「ラヂオの時間」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ラヂオの時間の紹介:1997年公開の日本映画。三谷幸喜の初監督作品。もともと舞台用に書かれた台本を、三谷自身が映画用に脚色し撮影をおこなった。

この映画を無料で観る

予告動画

ラヂオの時間の主な出演者

工藤学(唐沢寿明)、鈴木みやこ(鈴木京香)、牛島龍彦(西村雅彦)、千本のっこ(戸田恵子)、広瀬満俊(井上順)、浜村錠(細川俊之)、永井スミ子(奥貫薫)、大田黒春五郎(梶原善)、バッキーさん(モロ師岡)、鈴木四郎(近藤芳正)、堀ノ内修司(布施明)、伊織万作(藤村俊二)

ラヂオの時間のネタバレあらすじ

【起】- ラヂオの時間のあらすじ1

鈴木みやこは平凡な主婦です。シナリオコンクールに応募した自分の作品「運命の女」が採用され、生放送でラジオ・ドラマ化されることになり、みやこは緊張しながら〝ラジオ弁天〟のスタジオのリハーサルを見ていました。
みやこが書いた内容は、熱海を舞台にした平凡な主婦と漁師の恋の物語です。
すべてのチェックが終わり、あとは本番を待つばかりの段階になって、主演女優・千本のっこが、自分の役名・律子が気に入らないと言い始めました。
プロデューサー・牛島は、のっこの要求通りに役名をメアリー・ジェーンと変更してしまいます。 この映画を無料で観る

【承】- ラヂオの時間のあらすじ2

ところがそれに対抗したのが、相手役の浜村です。浜村も自分の役名・寅造を外国人にしてほしいと言い出して、マイケル・ピーターとなりました。
これに伴い、熱海が舞台のメロドラマだったはずの台本は、設定をニューヨークに変更させられます。
みやこは辻褄あわせのために必死で台本を書き直しますが、今作品がデビュー作のみやこにとって難しいものでした。
牛島は急場しのぎのために放送作家・バッキーさんに台本直しを依頼しますが、ドラマの中身を理解していないバッキーさんはさらに変な方向にストーリーをもっていきます。

【転】- ラヂオの時間のあらすじ3

舞台はニューヨークからシカゴに変わりました。
ドラマは生放送の本番を迎えます。
本番中に浜村が、自分の役柄をパイロットと勝手に言い始め(本来は漁師…)、それに対抗してのっこは平凡な主婦のはずが、浜村に対抗して女弁護士と言い始めました。
生放送中なので録りなおしもできず、現場は役者たちの言いなりにならざるをえません。
メロドラマだったはずのドラマのスケールが少しずつスケールアップしていき、効果音(SE)も間に合わず、ディレクター・工藤をはじめスタッフたちは行きあたりばったりの手段で急場をしのぎました。

【結】- ラヂオの時間のあらすじ4

あまりに勝手な内容の改竄に、みやこは怒ってCM中にスタジオに立てこもります。
しかしみやこの抗議も、暴走を始めた役者たちには通用しません。ディレクター・工藤だけは、みやこの望むラストにと思い、それをプロデューサーの牛島に告げますが、牛島はとにかく無事にドラマを終えることばかりを考えており、聞く耳を持ちませんでした。
工藤はスタジオ外からのっこ以外の出演者と連絡を取り、なんとかドラマを当初のラストに導きました。
生放送はなんとか無事(?)終了し、みやこはじめ皆ほっと一安心しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ラヂオの時間」の商品はこちら