「ワルボロ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ワルボロの紹介:2007年公開の日本映画。1980年代の立川市を舞台に、不良に転身した元優等生と仲間たちとの熱い友情や、他の中学との勢力争いを描いている。ゲッツ板谷の小説が原作。主演は松田翔太が務め、オールバック姿で熱演をしている。主題歌はザ・クロニヨンズの「ギリギリガガンガン」。

予告動画

ワルボロの主な出演者

コーちゃん(松田翔太)、山田(新垣結衣)、ヤッコ(福士誠治)、キャーム(木村了)、小佐野(城田優)、ビデちゃん(古畑勝隆)、カッチン(途中慎吾)、猛身(仲村トオル)、猛身の舎弟(仁科貴)、サユキ(高部あい)、コーちゃんの母親(戸田恵子)、コーちゃんの父親(塩見三省)、ビデちゃんの父親(温水洋一)、保育園の保母さん(西原理恵子)、学ラン屋の店主(ピエール瀧)、コーちゃんの弟(桑代貴明)、コーちゃんの妹(星ひなの)、ビーバー(武田航平)、パーポン(弓削智久)、キム(北村栄基)、毒ブッチュ(鈴木昌平)、丸岡(阿部亮平)、リーゼント野郎(西山宗佑)、リンリン(森豪士)、ジミー(福山一樹)、トッパン(加治将樹)、テッパン(増田修一朗)、パク(沖原一生)

ワルボロのネタバレあらすじ

【起】- ワルボロのあらすじ1

主人公の板谷宏一、通称コーちゃんは、立川南第三中学校に通う中学3年生です。小2の時から勉強を頑張っていて、机にしがみつく毎日を送っています。唯一の癒やしは、隣の席のマドンナの山田です。
同じクラスの一番後ろの席にいるのが、学校ナンバーワンの不良で親友のヤッコです。ある日の授業中、ヤッコの悪戯がコーちゃんの導火線に火をつけます。
山田が朗読中に、二人の喧嘩が勃発します。ヤッコの超パンをくらって、コーちゃんは横隔膜のあたりで熱いものがはじけます。それからコーちゃんの生活は180度変わります。
ピストルの形をした立川市は、東京郊外で怪しげな歓楽街が広がっています。しみったれた錦町がコーちゃんの住む場所です。この映画はコーちゃんたち、6人の錦組の物語です。
コーちゃんは学ランに虎の刺繍を入れてもらいに行きます。全然違っていて、強面の店主に文句をつけますが、ケチつけんなと逆に切れられます。
仲間からヤッコが不良にからまれてると知らせを受けます。助けに向かうため、店主にハサミを借りようとします。こっちにしとけと、竹の定規を渡されます。現場に急行すると、ヤッコは一人で不良たちをのしていました。
現在の錦町は合計10の中学が争っています。二中が最大勢力となっています。
他には毒ブッチュという輩や、狂犬病とも言われてる丸岡、米軍じこみの北六中のビーバーなどがいます。 
また、朝鮮中のキムは絶対に手を出してはいけません。出してしまうと100人ぐらいの仲間が押し寄せてきます。
三中はというと、リーダーのヤッコ、コーちゃん、ビデちゃん、かっちん、小佐野、キャームの6人だけになります。これが錦組のメンバーです。
コーちゃんは、お母ちゃんに服装やリーゼントの髪型を指摘されます。塾も辞めて怒られます。立派な大人になるために、六年間苦労したんだろうとも言われます。部屋に戻ったコーちゃんは、鉄板を鞄に入れて準備万端です。
翌朝の登校中、山田にも格好に関して指摘され、借りてた参考書を返されます。苛つくコーちゃんは投げ捨てます。
お次に毒ブッチュと配下どもに囲まれて、面かせやと連れて行かれます。コーちゃんは鉄板入り鞄で、毒ブッチュを一撃で倒します。毒ブッシュを倒したことは噂になります。
ある日、コーちゃんの叔父の猛身が現れます。ノリノリな叔父ちゃんはヤクザで、弾の入ってない銃をコーちゃんに渡してきます。お母ちゃんが気づいて、猛身を追っ払います。コーちゃんは見つからないように銃を持っていました。

