「ミスター・ベースボール」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ミスター・ベースボールの紹介:1992年公開のアメリカ映画。日本の球団にトレードされた米大リーガーの活躍を描くヒューマン・コメディ。愛知県名古屋市を舞台とし中日ドラゴンズの協力で、日本各地のプロ野球チームのホーム・グラウンドで撮影された。

この映画を無料で観る

ミスター・ベースボールの主な出演者

ジャック・エリオット(トム・セレック)、マックス・デュボア(デニス・ヘイスバート)、内山(高倉健)、ヒロ子(高梨亜矢)、西村洋次(塩屋俊)、中村(穂積隆信)、山下(豊原功補)

ミスター・ベースボールのネタバレあらすじ

【起】- ミスター・ベースボールのあらすじ1

アメリカのメジャーリーグベースボール(MLB)、ニューヨーク・ヤンキースの強打者のジャック・エリオットは、かつてワールドシリーズでMVPに輝いたこともあるスター選手です。しかしこのところ成績が不振でした。
それに加え、試合直後の酒と女がらみのスキャンダルが暴かれ、選手としてのイメージも悪くなります。
決定打となったのは、ルーキー(新人選手)とのポジション争いに負けたことでした。エリオットは日本の野球チーム・中日ドラゴンズにトレードされてしまいます。
ドラゴンズの監督は、往年の名選手・内山でした。 この映画を無料で観る

【承】- ミスター・ベースボールのあらすじ2

日本へ渡る前に、エリオットはデュボアから日本でプレーする時のアドバイスを受けましたが、傷心のエリオットは聞く耳を持ちませんでした。
MLBへの未練を抱えつつ日本に降り立ったエリオットは、内山からスイングの欠陥を指摘されます。しかしエリオットはマイペースで試合に臨みました。
当初は日本文化や日本の野球界に馴染めず、エリオットは小さな衝突を繰り返します。しかし弱点を知られていないこともあって、エリオットは活躍しました。
エリオットの記者会見で、通訳・西村がエリオットの発言を好意的・優等生的な言葉で訳したことも手伝って、いつしかエリオットは「ミスター・ベースボール」という愛称で人気者になります。

【転】- ミスター・ベースボールのあらすじ3

エリオットは球場で、ヒロ子という女性と知り合いました。エリオットとヒロ子はすぐに愛し合うようになります。
ところで監督・内山の言うことをきかないエリオットの内部衝突は徐々に深刻さを増し、ある日とうとう乱闘騒ぎを起こしたエリオットは、出場停止処分を受けました。
出場停止に落胆するエリオットを、ヒロ子が実家に招待します。なんとヒロ子の父は、監督・内山でした。
そうめんを食べながら日本文化に少しずつ親しみ始めたエリオットは、球場以外の場で内山監督と会話することで、内山自身の人間性と熱意を知ります。
エリオットは、態度を改めることに決めました。

【結】- ミスター・ベースボールのあらすじ4

野球に真摯に取り組み始めたエリオットは、猛特訓の甲斐もあってスランプを脱し、チームをひっぱっていく力となります。
優勝を争う運命の一戦で、ジャイアンツとドラゴンズの試合はもつれにもつれ、遂に最終回を迎えました。
内山が持つホームラン記録に挑むエリオットが打席に立ち、記録を望む周囲はバントを要求しますが、内山はエリオット自身に判断を任せます。
エリオットは内山が自分を信頼してくれていることを知り、バントを決め、ドラゴンズは優勝を果たしました。
その後エリオットは再びMLBに戻り、デトロイト・タイガースへと移籍しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ミスター・ベースボール」の商品はこちら