「メルキアデスエストラーダの3度の埋葬」のネタバレあらすじ結末

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬の紹介:メキシコ国境沿いのテキサスで、メキシコ人の友人を殺された武骨なカウボーイが、その犯人の若者を誘拐し、共に彼の故郷ヒメネスを目指すという2005年公開のアメリカのロードムービー。「JFK」「逃亡者」などで知られるトミー・リー・ジョーンズの劇場公開作初監督作品であり、製作及び主演をつとめている。脚本は「バベル」「21グラム」のギジェルモ・アリアガ、音楽は「ハート・ロッカー」「ヘルボーイ」のマルコ・ベルトラミ。2005年カンヌ国際映画祭では約15分間のスタンディング・オベーションの後、最優秀男優賞をトミー・リー・ジョーンズ、最優秀脚本賞をギジェルモ・アリアガが獲得した。

この映画を無料で観る

予告動画

メルキアデスエストラーダの3度の埋葬の主な出演者

ピート・パーキンス(トミー・リー・ジョーンズ)、マイク・ノートン(バリー・ペッパー)、メルキアデス・エストラーダ(フリオ・セサール・セディージョ)、警官ベルモント(ドワイト・ヨアカム)、マイクの妻ルー・アン(ジャニュアリー・ジョーンズ)、レイチェル(メリッサ・レオ)、マリアナ(バネッサ・バウチェ)、盲目の老人(レヴォン・ヘルム)、警備隊長ゴメス(メルキアデス・ロドリゲス)など。

メルキアデスエストラーダの3度の埋葬のネタバレあらすじ

【起】- メルキアデスエストラーダの3度の埋葬のあらすじ1

アメリカ、メキシコ国境に近いテキサス。
国境近くを走っていた2人の男がコヨーテを発見し射殺しますが、食っていたのは埋められたメルキアデス・エストラーダの死体でした。彼は麻薬売買にも無関係な男だと同僚のカウボーイ、ピート・パーキンスが証言します。

「メルキアデス・エストラーダの最初の埋葬」

シンシナティから来た国境警備隊員マイク・ノートンと妻のルー・アンは、家具付きのトレーラーハウスを借りますが、彼女は退屈だとこぼし、隣人で犬を飼っている中年女を見て近所づきあいはしたくないと言います。
早速勤務に就いた彼は不法入国のメキシコ人グループの逮捕に行きますが、丸腰で逃げる父親に飛びかかり娘を殴って鼻を折るケガを負わせ、警備隊長のゴメスにやり過ぎだと注意されます。
警官のベルモントは、検死官からメルキアデスの遺体は死後7日ほど経っており、使用された銃はAR-15、弾丸は223、270mの距離から撃たれたと言われますが、保冷庫は故障し明朝から出張だと言われ、彼に知らせるべき家族は無く今すぐ埋葬してくれと頼みます。
メルキアデス・エストラーダは、メキシコのコアウイラから馬に乗り、仕事を求めてやってきた武骨で真面目なカウボーイでした。ピートは彼と気が合い良き相棒として仕事をした仲でした。
ピートはベルモントからメルキアデスの遺品となった家族写真を預かりますが、彼の家はメキシコで、解剖が終わったら遺体を俺にくれと言い出します。
メルキアデスが殺されてから2日間家にこもっていたピートを心配したカウボーイ仲間は、遺体から270m離れたメルキアデスのヤギがいたあたりに落ちていたと言う223の薬莢を何かの役の立つかもしれないと渡します。
ピートは、モーテルのレストラン”サンズ”にいたベルモントに223の薬莢を見せますが、彼はサンズの店主ボブの妻でウェイトレスのレイチェルとデキていて彼の話を面倒がり、そんな一般的な薬莢など証拠にはならんと無視されたため、彼はサンズに来る国境警備隊員の銃を聞き、みなAR-15の223を使っていると確認します。

一方、いつも不機嫌で身体を求めるだけのマイクに嫌気がさしたルー・アンは、暇つぶしにサンズに通いレイチェルと打ち解けていきます。
ある日、いつものように持ち場に就いたマイクは、退屈しのぎに草むらでポルノをオカズに楽しもうとしていたところ銃声を聞き、慌てて音のする方に銃を発射します。 この映画を無料で観る

【承】- メルキアデスエストラーダの3度の埋葬のあらすじ2

「メルキアデス・エストラーダの2度目の埋葬」

マイクが聞いた銃声は、コヨーテを撃ったものでしたが、彼の撃った弾は、ヤギの世話をしていたメルキアデスを撃ち抜いていました。
彼はそれをルー・アンにも言えず、1人落ち込み、彼女とショッピングに行っても楽しめず、その時の事を思い出してしまいます。
ルー・アンはレイチェルと世間話をするようになり、自分と夫はハイスクールのスターだったのにここでは誰も知らないとこぼし、レイチェルはこんな田舎にも田舎なりの楽しみ方があると話します。

