「一枚のハガキ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

一枚のハガキの紹介:2011年公開の日本映画。新藤兼人・監督の遺作となった。新藤監督自身の実体験に基づき、戦争で家族を失った男女の姿を映し出す。

この映画を無料で観る

予告動画

一枚のハガキの主な出演者

松山啓太(豊川悦司)、森川友子(大竹しのぶ)、森川定造(六平直政)、泉屋吉五郎(大杉漣)、森川勇吉(柄本明)、森川チヨ(倍賞美津子)、利ヱ門(津川雅彦)、森川三平(大地泰仁)、松山美江(川上麻衣子)、利ヱ門の妻(絵沢萠子)、和尚(麿赤兒)、下士官(渡辺大)

一枚のハガキのネタバレあらすじ

【起】- 一枚のハガキのあらすじ1

昭和19年夏、天理教本部…。そこに召集された100名の兵隊は皆、中年ばかりの「おっさん部隊」でした。
彼らは天理教本部の掃除を行ったのち、若い上官がくじを引いて決めた戦地に、それぞれ赴任することになっていました。
60名はフィリピンのマニラで陸戦隊となり、30名は潜水艦に乗り、10名は宝塚歌劇団の劇場に入る予科練のために、劇場掃除をします。
上官によるくじ引きで、松山啓太は宝塚に決まり、同室の仲間の森川定造はフィリピンへの赴任が決まりました。
くじ引きの夜、啓太は定造に、妻・友子のハガキ「今日はお祭りですが、あなたがいらっしゃらないので、何の風情もありません。友子」を手渡されます。 この映画を無料で観る

【承】- 一枚のハガキのあらすじ2

定造は死を覚悟していました。啓太に、もし生き残ったらハガキを持って定造の家を訪問し、ハガキは確かに読んだと伝えてくれと言いました。当時はもう検閲が厳しく、返事は書けないのです。
定造の訃報が届きました。妻・友子は未亡人となりましたが、定造の両親から一緒に暮らしてくれと乞われます。ほかにもう身寄りもなかった友子は、それを受けました。
定造の両親はさらに願いを告げます。村の習わしで、長男が死んだ場合には次男が跡継ぎにと決まっており、次男・三平と結婚してくれと。
友子はその願いを受けながらも、「あんた、私を置いて、なんで死んだ~」と号泣しました。
友子と三平は夫婦になります。

【転】- 一枚のハガキのあらすじ3

しかし三平はすぐ戦争に召集され、「きっと戻ってくるけぇ」と言いながら、三平も戦死します。
三平の戦死の知らせを受けて、舅・勇吉が畑仕事の最中に倒れて亡くなりました。姑・チヨは「おとうさん(の)ところへいきます。ともこさん、このうんのわるいいえをすてて、にげてつかあさい」と書き残し、首吊り自殺します。
たった一人残された友子は、定造の家で暮らし続けました…。
…広島に原爆が落とされ、戦争は終わります。100名いた中年兵士のうち、生き残ったのはわずか6名でした。啓太はその1名です。
故郷に戻った啓太を待つ者はいませんでした。啓太が戦死した噂が一時流れ、妻・美江と啓太の父は肉体関係になったのです。

【結】- 一枚のハガキのあらすじ4

啓太が帰ってくると知った2人は大阪に逃げました。
ブラジルへの移住を考えつつ無為に過ごす啓太は、ある日定造から託されたハガキを見つけ、友子を訪問します。友子は妻や妾のいる泉屋吉五郎に言い寄られながらも、気丈に一人で生きていました。
「あんたはなんで生きてるんじゃ」と責める友子に、啓太はくじ運がよかっただけと答えます。生き残った罪悪感を持つ啓太の心情を理解した友子は、謝罪しました。
定造との思い出話に花を咲かせ、友子は啓太を引き止めます。啓太は居つき、友子と心を通わせました。
啓太は泉屋吉五郎を喧嘩で退け、定造と三平の空の桐箱と家を燃やし、友子と畑を耕して麦をまき、一から暮らす決意をしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「一枚のハガキ」の商品はこちら