「ラストオブモヒカン」のネタバレあらすじ結末

1757年、イギリスとフランスはアメリカで植民地戦争をしていた。その戦争の最中、開拓前線に生きるモヒカン族に育てられた白人青年とイギリス軍大佐の美しい娘の愛を壮大なスケールで描く作品。

ラストオブモヒカンの主な出演者

ホークアイ(ダニエル・ディ=ルイス)、コーラ(マデリーン・ストウ)、アリス(ジョディ・メイ)、チンガチェック(ラッセル・ミーンズ)、ヘイワード少佐(スティーブン・ウォディンドン)、ウンカス(エリック・シュウェイング)

ラストオブモヒカンのネタバレあらすじ

【起】- ラストオブモヒカンのあらすじ1

18世紀、英仏戦争のアメリカ東部で開拓前線に3人のモヒカン族がいた。
父チンガチェック、息子ウンカス、養子の白人ホークアイはフランス軍についている残忍なインディアン、ヒューロン族の痕跡を見つけ追跡をしていました。
その途中でヒューロン族に襲撃される美しい白人女性2人とイギリス人将校を助けます。
女性達は姉妹で姉コーラと妹のアリスは父親のイギリス軍大佐に会いにヘンリー砦までヘイワード少佐と共に向かう途中でした。
ヘイワード少佐はコーラに思いを寄せており、プロポーズをしていましたがコーラは友人以上に見ることが出来ず結婚に踏み切れずにいました。
コーラ達を襲撃したヒューロン族を率いていたのは、マンロー大佐にに子供を殺され妻を失った恨みを持つマグアという男でした。
マグアはフランス軍と通じたスパイでマンロー大佐の娘達を狙っていたのです。
ホークアイ達3人は姉妹とヘイワード少佐をヘンリー砦まで送り届けることにします。
ヘンリー砦にはホークアイの知り合い達も民兵として参加しているのです。

【承】- ラストオブモヒカンのあらすじ2

ヘンリー砦までの途中、開拓者の一家が惨殺されているのを見つけます。
ホークアイ達は静かに観察してそのまま去ろうとします。
コーラはそのままで立ち去るのは人として許せません。埋葬するべきだと主張しますが、ホークアイはこの一家が自分たちの良く知るとても親しい一家なんだと教えます。
そして、それでもこのままにして行くのだと言います。
埋葬せず立ち去ったのはヒューロン族の追手に姉妹たちが見つからない為なのだとわかり、コーラは自分の暮らしてきた世界と全く違う所に来てしまったと思い知ると同時に、胸が熱くなるのを感じてホークアイに強く惹かれる自分に気づきます。
ヒューロン族の追手にも見つかることなく無事ヘンリー砦に着きましたがそこは壊滅的な戦場でした。
マグアがマンロー大佐の出す手紙を全て葬り去っていたので誰もヘンリー砦の窮状を知らずにいたのです。
民兵達は開拓者の家族が襲われているのを知り、自分の家族を守るために戦場を離れることを希望しますが、戦力を失いたくないマンロー大佐はそれを許しません。
ホークアイは家族を守るべきだと民兵達の脱出を助けます。
そして戦場でのひと時、ホークアイとコーラは愛し合うのでした。

【転】- ラストオブモヒカンのあらすじ3

ホークアイは突然牢屋に入れられてしまいます。民兵の脱走を扇動した罪です。
コーラはこれに激しく抗議しますが、ヘイワード少佐はそんなコーラを見て全てを察し嫉妬して彼女の言い分を退けます。
砲弾が降り注ぎヘンリー砦はフランス軍に攻め落とされます。
ホークアイは牢屋を離れようとしないコーラに、マンロー大佐と一緒にいれば絶対に殺されることはないはずだから父親から決して離れるな、と説得します。
フランス軍はイギリス軍に敬意を表しヘンリー砦から立ち去るイギリス軍を見送ります。
これではマグアの怒りは収まりません。
イギリス軍一行をまたマグア率いるヒューロン族が襲います。
マグアは大佐の心臓をえぐり取り殺してしまいました。
姉妹とヘイワード少佐、ホークアイ達はその場からは脱出しますが、姉妹とヘイワード少佐は途中でヒューロン族に捕らえられてしまいました。
マグアはヒューロン族の酋長に3人を引き渡します。
3人は殺してしまおうとマグアは言いますが、その場に駆け付けたホークアイはマグアは白人のやり方に毒されているのだと酋長に3人の釈放を願います。
2人の言い分を聞いた酋長は、妹のアリスをマグアに、少佐はイギリス軍に返して恩を売り、姉のコーラは火あぶりにして殺されたマグアの子供達の恨みを晴らせという決定を下します。
これにホークアイは自分を火あぶりにするように頼みますが、ヘイワード少佐がコーラの身代わりに火あぶりになることになりました。
この裁定に不服のあるマグアは酋長を腰抜けだと罵りアリスを連れて出ていきます。

【結】- ラストオブモヒカンのあらすじ4

離れて様子をうかがっていたウンカスはアリスを助けるために父と離れ一人救出に向かいます。
いつの間にかウンカスもアリスに淡い恋心を抱いていたのです。
ウンカスはマグアに向かっていきますが、マグアの方が一枚上手でした。
無残に殺されたウンカスは谷底へ落ちていきます。
それを見たアリスは静かに後ずさり、自分も崖から身を投げてしまうのでした。
息子を殺されたチンガチェックは一心不乱にマグアを追います。
ホークアイの援護でマグアに追いついたチンガチェックは息子の敵を取りました。
モヒカン族の最後の一人になってしまったチンガチェックは、この世に命を創った偉大な霊に息子ウンカスを祖先の仲間に入れてくれるように静かに頼み、弔うのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ラストオブモヒカン」の商品はこちら