ピートは警察署に行き、ベルモントに国境警備隊の使っている銃がAR-15の223だ、奴らを調べろと訴えますが相手にされず、逆にメルキアデスの遺体はすでに埋葬したと言い、どうして言ってくれなかったんだと抗議する彼に、おまえは奴の親族じゃないから知らせる義理は無い、奴は不法入国者だったと言い捨てます。
ピートは、メルキアデスから馬をもらった時の事を思い出します。
それはとてもいい馬で、高価だったはずなのにメルキアデスは友人であるピートに惜しげも無く譲ったのです。
一緒に町に行った日、彼は国境警備隊に怯えていましたが、ピートは亭主持ちと知りながらレイチェルとルー・アンをナンパし、4人でモーテルに行き、ピートはレイチェルと、メルキアデスはルー・アンと部屋に入ります。ルー・アンはスペイン語しか話せないメルキアデスと踊り楽しいひと時を過ごします。2人は女性たちを車の場所まで送り、陽気に踊って別れます。
その後、ご機嫌でヤギの世話をしに行ったメルキアデスは、ヤギを狙うコヨーテを見てライフルで撃った直後、マイクに撃たれたのです。事態を知ったマイクが駆けつけた時にはまだかすかに息がありましたが、彼は介抱もせず荒野に埋めに行ったのです。
ピートはマジックで「メルキアデス メキシコ」とだけ書かれた木切れの十字架が立てられたメルキアデスの墓で酒を飲みます。

ほどなくしてサンズにいたベルモントがゴメスに呼ばれ、マイクが丘を警備してたらメルキアデスに撃たれたので撃ち返し射殺した、騒ぎにはしないでくれと言われ了解します。が、それを立ち聞きしていたレイチェルは、ピートにメルキアデスを殺したのは国境警備隊員のマイク・ノートンだと話します。
ピートはベルモントにマイクを逮捕しろと詰め寄りますがとぼけられ、マイクの家の近くで張り込み、夜を待って押し入りマイクを殴り銃で脅します。
彼は、怯えて涙ぐむルー・アンに手伝わせ彼を制服に着替えさせ手錠をかけ「こいつはメルキアデス・エストラーダを殺したんだ」と打ち明けます。そして彼女をソファに縛り付け「警察を呼んだら亭主の命はないぞ」と脅し、マイクを連れ出します。
ピートは彼をメルキアデスの墓に連れて行き、腐敗した遺体を掘り出させ、トラックの荷台に乗せて石造りのボロ家メルキアデスの家に運び込ませます。そして「これが彼の家、彼のベッド、服はそこにある」と説明し、彼のコップでそこにあったポットの水を飲ませます。マイクは、全力で睨む彼を鼻で笑い、メルキアデスの作業着をおまえが着て、外出着をメルキアデスに着せろと命令し、遺体に塩を撒き、シーツでくるみます。

遺品の家族写真は、メルキアデスの妻のエベリア・カマルゴと14歳と12歳の娘と末っ子の幼い長男アーロンと彼が写っているもので、末っ子を最高のカウボーイにするのが夢だと語り、妻とはもう5年も会ってないと遠い目をしていました。その時メルキアデスはピートに言ったのです。
「俺が死んだら家族の元へ連れて行ってくれ、故郷のヒメネスに埋めてくれ」と。
ピートは、年上の俺の方が先だと笑い、彼が真面目な顔で説明しながら描いたヒメネスへの行き方の地図を「そのへんに捨てる」と茶化しながらもその約束を引き受けたのです。

