「ワールドトレードセンター」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ワールド・トレード・センターの紹介:2006年公開。テロで崩壊したビルを舞台に、瓦礫に閉じ込められた警察官の救出を描いている。ニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件「9.11」を題材にしていて、実話に基づいて制作された作品。監督は「プラトーン」のオリバー・ストーン。制作には「パルプ・フィクション」のステイシー・シェア。撮影は「めぐりあう時間たち」のシェイマス・マクガーヴェイ。主演は「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ。

この映画を無料で観る

予告動画

ワールドトレードセンターの主な出演者

ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)、ウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)、ドナ・マクローリン(マリア・ベロ)、アリソン・ヒメノ(マギー・ジレンホール)、スコット・ストラウス(スティーヴン・ドーフ)、アントニオ・ロドリゲス(アルマンド・リスコ)、ドミニク・ペズーロ(ジェイ・ヘルナンデス)、デイブ・カーンズ(マイケル・シャノン)、アリソンの祖母(ジュリー・アダムス)

ワールドトレードセンターのネタバレあらすじ

【起】- ワールドトレードセンターのあらすじ1

2001年、9月11日。警察官の班長、マクローリンはターミナルの巡回の配置を部下に知らせます。部下達は、割り当てられた場所を巡回します。
大きな音が鳴り響き、巡回していた警官は本部に戻るように無線が入ります。小型旅客機が一機、ワールドトレードセンターに突っ込んだのです。
マクローリンは部下を何名か連れて、警部補と共に現場に向かいます。ラジオでは、もう一機がワールドトレードセンターに突っ込んだ事を知らせていました。
現場近くに到着して、マクローリンは様子を見に行きます。戻ってくると、警部補と行き違いになってしまいます。
救出に向かうため、マクローリンは志願する部下を募ります。ヒメノ、アントニオ、ペズーロが志願します。
4人は、救出するためにも緊急備品を取りに行きます。酸素ボンベを手に入れますが、まだ足りません。途中でクリスと合流します。
地下になら残っているかもと言われて、取りに向かいます。辺りでは、避難する人や治療している人がたくさんいました。 この映画を無料で観る

【承】- ワールドトレードセンターのあらすじ2

地下から酸素ボンベを手に入れて、運んでいると地鳴りが聞こえてきます。頑丈なエレベーターシャフトが崩れてきたのです。
マクローリンの叫び声で逃げますが、皆は瓦礫の生き埋めとなります。アントニオとクリスは死亡し、マクローリンとヒメノは動けません。
ペズーロが唯一動けて、ヒメノを助けるようにマクローリンは指示します。しかし、瓦礫はビクともしません。
更に瓦礫が崩れて来て、ペズーロは死にかけます。耐えれなくなり、自ら銃を撃って自害します。
マクローリンの妻のドナと、ヒメノの妻のアリソンは心配で仕方ありません。テレビで繰り返し流される映像を見ながら、夫の無事の連絡を待っています。
マクローリンは、内出血していました。眠ったら最後のため、ヒメノと喋り続けます。
元海兵隊のカーンズは、この状況に居ても立っても居られなくなります。軍服に着替えて救助に向かいます。
マクローリンは4人の子供の話しをヒメノにします。ヒメノは、娘の話しや生まれてくる子の話しをします。

【転】- ワールドトレードセンターのあらすじ3

マクローリンとヒメノは、仲間が死んだ理由をお互いに自分で責めます。ヒメノは、マクローリンを励まします。
救助部隊は、辺りが暗くなることから捜索の中止を呼びかけます。駆け付けたカーンズは、見つからないように一人で捜索に向かいます。
マクローリンは、作りかけの台所の事を考えます。ヒメノは、アリソンとの幸せの日々を思い出します。
お互いに妻に伝えたい事を言い合います。周りでは、火が回り始めたり、瓦礫が更に崩れてきます。
ヒメノは何とか火からは逃れれますが、マクローリンは両膝を潰されます。
更に瓦礫が崩れて来て、二人は死ぬことを受け入れます。しかし、何とか死なずに済みます。
カーンズは、こっそりと捜索してる男性と出会います。二人で、生存者がいないか探します。
ヒメノは、手の届く距離にある金属パイプを引っ張ります。それで音が出るため、マクローリンが音を鳴らすように頼みます。
カーンズは、音に気付いて二人を見つけます。携帯で連絡をしますが、電波状況が悪くて故郷の妹に電話します。
そして、妹から市へと連絡が入って救助隊員が駆け付けます。隊員のスコット達が、機材を要請して救出に向かいます。

【結】- ワールドトレードセンターのあらすじ4

ドナ達に連絡が入って、マクローリンが運ばれてくるはずの病院に向かいます。アリソン達も病院に向かって待ちます。
ヒメノが救出されて、病院に運ばれます。更に下に閉じ込められているマクローリンの救助が始まります。
アリソンはヒメノの無事を喜んで、子供の名前を決めます。マクローリンは意識を失いかけますが、救出されて病院に運ばれます。
ドナのおかげで助かった事を彼女に伝えると、ドナはマクローリンにキスをします。それから2年が経って、二人の感謝の集いが開かれます。
この事件で2749名の方々が亡くなり、国籍では87に及びます。343名は消防士で、港湾職員は84名、うち37名が警察官でした。
ニューヨーク市警の警察官は23名で、救出された人々は20名でした。マクローリンとヒメノは、18、19番目でした。
ヒメノは13日間で8回の手術をし、マクローリンは6週間、麻酔をかけられて27回手術をしました。今は二人は現役を退いて家族と暮らしています。
犠牲となった港湾職員の方々の名前が流れます。あの日、犠牲となった人々に映画を捧げるとテロップが出てエンディングです。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

この映画では、瓦礫が崩れてくる恐怖を描いています。それは死を間近に感じてしまうほどの恐ろしさです。
特に感じる場面では、エレベーターシャフトが崩れてくるシーン、燃えている瓦礫と熱による銃の暴発が迫ってくるシーン、そしてマクローリンとヒメノが死を覚悟した地鳴りのシーンです。
劇中では実際のテレビの映像などが流れていて、どれだけ恐ろしい事が起こったのかが伝わってきます。
そのため、マクローリンとヒメノが救出された場面では、感動のあまり涙が溢れてしまいます。また、ヒメノがマクローリンを一刻も早く助けるため、自分の足を切っても良いという場面には、熱い友情と命の大切さを感じずにはいられません。
そして、今作では無事を祈る家族との感動の絆も描いています。妻役のマリア・ベロとマギー・ジレンホールの演技が素晴らしく、夫との絡み合いでは本当の夫婦としか思えません。救助された時の二人の演技は、実際に目の前で起きている事と感じることができます。
最後まで見終わって、この事件の恐ろしさを多くの人に伝えることのできる作品だと思いました。ぜひ見て欲しい映画になります。

映画の感想を投稿する

映画「ワールドトレードセンター」の商品はこちら