「ラスト サムライ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ラストサムライの紹介:2003年公開のアメリカ映画。明治初頭の日本を舞台に、最後の侍の姿を描いた作品。トム・クルーズを主演に据え、日本人と武士道を偏見なく描く意欲作で、渡辺謙、真田広之、小雪など多数の日本人俳優も起用され、高く評価された。

予告動画

ラスト サムライの主な出演者

ネイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ)、勝元盛次(渡辺謙)、氏尾(真田広之)、信忠(小山田真)、たか(小雪)、サイモン・グレアム(ティモシー・スポール)、ゼブロン・ガント軍曹(ビリー・コノリー)、大村松江(原田眞人)、飛源(池松壮亮)、孫次郎(湊葵)、明治天皇(中村七之助)

ラスト サムライのネタバレあらすじ

【起】- ラスト サムライのあらすじ1

南北戦争時代に北軍士官として活躍したネイサン・オールグレン大尉は、酒びたりの生活を送っていました。戦争時に南軍とは無縁のインディアンや女子供を虐殺した悔いが、ネイサンを常に苛んでいたからです。
そんなネイサンに、バグリー大佐が日本の実業家兼大臣の大村を紹介しました。大村はネイサンに、日本の帝国陸軍の訓練指揮官を依頼します。
当時、日本は開国間もない頃で、近代国家建設のために軍備の強化を進めていました。ネイサンは高額の報酬と引き換えに依頼を受けます。
来日したネイサンは、軍隊の訓練を開始します。しかし集められた軍隊は、近代兵器である銃の扱いに不得手で、課題は山積していました。

【承】- ラスト サムライのあらすじ2

そんな折、明治維新の廃刀令に従わず最後まで天皇制に反対する勝元盛次が、吉野の国で鉄道を襲った一報が入ります。まだ十全でない軍隊を引き連れ、ネイサンは吉野の国へ行き勝元と戦いました。
結果は帝国軍の敗北で、ネイサンは勝元に捕らえられます。
ネイサンは勝元の妹・たかの手当てを受けました。たかは2人の子を持つ未亡人で、たかの夫はネイサンが戦いで殺した赤い鎧の男でした。それを知るはずのたかは、ネイサンを手厚く遇します。
傷が癒えたネイサンに、勝元は雪解けまで村に滞在することを勧めました。
村で暮らすネイサンは侍の心意気や武士道を理解します。それはネイサンの価値観を揺るがすほど魅力的なものでした。

【転】- ラスト サムライのあらすじ3

村で祭りが催された際、忍びが勝元を襲いますが、それをいち早く見つけ未然に防いだのはネイサンです。ネイサンと勝元は徐々に絆を深めていきました。
春が来て雪が解けた頃、勝元は日本政府に呼ばれます。同行したネイサンは帝国陸軍に戻りました。廃刀令に反対の勝元は元老院に帯刀して現れ、切腹を命ぜられますが、ネイサンがそれを止めます。
勝元は政府軍を相手に、最後の戦いを挑むことを決意しました。
ネイサン不在の間に、帝国陸軍の訓練は仕上がっていました。しかし軍隊に戻ったネイサンの目には、武士道を理解した故に近代国家のやり方が野蛮に見え、勝元たち武士の潔さのほうが筋が通っているように感じられます。

【結】- ラスト サムライのあらすじ4

ネイサンは戦線を離脱し、勝元側につきました。勝元も喜んでネイサンを迎え入れます。
武士装束に身を包んだネイサンは帝国軍と戦います。帝国軍は新兵器である回転式機関銃・ガトリング砲を導入しており、勝元軍はなす術もなく大敗を喫しました。
瀕死の傷を負った勝元は、敵の手にかかるよりも…と、ネイサンに介錯を頼みます。ネイサンはその心を受け願いを果たしました。勝元軍は全滅しますが帝国軍はその姿勢に敬意を表し、こうべを垂れます。
ネイサンは天皇に勝元の遺刀を献上します。受け取った天皇は勝元からの遺志を汲み、日本人たる歴史や伝統は忘れてはならないと考え直し、外国人から求められていた不平等条約を断りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ラスト サムライ」の商品はこちら