ピートは、裸足のマイクと荷物を馬に、メルキアデスの遺体をラバに乗せ、メルキアデスの故郷ヒメネスへと旅立ちます。

【転】- メルキアデスエストラーダの3度の埋葬のあらすじ3

「旅」

翌朝9時にルー・アンが発見され事件が発覚、メルキアデスの家を調べに来たベルモントは、きちんと畳まれたマイクの制服を見てピートは狂ってると言い本格的な捜査が始まります。彼は間もなく岩場を歩く一行を見つけますが、ライフルを構えるものの撃てないと呻き見逃します。その時、レイチェルから連絡があり生理を承知で会う約束をして、その後、ピートがどこに行ったか聞きますが知らないと言われます。
また、彼らが断崖絶壁の細い岩場を歩いていた時、最後尾の荷物を積んだ馬が突然暴れ出し、転落してしまいます。2人は洞窟で一夜を過ごしますが、ピートは臭くて寝られないとキレるマイクを銃で脅してメルキアデスの遺体の隣に座らせますが、遺体に蟻がたかり慌ててウォッカをかけて火をつけ追い払います。
翌日、2人はアメリカ人の盲目の老人が大音響でラジオを聞いている一軒家に辿り着きます。
老人は、ピートが馬に水をやりたいと頼むと好きにやってくれと言い、死臭にも気づきます。彼は、鹿の死体だとごまかし、塩の代わりに不凍液をもらって遺体を拭き飲ませます。老人は彼の普段の食事である不味い粥を振る舞い、せがれが月に1度食料を持ってくると言いますが、半年ほど来ていないと話します。そして帰りしな、ピートが礼を言うと老人は頼みがあると言い「できれば、わしを撃ってくれ」と言い出します。せがれはガンで多分もう来ない、一緒に町に帰ろうとも言われたが自分はここで暮らしたい、自殺は神に背く行為なのでできないと。ピートは顔を曇らせ、頼みは聞けない、俺も神には背けんと言い去って行きます。
しばらくして国境警備隊が到着しますが、老人は誰も来なかったととぼけます。

峡谷に差し掛かった頃、マイクは饒舌に言い訳を並べ立て、解放してくれたら訴えないと言いますが、ピートは無言でした。
砂漠に入って間もなく、ピートの馬が暴れて下敷きになった隙に、マイクが逃げ出します。彼はジーンズを裂いて足に巻き懸命に走りますが、すぐに追いつかれ、彼が馬を連れてのんびりと追いかける前を逃げ続け、やがて逃げ込んだ岩山の洞窟でガラガラヘビに噛まれ、助けて!と悲鳴を上げます。
ぐったりした彼を先に発見したのは、不法入国を企てるメキシコ人グループでした。彼らは間もなくやってきたピートに事情を聴くと、メキシコ側にいる薬草使いの女の所に案内すると言います。
ピートは案内役の男と交渉し馬1頭で話をつけ、国境の河越えをしようとしますが、岸辺で狂ったように叫んで暴れるマイクの首にロープを掛け、引っ張って河を渡り、メキシコに入ります。
ところが薬草使いの女マリアナは、国境でマイクが暴行し鼻を折った女で、憤然として拒否しますが、ピートに「こいつには生きててもらう必要がある」とカウボーイハットを取って頼まれ、やむなく治療を引き受けます。彼女はマイクをピートと案内の男に押えさせ、腫れ上がった足を切り膿を出し薬草を貼り付けますが、蛇の毒は何とかしたが壊疽になったら足を切り落とすしかないと言います。

その頃サンズでは、ルー・アンがレイチェルにこの町を出ていくと話していました。レイチェルは彼は戻ってくるわと引き留めますが、彼女は「もうどうでもいい、あいつは救いようのない奴よ」とこぼし、やがて長距離バスに乗って町を去って行きます。

数日ぶりに1人になったピートは、メキシコ人の居酒屋で酔ってレイチェルに電話をしますが、彼女が国境警備隊が追ってると言うと鼻で笑い、メキシコに来てくれ、結婚しようとプロポーズします。彼女はボブを愛してるからできないと即答し、愛してるのは俺だけって言ったろ?とすがるピートに「あんたにはわからないのよ」と言って電話を切ります。彼はメルキアデスの遺体を置いた物置に行き顔の布を取り、「ひどい姿だな、でももうすぐ着くからな、メルキアデス」と話しかけます。
翌朝、マイクが目覚めると、案内役の男とマリアナが明るく声をかけますが、彼女は笑顔でマイクに薬草の薬を飲ませると、ポットに入った熱いコーヒーを噛まれた足にぶっかけ、ポットで張り倒し、これでおあいこよと言い捨てます。鼻に黒い絆創膏を貼りよろよろと起き出してきた彼は、白い絆創膏を貼ったマリアナと並んでトウモロコシの皮剝きを手伝わされます。
町を出てしばらく行くと険しい岩場があり、ピートはマイクにブーツを返して手錠を外し、ここから先は歩くと言い、逃げたら殺すと脅します。マイクは素直にはいと答え、2人は馬とメルキアデスを載せたラバを引いて崖を登ります。
やがて2人はコアウイラ州に入り、道端でテレビを見ていた4人のメキシコ人に出会います。彼らはコーヒーを飲んでけと誘い、撃ったばかりの新鮮な熊肉を分けてくれます。テレビでかかっていたメロドラマを見たマイクは、ルー・アンが家で見てたとおいおい泣き出して、彼らにつらい事があるなら飲めとウォッカをもらいます。

