「レインメーカー」のネタバレあらすじ結末

レインメーカーの紹介:1997年制作のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督のもと、ジョン・グリシャムの小説『原告側弁護人』を映像化した。悪徳が巣食っている法廷に挑む、若い弁護士の苦闘を描いた法廷ドラマである。

予告動画

レインメーカーの主な出演者

ルーディ・ベイラー(マット・デイモン)、ケリー・ライカー(クレア・デインズ)、レオ・F・ドラモンド(ジョン・ヴォイト)、デック・シフレット(ダニー・デヴィート)、ブルーザー・ストーン(ミッキー・ローク)、ウィルフレッド・キーリー(ロイ・シャイダー)

レインメーカーのネタバレあらすじ

【起】- レインメーカーのあらすじ1

ロー・スクール(法科大学院)を卒業間近に控えた弁護士を目指す青年・ルーディは、苦労した末にルーザー・ストーンの事務所に雇われます。事務所の経営者である弁護士・ルーザーは悪名名高い弁護士でした。
ルーディはデックという男性とコンビを組んで仕事をします。デックは弁護士資格を持ってはいませんが、病院に通って交通事故の被害者から委任状を取り付けるなど、法律稼業の実態をルーディに教えてくれました。
ルーディの初めての仕事は、白血病の息子・ダニーにまつわる訴訟でした。ダニーの母・ドットを原告にして、白血病のダニーに対し支払いを拒否する悪徳な保険会社グレート・ベネフィット社を訴えるというものです。

【承】- レインメーカーのあらすじ2

ベネフィット社はドラモンドというベテランの弁護士を立てました。ドラモンドはルーディに、7万5千ドルで和解に持ち込もうとしますが、ルーディは断ります。
司法試験にも無事合格し、いよいよ裁判という矢先、ルーザーが脱税で指名手配され、行方不明になりました。ルーディはデックと2人で小さな事務所を構えます。
裁判開始まで待たず、ダニーが世を去りました。ダニーの母・ドットと共に、ルーディはダニーの弔い合戦への気持ちを新たにします。
和解を狙うベネフィット社に対し、ルーディは保険金を支払わせるつもりでした。裁判を積極的に行うタイロン判事が担当となり、少しだけルーディに有利に働きます。

【転】- レインメーカーのあらすじ3

ベネフィット社が隠した証人である保険査定担当・ジャッキーをデックが探し出しました。ジャッキーの持っていたマニュアルには、ベネフィット社のマニュアルにない項目があります。これを証拠として使えないかと考えたルーディは、行方不明のルーザーと連絡を取り、アドバイスを得ました。
これによりベネフィット社の支払い拒否の実態が明るみになります。しかしドラモンドが口八丁手八丁で弁護し、形勢は振り出しに戻りました。
最後にベネフィット社の社長・キリーが証人として立った時、ルーディは「白血病の骨髄移植には支払いをする」と書かれた条項を読ませます。

【結】- レインメーカーのあらすじ4

さらに生前のダニーのVTRで、ダニー自身が「骨髄移植をする手術代があれば9割の確率で助かったのに」と言っているのを陪審員に見せました。ドラモンドから学んだテクです。
結果、裁判でベネフィット社は有罪となり、25歳という若さで世を去ったダニーに対して5000万ドルの賠償金の支払いが宣告されました。
裁判には勝利しました。しかしベネフィット社は直後に破産申告をし、賠償金から逃れます。
「レインメーカー(雨が降るように大金を稼ぐ弁護士)」の世界に嫌気がさしたルーディは、司法を教える教育者になろうと決め、町を出ていきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「レインメーカー」の商品はこちら