「レッドファミリー」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

レッド・ファミリーの紹介:2013年制作の韓国映画。『アリラン』『嘆きのピエタ』などの鬼才キム・ギドクが、脚本、編集、エグゼクティブプロデューサーを務めた異色のドラマ。家族を装い韓国に潜入する北朝鮮の工作員たちに現れる変化を描く。

予告動画

レッドファミリーの主な出演者

妻役・班長ベク・スンヘ(キム・ユミ)、夫役キム・ジェホン(チョン・ウ)、祖父役チョ・ミョンシク(ソン・ビョンホ)、娘役オ・ミンジ(パク・ソヨン)、父(パク・ビョンウン)、母(カン・ウンジン)、チャンス(オ・ジェム)、祖母(パク・ミョンシン)、野ウサギ・キム(キム・ジェロク)

レッドファミリーのネタバレあらすじ

【起】- レッドファミリーのあらすじ1

韓国のある住宅街に、平凡な4人家族がいました。しかしその正体は、家族を装う、北朝鮮のスパイたちです。
〝ツツジ班〟班長は妻役のスンヘで、夫役ジェホンや祖父役ミョンシクはスンヘのいいなりです。娘役のミンジもスンヘに頭が上がりませんが、まだ高校生くらいの年頃ということもあり、ジェホンやミョンシクよりは柔軟性に長けていました。
スンヘたちは連絡員のコードネーム・野ウサギから指示を受けて、脱北した反抗する分子を暗殺する任務を負います。
表向きはすごく仲の良い家族を演じつつ、あちこちでスパイ活動をおこない、家のなかでは班長・スンヘが君臨する、にせ家族でした。
スンヘたちの隣家はいつも騒々しい家族です。

【承】- レッドファミリーのあらすじ2

男子高校生・チャンスと両親、祖母の4人家族は口論が絶えず、口喧嘩の内容が隣に筒抜けでした。
父は母に稼ぎが少ないことを責められ、母は父に金遣いが荒くてサラ金に手を出していることを追及され、息子・チャンスはそんな両親に「いっそ離婚すれば? 僕はおばあちゃんと住むよ」とあきれ気味です。温和なのは祖母だけです。
スンヘたちは隣家の韓国人家族を「資本主義の限界だ」とバカにしていました。
しかし毎日ささいな喧嘩を聞いているうち、心に変化が訪れます。
歯に衣着せぬ物言いに紛れもない〝家族の絆〟を垣間見た彼女らは、北朝鮮に残してきた…人質となった家族のことを思い、自分たちは本当に幸福なのかと疑い始めます。

【転】- レッドファミリーのあらすじ3

ある日スンヘは野ウサギから、夫役・ジェホンの妻が脱北に失敗し逮捕されたと聞きました。処分されることを恐れたスンヘは、自分たち〝ツツジ班〟が大きな手柄を上げれば恩赦が下るかもしれないと考えます。
功を焦ったスンヘは大物政治家イ氏を暗殺しますが、イ氏は北朝鮮側が送り込んだダブルスパイでした。スンヘは大失態を犯したのです。
彼らに下された任務は、彼らを〝腑抜け〟にした隣家4人を殺害することでした。
自分たちの家族を救うためとはいえ、チャンスの家族を手にかけることに、4人は躊躇します。
祖父役・ミョンシクは長年の任務で身体を壊し、末期がんでした。夫役・ジェホンの妻子はもう殺されていました。

【結】- レッドファミリーのあらすじ4

隣家の家族に引っ越すのでその前に遊びに行こうと誘ったスンヘたちは、島で楽しいひとときを過ごします。
隣家を殺せなかった4人は手の甲を針金で繋がれ、船の上で処分を待つ身となりました。
スンヘが『隣家での口論』のセリフを口にし、4人がそれぞれの役割を演じ、絆が生まれた4人は本当の家族になった気分を味わいます。
一同の必死の演技に、工作員たちも絶句しました。工作員も任務に疑問を抱く身なのです。
ミョンシクががんで死に、スンヘが舌を噛み、ジェホンは後頭部を船の縁にぶつけて自死しました…。
スンヘたちが挨拶なしで引っ越したことを訝る隣家のチャンスの前に、ミンジが現れました。ミンジだけは見逃されました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「レッドファミリー」の商品はこちら