【承】- ワルボロのあらすじ2

毒ブッチュの軍勢が錦組に復讐しにやってきます。ヤッコは挟まれて、大勢の敵にボコボコにされます。小佐野は溝の橋の下に隠れて難を逃れます。
コーちゃんは、偶然再会したミサキちゃんとデートをしていました。軍勢がやってきて、自分だけ連れて行かれます。ボコボコにされてると、ビーバーたちが外車に乗って現れます。ビーバーに恐れをなしたのか、コーちゃんは救われます。ビーバーにお礼を言っておきます。
仲間たちはやられて、病院に集まっていました。ヤッコは重傷でベッドの上で眠っています。
怒りのおさまらないコーちゃんは、毒ブッチュを神社に呼び出します。毒ブッチュは相変わらず大勢の手下を引き連れてます。
コーちゃんは一人ひとりタイマン張ってやると言い出し、お供のかっちんにアレ出せと言います。ビビりながらかっちんが出したのは銃です。
卑怯なやつは撃つぞと脅し、コーちゃんは毒ブッチュとタイマンを張って倒します。手下たちは銃にビビって逃げてばかりです。
仇討ちが完了して帰ってると、朝鮮中の二人組がコーちゃんとかっちんに絡んできます。無視して去ろうとしますが、我慢できなくてコーちゃんはぶっ倒します。
コーちゃんとかっちんは、ヤッコの御見舞にやってきます。仇討ちをしたと嬉しそうに話すと、ヤッコは戦争になるぞと警告してきます。塾に戻ったほうがいいんじゃないかと言われますが、コーちゃんは勉強なんてコリゴリだと言います。
一人、コーちゃんがビデちゃん家に行きます。ビデちゃんは明かりもつけないで、一人落ち込んでいました。ダメおやじが帰ってこなくて、会社も辞めている様子なのです。大好きだったのに、捨てられちゃったのかと泣き出します。
ある日、コーちゃんは保健室に行った山田を心配します。山田は自分の心配をしたほうがいいんじゃないと言ってきて、コーちゃんは真面目なほうには戻らないと告げます。
3日もお風呂に入れなかったビデちゃんは、学校の水道でシャワーします。パンツ一丁で浴びてると、生徒からジロジロ見られます。
そんなビデちゃんが慌てて何かを知らせてきます。朝鮮中の奴ら50人ぐらいが、校門の前に押し寄せてきたのです。
火種はコーちゃんであり、6人は別ルートから逃げることにします。横断歩道を子供たちが手を上げて渡っていて、それに紛れて逃げ切る作戦を実行します。
一人の子供が、手を挙げなくちゃ駄目なんだよと言ってきて、小佐野がブチ切れてしまいます。案の定、朝鮮中の奴らに見つかって追いかけられます。
逃げ足が早く、機転の効く小佐野は早速トラックの荷台に隠れます。けれどトラックが発進して、どこかに連れ去られてしまいます。

【転】- ワルボロのあらすじ3

残りの面々は、商店街を突っ切って屋根に登っていきます。結局追いつかれて、川の中で応戦します。また、知らない人の家でも激闘を繰り広げます。
キムに自宅の住所が分かった知らせが届きます。そこのマンホールの蓋からコーちゃんがでてきて、キムは一言、己は地底人かと告げます。
ゲームセンターに逃げ込んで安心してると、マルちゃんこと丸岡が登場します。かっちんはガラスに頭を突っ込まされ、なんとか逃げるのに必死です。
フラフラ状態になって、車を拾ってくるとキャームが言います。道に出て車を停めると、朝鮮中の車でした。結局みんな捕まってしまいます。
ヤッコは自分は良いから、皆は救ってほしいと頼みます。ビデちゃんが根性出すと、キムは褒めてあげてタバコを上げます。ライターに火をつけてあげるフリして、ビデちゃんの髪を燃やします。
結局、みなはボコボコにされてしまいます。朝鮮中の奴らが去った後、コーちゃんは自分のちっぽけさを思い知り、受験戦争のほうが大変だと言います。頭打ったんじゃねぇとヤッコに言われて笑います。
コーちゃんの銃の話題は噂になっていました。ビリー・ザ・キッドと呼ばれてるぐらいでした。猛身に銃を返そうとしますが、邪魔になったら返すのは何事だと言われてしまいます。
ある日、コーちゃんたちは服を買いに出かけていました。偶然にもビーバーがいて、一緒に海に行くことになります。
小佐野やコーちゃんは、ビーバーの連れの女性のおっぱいが見えて大変なことになります。ビーバーの仲間から、筋肉があれば自信がつくとアドバイスされます。
それから錦組の面々は、筋トレなど特訓に励みます。武器オタクなビデちゃんは、ヌンチャクを極めようとしますが、自分に当たって痛がります。
ある日のこと、キャームがある情報を手に入れてきます。パーポンという鑑別所帰りの恐ろしい奴が、丸岡をあっさりと手下にしてしまったのです。しかも四中も九中もシメてしまいました。そして毒ブッチュも降伏してしまいます。
ビーバーは楽観的で、自分たちゴレンジャーがいるから大丈夫だと元気です。コーちゃんはビーバーからパーティーに誘ってもらいます。
彼女でも連れておいでと言われて、コーちゃんは山田を誘おうとします。しかし言い出せずに失敗してしまいます。山田が生徒手帳を落としてしまい、中を開けるとキャンディーズとヤッコの写真が挟まっていました。
ビーバーの仲間から電話がきて、コーちゃんはパーティーの中止を聞きます。パーティーを狙って攻めて来られて、ビーバーはやられてしまったのです。
錦組の会議が開かれて、キャームは敵が連合を組んで150人以上いると危機を知らせます。ヤッコは逃げも隠れもしないと迎え討つことだけを考えています。キャームはかっちんが二中の奴らのパシりをしていると話し、どうするんだとうろたえた後、心中する気はないと出ていきます。
むしゃくしゃするコーちゃんは、電柱などに八つ当たりします。二中の奴らにからまれて、ボコボコにされます。お気に入りの学ランはどこかに行ってしまいます。

