「ロング・ウォーク・ホーム(Long Walk Home)」のネタバレあらすじ結末

ロング・ウオーク・ホームの紹介:1955年、アメリカ、アラバマ州でおきた、ローザ・パークスのバス・ボイコットを、黒人たちと一緒に闘った白人女性の話。彼女の娘の目を通して語られている。

予告動画

ロング・ウォーク・ホーム(Long Walk Home)の主な出演者

ミリアム・トンプソン(シシー・スペイセク)、オデッサ・コッター(ウーピー・ゴールドバーグ)、ノーマン・トンプソン(ドワイト・シュルツ)

ロング・ウォーク・ホーム(Long Walk Home)のネタバレあらすじ

【起】- ロング・ウォーク・ホーム(Long Walk Home)のあらすじ1

1955年アメリカ。メアリー・キャサリンは裕福な白人家庭の娘。黒人メイドのオデッサにとても懐いています。メアリー・キャサリンの母ミリアム自身も優しい黒人メイドに育てられたこともあり、黒人に差別的な感情を持っていません。けれども町では、黒人を白人と同等に扱ってはならないとする差別主義者の声が日に日に高まっています。
ある日、オデッサがメアリー・キャサリンと公園にいた時、警察官が彼らを見つけ「この公園は白人専用だ。お前が入ってはならない」と詰め寄りました。話を聞いて腹を立てたミリアムは警察署長に電話を入れ、警察官がオデッサに直々に謝りにやって来ます。そんな母を誇らしげに見つめるメアリー・キャサリン。

【承】- ロング・ウォーク・ホーム(Long Walk Home)のあらすじ2

とうとうローザ・パークス逮捕の事件がきっかけになって、黒人によるバス・ボイコット運動が始まりました。黒人にも市民権をと願う彼らは、無理をしてバス・ボイコットを続けます。
オデッサも、メアリー・キャサリンの家まで1時間以上の道のりを歩いて通わなければなりません。足の豆が潰れても、大雨が降っても、実直に朝早く家を出てメイドの仕事に通い続けるオデッサ。オデッサの働きぶりに感謝し、買い物のついでがある時は、車で途中まで迎えに行くことを提案するミリアム。

【転】- ロング・ウォーク・ホーム(Long Walk Home)のあらすじ3

黒人に差別意識のないミリアムは、次第にオデッサだけではなく、他の黒人たちのことも車で送りはじめます。最初はただの親切心から、しかし段々とバス・ボイコットの継続に意義を見いだし、意識的にその運動に加担して行きます。
黒人たちのあいだで計画された車をシェアしての送迎計画にも加わるミリアム。しかし、それを見つけた夫ノーマンの弟カッターが、こんなことが夫に知れてもいいのか?世間に知れたら夫が社会の中で立場をなくすぞと脅しはじめます。

【結】- ロング・ウォーク・ホーム(Long Walk Home)のあらすじ4

夫にバス・ボイコットへの協力を知られ、とうとう別居状態になるミリアムは、それでも自分の正しさを信じ行動を貫きます。
差別意識が極度に強いカッターとその仲間は、黒人たちのカー・シェアリングに暴力での制裁を加えることを計画します。まさにその暴力がはじまる瞬間、ミリアムがそこいるのを見つけたカッターは彼女を殴りつけ、それを見たノーマンは妻を守るために飛び出します。
あちこちで始まる白人から黒人への暴力。けれでも黒人たちは暴力で返そうとはせず静かに歌を歌いはじめます。歌の輪に涙を流し加わるミリアム、同じく涙しながらミリアムと手を繋ぐオデッサ、それを見上げるメアリー・キャサリンのショットで映画は終わります。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ロング・ウォーク・ホーム(Long Walk Home)」の商品はこちら