やがて2人は、ヒメネス近くのエル・トストンの村に辿り着きます。が、ピートが食料品店で聞くと店番の娘や居合わせた男マヌエルにヒメネスなんて村は聞いたことが無いと言われます。ピートはマヌエルにメルキアデスの地図を見せ説明しても答えは同じでしたが、メルキアデスの持っていた家族写真を見せエベリア・カマルゴを知ってるかと聞くと、その女は近所に住んでるがエベリアじゃなくロサだと言い、どんな事情かは直接彼女に聞いたらどうだと笑われます。
ピートがロサ(エベリア)に会いに行くと、彼女は小柄な美人で、事情を話してもメルキアデスなんて知らない、写真を見せると確かに自分と子供たちの写真だが、やはり知らないと言い夫と揉め事になると怒り怯えます。ピートが穏やかに詫びるとドン・カシミロなら村に来た全員を知ってるから聞いてみたらと言われますが、彼の答えも同じでした。

2人は村を出て荒野の丘を彷徨い、ピートはあちこちでメルキアデスの書いた地図と照らし合わせて探しますが符合するような場所は見つかりません。
マイクは奴に騙されたんだ!ヒメネスなんてどこにもない!とキレますが、ピートは諦めず、メルキアデスの言葉を思い出します。
「ヒメネスはとても美しい村で、2つの丘の間にある」「空気が澄みきっていて、山を抱ける気がする」「輝く透明な水が岩間から湧いてる」「ヒメネスに行ったら、その美しさに心が張り裂けるだろう」…。

やがて2人は石造りの遺跡のような廃村に辿り着き、ピートは「ここがヒメネスだ」と言い、彼の言った通りの家も、墓も庭もあると言い、マイクに写真を見せ、間違いなくここだろう?と同意を求めます。マイクは、そうだと言い、ついに見つけたなと呟きます。
2人は廃墟の家を片付け、枯れ枝で屋根を作り、メルキアデスの遺体を座らせます。
マイクはピートにウォッカを差し出し、ピートは笑顔で彼の肩を叩いて、今度は墓掘りだと言います。

【結】- メルキアデスエストラーダの3度の埋葬のあらすじ4

「メルキアデス・エストラーダの3度目の埋葬」

マイクは1人で素手で固い地面を掘り、メルキアデスを埋めます。
ピートは彼を木陰に引き立てて銃を向け、メルキアデスの家族写真を木に貼り、「メルキアデスに心から詫びろ、詫びなければ地獄行きだ」と言いますが、マイクは地獄なんか信じないとこぼします。ピートはマイクの周囲を何発も撃ち、堰を切ったように泣き出したマイクは殺す気はなかった、過ちだったんだと嗚咽しながら懺悔し始めます。あれから毎日つらくてたまらない、後悔してる、俺を許してくれ…。そして彼は初めて、メルキアデスと彼の名を呼び、君の命を奪ってしまった、どうか許してくれと嗚咽します。
その夜、マイクは子供のように昏々と眠り、ピートはたき火で佇んでいました。

翌朝、まだ眠っているマイクをピートはつま先で起こし「行っていいぞ」と言いますが、彼は「どこに?」と答え呆然としています。
そして「女房のとこにでも、どこにでも」というピートに、あんたに殺されると思ってたと話します。ピートは彼に「馬をやるよ、若造」と言い去って行きました。
マイクはその背中に「1人で大丈夫か?」と叫びますが、ピートは振り返りませんでした。

みんなの感想

ライターの感想

「メン・イン・ブラック」や某缶コーヒーのCMでお茶の間でもすっかりおなじみとなったトミー・リー・ジョーンズですが、いやもうひたすらシブい。切ない。愛おしい。
やっぱりごめんなさいがちゃんと言えないのって本当の大人じゃないんだなと再確認させられるし、それにはピートのような武骨で心優しく孤独の辛さを誰よりも知っている父親役が必要なのかも。
サンズで行き交うオトナの事情には特に説明はないんですが、あーとかなるほどねーとか何度もうなづかされ、妙に納得させられる。そこにアトランタから来た都会っ子ルー・アンという花一輪が加わるのだけど、ダメガキ亭主はとっとと見捨てて清々と都会に戻って行く女っぷりもたまらない。
田舎町のレストランサンズでそこそこ楽しみながら暮らしてるレイチェルもいい。ピートを含めその大人の彼女にひと時の安らぎを求めて寄ってくる男たちの心根も捨てがたい。また盲目の老人の願いも侘しく胸に響くし、メキシコ人たちがみんないい奴揃いで、その上このオチはなんなんだとだく泣きでした。
昨今、その違いをすっかり見失っている日本の(自称)オトナの方々に、ぜひ見ていただきたい一本です。

映画の感想を投稿する

映画「メルキアデスエストラーダの3度の埋葬」の商品はこちら