衝突します。しかしその喧嘩を通じて互いの感情が理解でき、関係の改善に繋がりました。ベッシーは過去の自分の恋愛について語り、リーはベッシーのかつらを徹夜しておしゃれに仕上げます。
ディズニー・ワールドに出かけた一同は楽しい時間を過ごしました。

【結】- マイ・ルームのあらすじ4

離婚して家を出た父を美化して話すハンクに苛立ったリーは、離婚の原因が夫のハンクへの暴力だったと口を滑らせます。その直後ベッシーが突然病気のせいで倒れました。
ハンクはベッシーへ走り書きの手紙をしたためて家を出ます。それを見つけたリーは、ベッシーに心配かけまいと手紙を隠しました。
ベッシーにウォーリー医師から電話がありました。ハンクも不適合です。
しかしベッシーは屈託のない笑顔でリーに「こんなにも人(家族)を愛せて幸せだ」と告げました。
そして鏡に当たった光を反射させ、たくさんの光を壁に舞わせる遊びを父・マーヴィンと行うベッシーを見て、戻って来たハンクやリー、チャールズは集まってきました。

みんなの感想

  • T.F.Kさんの感想

    見るは価値ある。

    しかし、ウォーリー医師役は高い出演料だしてデニーロにする必要なし。ストーリー的に重要な人物でもない。

  • ymtさんの感想

    ラストがイマイチでした。
    結局、リーの元夫は?
    ハンクは父親探しをしていたのでは?
    というか、今まで父親探しをしていなかったのに、急に⁉︎
    ベッシー叔母さんは、その後どーなるんだ⁉︎
    寝たきりの父親と叔母の面倒は、みんなで診るの?
    病院の受付けの兄さんのキャラの必要性は⁉︎
    ディズニーって⁉︎
    全てが中途半端で、ツッコミどころ満載。
    あとは観る人に任せる感がハンパない…

映画の感想を投稿する

映画「マイ・ルーム」の商品はこちら