「マザーウォーター」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

マザーウォーターの紹介:2010年に公開された日本映画。京都を舞台に、ウィスキーバーの店主セツコ、コーヒー店のマスタータカコ、豆腐屋のハツミをはじめとする人々の暮らしを描いた作品。

この映画を無料で観る

予告動画

マザーウォーターの主な出演者

セツコ(小林聡美)、タカコ(小泉今日子)、ヤマノハ(加瀬亮)、ハツミ(市川実日子)、ジン(永山絢斗)、オトメ(光石研)マコト(もたいまさこ)、ポプラ(田熊直太郎)、ある人(伽奈)

マザーウォーターのネタバレあらすじ

【起】- マザーウォーターのあらすじ1

ウイスキーしか置いていない小さなバーを経営するセツコは、いつものように店を開けます。現れたのは家具屋を営む常連客のヤマノハで、彼がカウンターに腰掛けた途端に椅子が壊れます。文句を言うヤマノハに対して、セツコは「そこだけ椅子がないっていうのも不自然だし」と淡々と対応します。
後日、ヤマノハは壊れた椅子を修復し、セツコから礼としてカツサンドを振舞われます。メニューにしたら良いという提案に対して、セツコは面倒くさいと答えます。ヤマノハはセツコがモットーとする「適当」に興味を抱き、毎日のようにバーに来ては、何気ない会話を楽しんでいました。

【承】- マザーウォーターのあらすじ2

【転】- マザーウォーターのあらすじ3


Warning: nl2br() expects parameter 1 to be string, array given in /home/hmhm/hm-hm.net/public_html/wp-content/themes/hmhm/mainAreaSingle.php on line 137
この映画を無料で観る

【結】- マザーウォーターのあらすじ4

マコトの後押しもあり、満開になった桜が散りかける頃、ジンは街を離れることを決意します。同時期に、行方不明になっていたヤマノハの仕事仲間が見つかります。
ある夜、セツコのバーでハツミとタカコはポプラの世話をしていました。「他の場所を知って初めて自分の居場所がわかる」と話している最中に、ポプラの母親が迎えに来る場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「マザーウォーター」の商品はこちら