【結】- ワルボロのあらすじ4

交番に父が迎えに来て、病院に行くぞと言ってきます。お母ちゃんが残業中に倒れたのです。このままでいいのかと父に言われ、コーちゃんは病院の屋上に行きます。
暴れていると、山田がハンカチをくれます。山田は冬休みに入院するからと検査に来ていました。
コーちゃんは自分の中途半端ぶりを山田に話します。山田はそんなコーちゃんを見て、環境に流されてばかりの町の人と一緒で、肝心なところから逃げていて大嫌いだと話します。また、小5で脳の検査で異常が見つかり、いつおかしくなるか分からない自分の状態を話します。これは誰にも言っていないことでした。中途半端な人が大嫌いとコーちゃんに告げて出ていきます。
翌日の学校にマルちゃんと軍勢がやってきて、ヤッコにサシで話しがあると言ってきます。屋上にこいやと言われて、ヤッコはコーちゃんに待ってなと言います。
パーポンに詫び入れろと言われて、ヤッコはノーと答えます。そうかと、マルちゃんは小太刀を取り出して切りかかってきます。
コーちゃんは山田に不良になった理由が分かって話します。それは仲間が欲しかったからだと伝えます。そして誰一人仲間を信じてなかったと、自らの頬を殴って、見てろよと半端じゃないからと屋上へ向かいます。
ヤッコは小太刀を突きつけられながら、屋上から突き落とされそうになっていました。コーちゃんが俺が代わりに飛んでやらあと、屋上から飛びます。
体育倉庫に落ちたコーちゃんは、ラケットが頭から突き抜けて粉いっぱいになります。幸いにも命に別状はありません。勝手な真似をしてくれたとマルちゃんは、パーポンから怒られます。
実はかっちんは、スパイ任務をしていました。喧嘩が弱いため、何か役に立つために活動していました。かっちんのおかげで、卒業式に奴らが襲ってくることが分かります。
コーちゃんは、学ラン屋の店主から学ランを渡されます。どこぞの中坊が拾ってくれたそうです。店主は狼の刺繍を入れてくれてました。
猛身に銃を返しに行ったコーちゃんは、将来は死ぬよりつれえよと言われます。逆にあんたの舎弟になるつもりはねぇと言い返すと、猛身は笑って分かったと言います。
卒業式の朝、朝鮮中のキムがコーちゃんに話しかけてきます。負けんじゃねえぞと言ってきて、コーちゃんは高みの見物かよと返します。その時、学ランを拾ってくれたのがキムだと分かります。
式の前で、コーちゃんは山田と二人きりになります。中途半端なだめな男だけど、はっきりと分かったことがあると話します。町と仲間、そしておまえが大好きだってことがと言います。どこに山田が行っても町から見ていると述べ、助けが欲しければ合図を送ってくれと続きます。
じゃあなとコーちゃんが告げると、山田はボタンくれない?と言います。コーちゃんは俺のでいいのかと言い、ボタンをバッと取って渡します。最後に元気でな、負けんじゃねえぞと言うと、山田は板谷もと言います。去っていきながら、コーちゃんはやっぱかわいいなと言います。
錦組の6人は工場跡地に向かい、大勢の敵を迎え討ちます。小佐野はいつもどおり、早速隠れます。
パーポンが出て来て、度胸だけは認めてやるぜと言ってきます。ドリフみてえに集合しねえとだめなのかと言い返し、パーポンは5対5で遊んでやれと言います。
かっちんは喧嘩が弱くてボコボコにされていきます。他は粘っていますが、パーポンが我慢できなくて加勢し始めます。
悔しくて悩んでた小佐野がやってきて、飛び蹴りをくらわして助太刀します。そしてパーポンとこうちゃんの一騎打ちとなります。
パーポンの強さにやられるコーちゃんでしたが、倒れても立ち上がっていきます。こいよと啖呵を切り、パーポンに決めの一撃で倒します。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、ヤンキー映画や漫画が好きな人にお勧めです。懐かしの学ランや髪型など登場して、当時を思い出すことができます。
喧嘩という格闘技の面白さも十二分に描かれています。逃げる追いかける、ボコボコにしばく、場所を選ばない狂気の沙汰を映像で見ることが出来ます。
登場する家など、昭和を感じることもできて楽しめます。音楽も青春を感じるものが多く、続編のズタボロも見たくなります。
この作品を見て青春っていいなと思いました。好きな子との思い出、友人たちとの楽しい思い出が蘇って、懐かしさと共に元気が出てきました。

映画の感想を投稿する

映画「ワルボロ」の商品はこちら