「ロードオブドッグタウン」のネタバレあらすじ結末

ロード・オブ・ドッグタウンの紹介:2005年公開。1970年代にスケートボードで世間に名を知らしめたZ-BOYSを実話に基づいて描いた作品。ドッグタウンと呼ばれた寂れた街で、ジェイ、トニー、スペイシーなど青年達はサーフィンとスケートボードに夢中になっていた。サーフショップの経営者のスキップは彼らにスケートボードを渡して、チーム「Z-BOYS」を結成して宣伝することに。やがて彼らに世間は注目していく。

予告動画

ロードオブドッグタウンの主な出演者

ジェイ(エミール・ハーシュ)、ステイシー(ジョン・ロビンソン)、トニー(ヴィクター・ラサック)、トッパー(ジョニー・ノックスヴィル)、スキップ(ヒース・レジャー)、フィレーン(レベッカ・デ・モーネイ)

ロードオブドッグタウンのネタバレあらすじ

【起】- ロードオブドッグタウンのあらすじ1

1975年、ドッグタウンと呼ばれる寂れた街でジェイ、トニー、スペイシーや友人達はサーフィンとスケートボードに夢中になっていました。
良い波がきている時はサーフィンを、きてない時はスケートボードをしていました。サーフショップ経営者のスキップはスケートボードが流行ることを確信して制作することにします。
スキップは宣伝のために、チーム「Z-BOYS」を結成します。ジェイ達を入れて練習させます。しかし、ステイシーだけはのけ者にします。
スキップとZ-BOYSはスケートボードの大会に出場します。Z-BOYSの滑りは規定の技にないものばかりで審査員は困ります。しかし、その滑りは観客を魅了します。
ジェイは高得点で2位に、トニーはトップに立ちます。そこに個人で出場したステイシーがトニーと並びます。トニーは審判ともめて失格になってしまいます。 この映画を無料で観る

【承】- ロードオブドッグタウンのあらすじ2

スキップはステイシーの実力を認めてメンバー入りさせます。メンバーのシドは内耳が弱く、音に敏感であまり上手く滑れませんでした。
Z-BOYSは練習場所を求めて金持ちの屋敷に忍び込みます。空のプールの中でスケボーの練習をします。警察を呼ばれると逃げて、飽きたら違う屋敷のプールでスケボーをします。
ステイシーはトニーの妹と付き合っていました。しかし、ステイシーは真面目すぎて、トニーの妹はジェイと付き合い始めます。
様々な大会に出場して3人は有名になっていきます。スキップのスケボーは飛ぶように売れて行きます。
雑誌にも乗るようになって3人はスカウトされ始めます。スキップはお祝いにパーティーを開きます。
パーティにもスカウトがきてスキップは暴れます。スケボーを一緒に作っていた仲間にも嫌気をさされ、ジェイ達もZ-BOYSを去ります。

【転】- ロードオブドッグタウンのあらすじ3

トニーはトッパーと契約して金儲けに走ります。ステイシーはラリーと契約してチーム「G&S」で大会に出場します。
ジェイは叔父からCMに出てくれるよう誘われますが、友人達とスケボーを続けることします。シドはジェイについていきます。
1977年の世界選手権で4人は再会します。ジェイは大技を見せますが、着地が失敗して高得点は出ませんでした。ステイシーは安定していて勝ち進んでいきます。
トニーは相手選手と接触してしまって乱闘騒ぎになります。トニーは目を殴られて怪我をします。手術することもあって自宅に帰ります。
ステイシーは新しい恋人と夜景を見に来ていました。そこにジェイと久しぶりに再会します。ジェイはスケボーをしばらく辞めていました。
ステイシーはジェイとトニーの妹からシドが手術したことを聞きます。シドの内耳が悪いのは脳に腫瘍があったことが原因でした。見舞いに誘いますが、ステイシーは大会があるから無理だと言います。 この映画を無料で観る

【結】- ロードオブドッグタウンのあらすじ4

3人がサーフィンをしていた浅橋が焼け落ちたニュースが入ります。残ったのは思い出だけで、ジェイが行くとスキップと再会します。
ジェイはシドの家にお見舞いに行きます。シドは車椅子の生活でスケボーに乗る事ができなくなっていました。
そこにステイシーが現れます。ステイシーは大会をサボって見舞いに来たのです。シドは二人を屋敷のプールに連れて行きます。水を抜くことを嫌がっていたシドの父親がプールの水を抜いていてくれました。
空のプールの中にスケボーが3つ並んでいて、底には庭師として雇われていたトニーがいました。3人は昔のように空のプールで滑り始めます。シドも参加させますが、メイドに怒られます。
シドはこの後、脳腫瘍で亡くなります。トニーは世界チャンピオンになります。ステイシーは自分の会社を設立して有名な人物を育てます。
ジェイはスケボーの元祖とされ、ハワイでサーフィンをしています。4人や多数の友人達を招いて空のプールで楽しんでいる姿が映し出されてエンディングとなります。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は若者達のスケートボードへの熱い思いが伝わってくる所と、彼らを取り巻く周りの環境と関わる人達の人間模様が見ていて楽しめる作品です。
また、映画の中で流れてくる音楽が素晴らしいのも魅力の一つです。ジミ・ヘンドリックス、ディープ・パープル、ブラック・サバス、スティーヴィー・ワンダー等々の素晴らしい曲が多数流れます。
そしてスキップ役にヒース・レジャーが出演しています。彼は「ブロークバック・マウンテン」「パトリオット」「ダークナイト」に出演し、数々の賞を受賞した天才的な俳優です。若くして亡くなられて、彼の演技を見る事ができる貴重な作品になります。
1970年代のファッションのかっこ良さを感じる事ができ、スケートボードをやりたくなる気持ちにさせてくれます。熱い若者の姿は観ていて元気にさせてくれるのでお勧めの作品です。

映画の感想を投稿する

映画「ロードオブドッグタウン」の商品はこちら